元プロ野球選手の松坂大輔氏が19日、YouTubeチャンネル『上原浩治の雑談魂』に出演。現役時代に“何しても打たれるな”と思った選手を明かした。

松坂大輔氏

同チャンネルでは今回、「松坂大輔が敵わなかった選手」というテーマでトーク。松坂氏がそのなかの一人として名前を挙げたのが、現在千葉ロッテマリーンズの監督を務める井口資仁氏だった。

井口氏との対戦について「抑え方が難しいと言うか、分からないと言うんですかね」と回顧する松坂氏。そして「たまたま張ってる球種が合ったりってこともあるんですけど……」と前置きしながら、「(自分は)そもそも“別に球種が分かっててもいい”って思ってるタイプだった」「“分かられてても打たれない”って思ってた」「“サイン盗みもどうぞやってください”っていうタイプだった」「そのなかで“何しても打たれるなこの人……”っていうのは谷(佳和)さんと井口さんでしたね」と振り返った。

この話を聞き、上原氏が「ホームランバッターというよりも……」と考え込むと、松坂氏は「そうですね」「2番バッターとか、6番、7番とか、そういう打順を打つバッターのほうが苦手でしたね」「ホームランバッターのほうが逆に投げやすいです」とうなずいていた。