すっかり夏が終わり、秋空が美しい10月。「神無月(かんなづき)」と呼ばれるこの季節、暦の上では10月8日頃に「寒露(かんろ)」を迎え、10月23日頃に「霜降(そうこう)」を迎えます。野の草にも露や霜が降って朝晩の冷え込みが感じられる季節です。この季節には「紅葉」や「金木犀」などの言葉を使って、季節感のある文章を紡ぐようにしたいところです。

本記事では、10月の季節の挨拶・時候の挨拶や手紙の書き方などについて、例文を交えながらくわしく解説します。コロナ禍における手紙の文例もあるので、参考にしてください。

  • 季節の挨拶を用いて雰囲気を伝えよう,A@季節 挨拶 10月 雰囲気

    季節の挨拶を用いて雰囲気を伝えよう

【10月】時候の挨拶文の書き出しとは

季節の挨拶は、通常「頭語」の後に書きます。「頭語」とは、「拝啓」など手紙における文章の書き出しのことで、頭語を使う場合必ず文末には「敬具」などの「結語」で文章を結びます。

ただし「拝啓」「敬具」と書くことで、文書が堅苦しく感じられることもあるので、親しい間柄の人へ向けたメールや手紙では、頭語・結語を省略して季節の挨拶から書き出すケースもあります。

10月の季語

季節・時候の挨拶を送る際、本文にその月をあらわす季語を入れましょう。10月に行われる行事や季節の風物詩、季節の動植物、「時代祭」や「紅葉狩」「柚子」「雁」などが季語に含まれます。季語を使うと、10月の雰囲気が感じられますね。

植物 栗・銀杏・紅葉・金木犀
生き物 頬白(ほおじろ)・鶺鴒(せきれい)・猪
風物詩 新米・菊人形・芋煮会・蘆火
  • 漢語調を使った10月の挨拶とは?,A@季節 挨拶 10月 漢語

    10月を連想させる言葉はたくさんあります

10月の季節の挨拶と例文(フォーマルなシーンの場合)

ここからは、実際にビジネスメールなどで使える例文を交えながら、10月にふさわしい季節の挨拶をご紹介します。

漢語調の季節の挨拶は、上旬・中旬・下旬など、月のいつの時期かによっても使う言葉が異なります。10月のそれぞれの時期別に、季節の挨拶をご紹介しましょう。先に紹介したビジネスレターの例文と季節の挨拶を組み合わせれば、あとは本文を追加するだけでビジネスメール・レターの完成です。

10月全般、上旬・中旬・下旬(1日~月末)

紅葉の候(こうようのこう)を用いた例文

10月の上旬から10月下旬まで、ほぼ全般わたって使えるのが「紅葉の候」です。その名の通り、秋になり葉が色づき始める季節を指した言葉です。どのような年代の人にも伝わりやすく、秋の様子がイメージしやすい挨拶と言えるでしょう。

【例文】
拝啓 紅葉の候 貴社益々ご隆昌のこととお慶び申し上げます

10月上旬(1日~10日)

仲秋の候(ちゅうしゅうのこう)を用いた例文

10月上旬に使用する時候の挨拶としては、「仲秋の候(ちゅうしゅうのこう)」が使えます。「仲秋」は旧暦の秋を7月・8月・9月の3つに分けたうちの中頃、つまり8月をあらわしています。白露(9月7日頃)から寒露の前日(10月7日頃)まで使うことができます。

【例文】
拝啓 仲秋の候、貴社におかれましては益々ご清栄のことと心よりお喜び申し上げます

清秋の候(せいしゅうのこう)を用いた例文

「清秋(せいしゅう)」とは「空が青く澄みわたった秋」という意味の言葉です。秋晴れの爽やかな青空をあらわすことができます。すっきりと天気がいい日が続く10月頃に使用するのがおすすめです。

【例文】
拝啓 清秋の候、貴社にはいよいよご隆盛の趣、慶賀の至りに存じます

10月中旬(11日~20日)

秋冷の候(しゅうれいのこう)を用いた例文

「秋冷(しゅうれい)」とは「秋になって感じる冷気」という意味の言葉です。これを時候の挨拶にすることで、秋になって涼しくなってきた様子をあらわすことができます。

【例文】
拝啓 秋冷の候、貴社におかれましては、益々ご発展の段、大慶に存じ上げます

錦秋の候(きんしゅうのこう)を用いた例文

「錦秋(きんしゅう)」とは「紅葉が錦のように色鮮やかな秋」という意味の言葉です。色鮮やかな秋の葉をあらわした挨拶となります。

【例文】
拝啓 錦秋の候、貴社におかれましては益々ご清栄のことと心よりお喜び申し上げます

10月下旬(21日~月末)

霜降の候(そうこうのこう)を用いた例文

10月下旬(10月23日頃~11月6日頃)の時候の挨拶は、二十四節気のうち「霜降の候(そうこうのこう)」を用います。気温が下がり、草木に霜が降り始める季節を意味する言葉です。

【例文】
拝啓 霜降の候、平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます

初霜の候(はつしものこう)を用いた例文

「初霜の候(はつしものこう)」とは文字通り、初めて霜が降りる頃に使える挨拶です。「霜降の候」と同様に10月下旬(10月23日頃~11月6日頃)に使うのにふさわしい挨拶と言えるでしょう。

【例文】
初霜の候、貴社におかれましては、益々健勝にお過ごしのことと存じます

10月にふさわしい結び

漢語調の場合、結びの文に季節的な要素を入れなくても問題はありませんが、10月にあった結び文を入れることで、より季節感のある文書となります。

10月にふさわしい結びの例をご紹介しましょう。

季節に関する結び

・爽やかな秋空が美しい季節となりました。貴社のさらなるご繁栄をお祈り申し上げます
・実りの秋、ますますのご活躍をお祈りいたします

健康に関する結び

・秋の深まりとともに寒さが募る季節ですが、くれぐれもおからだにはご留意なさってください
・寒露の折、皆様のご健康をお祈りしております
  • 10月に使える口語調の季節の挨拶とは?,A@季節 挨拶 10月 口語

    自分なりの発想で10月を表現することも大切です

10月の季節・時候の挨拶と例文(カジュアルなシーンの場合)

それでは次に、口語調での挨拶を紹介します。

10月全般

・拝啓 天高く馬肥ゆる秋となりました
・スポーツの秋、食欲の秋となりましたが〇〇様はどのようにお過ごしでしょうか

現代において、10月はまさに秋の真っただ中と言える季節。秋そのものに着目した挨拶が使いやすいでしょう。芸術、スポーツ、食欲など、送る相手にあわせた秋の楽しみを感じさせる挨拶や、秋の爽やかさを感じさせる挨拶がおすすめです。

10月上旬~中旬

・涼やかな秋の風が吹く季節となりましたが、いかがお過ごしでしょうか
・稲穂が黄金色に輝く季節です。皆様におかれましてはお元気でお過ごしのことと存じます
・爽やかな秋晴れの日々が続く、過ごしやすい時節となりました

10月中旬~下旬

・金木犀の香りが感じられるようになりました。お健やかにお過ごしでしょうか
・朝晩の冷え込みが感じられる時期ですが、お元気でいらっしゃいますか
・紅葉や菊の花が美しい季節となりました

10月下旬~立冬(11月7日頃)まで

・暦の上では霜降となり、肌寒さを感じる季節となりました
・紅葉の山々、黄色みを帯びる街路樹など、目にも秋を感じられるようになりました
  • 季節の挨拶でメールを楽しもう,A@季節 挨拶 10月 楽しむ

    ビジネスとプライベートで季節の挨拶をうまく使いわけましょう

10月にふさわしい結びの言葉

口語調の文書にあう、10月にふさわしい結びの言葉をご紹介しましょう。

季節に関する結び

・実りの秋、この好季節をご満喫されますようお祈りいたします
・すがすがしい秋晴れのように爽やかな◯◯様、さらなるご活躍を楽しみにしております

健康に関する結び

・灯火親しむ秋の夜長、夜更かしをしてお風邪など召されませぬようご自愛ください
・寒露の折から、くれぐれもおからだにはご留意くださいませ

10月に送る、コロナ禍における手紙・メールの文例

緊急事態宣言は明けましたが、新型コロナウイルスの脅威はまだ身近に感じられる日々。手紙でコロナ禍についてわざわざ触れる必要はありませんが、文頭や結びの言葉の中で軽くコロナ禍の相手を気遣う気持ちを盛り込むのもよいでしょう。

拝啓 紅葉の候、益々ご隆昌のこととお慶び申し上げます。未だ新型コロナウイルスの影響が残る状況ではございますが、○○様はお変わりなくお過ごしでしょうか。

(本文)

緊急事態宣言も明けた今、早く平穏な日々が訪れるよう、心から願っております。

季節の挨拶を添えて10月らしい手紙を送りましょう

秋の深まりとともに寒さが増す10月という季節。この時期には、10月らしい表現を盛り込むだけではなく、健康を気遣う言葉を入れるといいいでしょう。

収穫の秋、食欲の秋、そしてスポーツの秋や芸術の秋といった、10月ならではの楽しみや喜びを文章に上手く取り入れつつ、相手を気遣う気持ちのこもった手紙を送りましょう。