長月(ながつき)と呼ばれる9月。暦の上では9月7日に「白露」を迎え、23日には「秋分」となり、ようやく秋の深まりを感じられる頃です。

夏から秋へ季節が移り、上旬と下旬では風景や気温も変わってくる9月には、秋のはじまりをイメージさせる「コスモス」や「鈴虫」などの言葉を使って、手紙にも季節感を取り入れていきましょう。

本記事では、9月の季節(時候)の挨拶や手紙の書き方などについて、例文を交えながらくわしく解説します。コロナ禍における手紙の文例もあるので、参考にしてください。

  • まず、どんな雰囲気で伝えたいか考えよう

    ビジネスシーンで使える季節の挨拶を知りましょう

時候(季節)の挨拶文の書き方

「季節の挨拶」は「時候の挨拶」と形容されることもあります。四季折々の季節感を重んじる日本において、手紙やはがき、書面などの冒頭に用いる挨拶文のことを「季節の挨拶」「時候の挨拶」と呼びます。

ビジネスシーンの時候(季節)の挨拶文の書き方

ビジネスシーンでのメールや目上の人への手紙では、一般的に「●●の候」などの漢語調の挨拶が使われます。少し硬い表現にあたりますが丁寧な印象となるため、気を遣わなければならない相手やかしこまった内容の手紙やメールで使うようにしましょう。

季節の挨拶は、通常「頭語」の後に書きます。「頭語」とは「拝啓」など文章の書き出しのことで、頭語を使う場合、必ず文末には「敬具」などの「結語」で文章を結びます。

以下が書き出す際の順番です。

1 .頭語(拝啓など)
2 .時候・季節の挨拶
3 .主文
4 .結びの言葉
5 .結語(敬具など)

「拝啓」「敬具」と書くと文書が堅苦しく感じられることもあるので、親しい間柄の人へ向けたメールや手紙では、頭語・結語を省略して季節の挨拶から書き出すケースもあります。

カジュアルシーンの時候(季節)の挨拶文の書き方

古くからの友人やかつての恩師らへの手紙では、口語調が使われるのが一般的です。口語調の表現はとてもわかりやすく、親しみを感じさせてくれるので、家族や親しい友人などへの手紙に適しています。

以下が書き出す際の順番です。

1 .時候(季節)の挨拶
2 .主文
3 .結びの言葉

9月の季語

季節・時候の挨拶を送る際、本文にその月を表す季語を入れましょう。9月の「中秋の名月」や「葡萄」「初紅葉」「世阿弥忌」なども季語に含まれます。こういった季語を使うと、9月の雰囲気が感じられますね。

植物 秋薔薇・秋桜・曼珠沙華
生き物 秋刀魚・秋鮭・鈴虫
風物詩 風の盆・秋場所・台風・月見
  • 「9月」の表現方法

    9月を連想させる言葉はたくさんあります

9月の時候(季節)の挨拶と例文(ビジネス)

ここからは、実際にビジネスメールなどで使える例文を交えながら、9月にふさわしい季節の挨拶をご紹介します。

漢語調の季節の挨拶は上旬・中旬・下旬など、月のいつの時期かによっても使う言葉が異なります。9月のそれぞれの時期別に季節の挨拶をまとめました。

9月全般(上旬・中旬・下旬)に使える挨拶と例文

野分の候(のわきのこう)

9月の上旬から下旬まで、ほぼ全般にわたって使えるのが「野分の候(のわきのこう)」です。野分というのは台風のことで、立秋から数えて210日(9月1日頃)から220日(9月10日頃)が野分の季節と言われていました。しかし現在では、9月末になっても台風がくることから、9月全般で使われるようになっています。

【例文】
拝啓 野分の候、貴社益々ご健勝のこととお慶び申し上げます

9月上旬(1日~10日)に使える挨拶と例文

新秋の候(しんしゅうのこう)

「新秋(しんしゅう)」は秋のはじまりという意味の言葉です。また、旧暦7月を指す言葉でもあります。旧暦7月は今でいう8月13日~9月10日のことですが、現代ではまだ夏まっさかりと感じる方も多いです。今の環境に合わせ、秋の訪れを感じ始める9月の上旬頃に使うのがいいでしょう。

【例文】
拝啓 新秋の候、貴社におかれましては益々ご清栄のことと心よりお喜び申し上げます

初秋の候(しょしゅうのこう)

「初秋(しょしゅう)」もまた秋のはじまりを指す言葉です。こちらも新秋と同じ旧暦7月を指しています。

【例文】
拝啓 初秋の候、貴社におかれましては、益々ご発展の段、大慶に存じ上げます

9月中旬(11日~20日)に使える挨拶と例文

白露の候(はくろのこう)

「白露(はくろ)」とは大気が冷え、草木に露が見えるようになる様子を表した言葉です。二十四節気のひとつで、今の暦だと9月7日頃を指します。夏の暑さがおさまり、ようやく秋めいてきた頃に使いたい挨拶です。白露を指す9月7日頃から秋分までの間に使うのがいいでしょう。

【例文】
拝啓 白露の候、貴社益々ご隆昌のこととお慶び申し上げます

仲秋の候(ちゅうしゅうのこう)

「仲秋(ちゅうしゅう)」は旧暦の秋を7月・8月・9月の3つに分けたうちの中頃、つまり8月を表しています。白露(9月7日頃)から寒露の前日(10月7日頃)まで使うことができます。

【例文】
拝啓 仲秋の候、貴社におかれましては益々ご清栄のことと心よりお喜び申し上げます

9月下旬(21日~月末)に使える挨拶と例文

秋晴の候(しゅうせいのこう)

「秋晴(しゅうせい・あきばれ)」とは秋の澄み渡った青空を表現した言葉です。秋の季語でもあります。秋のはじまりから終わりにかけて使うことができる言葉ですが、雨が続いている場合などは「秋雨」など他の適切な言葉を選びましょう。

【例文】
拝啓 秋晴の候、平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます

秋分の候(しゅうぶんのこう)

「秋分」とは二十四節気のひとつで9月23日頃になります。昼と夜の長さがほぼ等しくなり、この日以降は夜が長くなっていきます。秋分から寒露の前日(10月7日頃)まで使うことができます。

【例文】
秋分の候、貴社におかれましては、益々健勝にお過ごしのことと存じます

9月にふさわしい結びの言葉(ビジネス)

漢語調の場合、結びの文に季節的な要素を入れなくても問題はありませんが、9月にあった結び文を入れることで、より季節感のある文書となります。

9月にふさわしい結びの例をご紹介しましょう。

季節に関する結び

・豊穣の秋となりました。貴社のさらなるご発展をお祈り申し上げます
・実り多い秋となりますよう、お祈り申し上げます

健康に関する結び

・秋風の季節、お風邪など召されませぬようご自愛ください
・季節の変わり目、皆様のご健康をお祈りしております
  • ビジネスでも使える! 9月の季節の挨拶

    自分なりの発想で9月を表現することも大切です

9月の時候(季節)の挨拶と例文(カジュアル)

それでは次に、カジュアルなシーンに用いる口語調の季節の挨拶について、時期ごとに見ていきましょう。

9月全般の挨拶と例文

・澄んだ秋風に洗われる、過ごしやすい季節となりました
・拝啓 夏休みも終わり、静かな時をお過ごしのことと思います

9月は夏から秋に変わる季節です。移り変わる季節にあわせた挨拶をすることで、相手に気持ちが伝わるメールになるでしょう。秋の楽しみや涼やかな雰囲気を共有できる挨拶にするのがおすすめです。

9月上旬(1~10日)の挨拶と例文

・まだまだ残暑が厳しいこの頃ですが、いかがお過ごしでしょうか
・初秋とはいえ暑い日が続きます。皆様におかれましてはお元気でお過ごしのことと存じます
・朝夕の秋風が心地よく、過ごしやすい時節となりました

9月中旬(11~20日)の挨拶と例文

・秋晴れの空に流れる雲が、秋の訪れを感じさせる季節となりました
・澄んだ夜空に浮かぶ月が美しい季節ですね

9月下旬(21~30日)の挨拶と例文

・暑さ寒さも彼岸までと申しますが、皆様にはお健やかにお過ごしのことと存じます
・秋分を過ぎ、秋の涼しさが感じられる季節となりました
  • 9月の季節の挨拶と例文

    ビジネスとプライベートで季節の挨拶をうまく使いわけましょう

9月にふさわしい結びの言葉(カジュアル)

口語調の文書にあう、9月にふさわしい結びの言葉をご紹介します。

季節に関する結び

・過ごしやすい季節となりました。皆様お元気でお過ごしください
・日一日と秋めいてまいります。移りゆく季節をお楽しみください

健康に関する結び

・時節柄、お風邪など召されませぬようご自愛ください
・朝夕の冷え込みが増してくるこの季節、お体にお気をつけくださいませ

9月に送る、コロナ禍における手紙・メールの文例

2022年8月時点において、まだまだ予断を許さない状況の新型コロナウイルス感染症。コロナ禍についてわざわざ触れる必要はありませんが、文頭や結びの言葉で軽く触れるのもよいでしょう。相手を気遣う気持ちを盛り込みましょう。

拝啓 新秋の候、貴社におかれましてはコロナ禍にあっても益々ご活躍のことと、お慶び申し上げます。

(主文)

何かと不便の多い日が続きますが、皆さまのご健康と、益々のご繁栄を心よりお祈り申し上げます。

季節の挨拶を添えて9月らしい手紙を送りましょう

9月に送るおたよりには健康を気遣う言葉を入れたり、9月らしい季節の移り変わりを感じさせる言葉を入れたりしたいもの。

重陽の節句やお月見、秋の味覚など、9月をイメージさせる美しい言葉はたくさんあるので、文章に上手く取り入れましょう。季節感のある手紙で、相手を思いやる気持ちが伝えられたらいいですね。