アニメ「チェンソーマン」とカラオケDAMのキャンペーン告知画像。

藤本タツキ原作によるTVアニメ「チェンソーマン」と、第一興商のカラオケブランド・カラオケDAM、カラオケルーム・ビッグエコーとのコラボキャンペーンが、10月13日にスタートする。

キャンペーンは「チェンソーマン」の放送開始を記念して行われるもの。カラオケDAMでは、オープニングテーマの米津玄師「KICK BACK」のTVサイズ版が、10月13日よりカラオケ配信される。エンディングテーマ全12曲のTVサイズ版も順次解禁され、アニメ映像も順次配信予定だ。さらにカラオケDAMの設置店舗では、10月13日から2023年1月31日まで歌唱企画「唄イ斬レ!キャンペーン」を開催。課題曲を予約することで応募でき、デンジ役・戸谷菊之介のサイン入りポスターが抽選で10人に当たるほか、スマートフォンの待受画像が参加者全員に配布される。

またビッグエコーの渋谷センター街本店、名駅笹島交差点前店、梅田茶屋町本店、天神西通り店では、10月13日から2023年1月31日まで、アニメ「チェンソーマン」とのコラボルームを1部屋ずつ用意。4店舗を含む全15店舗では、キャラクターをイメージしたコラボドリンク、MAPPA監修の描き下ろしイラストを使用した限定コラボグッズも販売される。コラボドリンクには「デンジの永久機関ソーダ」、「アキのダークブルーソーダ」、「コベニの『こんなおいしいドリンクはじめて飲みました‥!』」など全7種をラインナップ。1杯注文するごとに、コースター全14種の中からランダムで1枚が配られる。

さらにカラオケビッグエコーの公式Twitterアカウント(@bigecho_jp)では、コースターのコンプリートセットが当たるフォロー&投稿キャンペーン第1弾を10月13日から2023年1月31日まで実施。ビッグエコーの公式Twitterアカウントをフォローし、ハッシュタグ「#ビッグエコーで唄イ斬レ」を付けて、コラボルームやコラボドリンクを撮影した写真を投稿しよう。なお11月18日からはポスターが10人当たる第2弾キャンペーンを開催予定だ。

(c)藤本タツキ/集英社・MAPPA