すっかり夏が終わり、秋空が伺える10月。10月の挨拶には秋らしい紅葉など植物の変化を織り交ぜていきます。今回は、ビジネスシーンにおける10月の挨拶を、雰囲気と時期ごとに分けて解説していきます。

季節の挨拶でどのような雰囲気を伝えたいか考えよう

メールをどのような雰囲気にするのかを定めましょう。特に時候の挨拶はメールのはじめに来るものなので、その後の印象を決める大切なひとこととしての役割を持っています。一般的に時候の挨拶は「~の侯」という漢語調と、「~の季節になりました」というような口語調があります。

  • 季節の挨拶を用いて雰囲気を伝えよう,A@季節 挨拶 10月 雰囲気

    季節の挨拶を用いて雰囲気を伝えよう

「の候」を使う漢語調で書く

時候の挨拶に「の侯」という漢語調を使うと、メール全体がかたく、引き締まった雰囲気となります。お礼状などで丁寧な印象を残したい方や、目上の人物に敬意を払いたい方におすすめの挨拶です。

漢語調の挨拶は昔から決まったものを使われていることがほとんどです。相手に失礼のないよう、事前に調べたうえで適切な言葉を選ぶように意識しましょう。

話し言葉に近い口語調で書く

漢語調とは反対に口語調の時候の挨拶は、カジュアルで柔らかな雰囲気となります。決まった型式のようなものはないので、自分の言葉で相手の所在地や環境を思いやった文章にするといいでしょう。

漢語調を使った季節の挨拶とは?

漢語調を使った季節の挨拶は、昔から使用されているものが多くあります。どのような意味のものなのか、いつ使うべきなのかを調べて使用しましょう。また、旧暦と現代の暦は異なっているので注意が必要です。

  • 漢語調を使った10月の挨拶とは?,A@季節 挨拶 10月 漢語

    漢語調を使った10月の挨拶とは?

決まった時期が定められていると難しいと感じたり、ハードルが高いと感じたりするかもしれませんが、古くから伝わる日本の季節の移り変わりを知ることができます。適切なものを使用することで、手紙全体の雰囲気がしまり、相手への敬意が伝わるでしょう。

「仲秋の候」

「仲秋(ちゅうしゅう)」とは秋を旧暦の7月(初秋)・8月(仲秋)・9月(晩秋)の3つに分けたときの8月をさす言葉です。現行暦では9月8日ごろ(白露)~10月7日ごろ(寒露の前日)までをあらわしているので、そのころに使うといいでしょう。

また同じ読みで「中秋」という言葉もありますが、こちらは「中秋の名月」、つまり8月15日をあらわしていることが多いので、注意が必要です。

「秋冷の候」

「秋冷(しゅうれい)」とは「秋になって感じる冷気」という意味の言葉です。これを時候の挨拶にすることで、秋になって涼しくなってきた様子をあらわすことができます。実際に使えるのは9から10月ごろとなります。

「紅葉の候」

紅葉(こうよう)の候とはその名の通り、秋になり葉が色づき始める季節を指した言葉です。どのような年代の人にも伝わりやすく、秋の様子がイメージしやすい挨拶ですね。こちらの挨拶は紅葉が色づく10月中旬~11月上旬に使用するのがよいでしょう。

「錦秋の候」

「錦秋(きんしゅう)」とは「紅葉が錦のように色鮮やかな秋」という意味の言葉です。色鮮やかな秋の葉をあらわした挨拶なので、「紅葉の候」と同じように使えます。紅葉の情報などをみながら、送る相手の環境をイメージして使うといいでしょう。

「清秋の候」

「清秋(せいしゅう)」とは「空が青く澄みわたった秋」という意味の言葉です。秋晴れの爽やかな青空をあらわすことができます。すっきりと天気がいい日が続く10月ごろに使用するのがおすすめです。

漢語調の例文を見てみよう

では、実際にどのように漢語調の季節の挨拶を使用するのでしょうか。具体的にイメージをするために取引先への手紙という設定の例文をみてみましょう。

拝啓 秋冷の候、貴社ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。平素はご支援を賜り厚く御礼申し上げます。

さて、(本題)

つきましては、(本題)

今後におきましても変わらぬご高配を賜りたく、心からお願い申し上げます。

まずは書中にてお知らせいたします。

敬具

このように、漢語調の季節の挨拶は手紙全体がかしこまった印象のものとなります。相手に失礼のないよう、マナーを調べたうえで作成するようにしましょう。

口語調を使った季節の挨拶とは?

口語調の季節の挨拶は話し言葉で季節をあらわしたものが多くあります。ルールが明確ではないので難しく感じられますが、相手への思いやりを自分の言葉で伝えることができるので、あたたかみを持った手紙となるでしょう。

  • 10月に使える口語調の季節の挨拶とは?,A@季節 挨拶 10月 口語

    10月に使える口語調の季節の挨拶とは?

10月上旬の挨拶

10月上旬は9月の残暑も過ぎて、ようやく日中も過ごしやすくなるころです。秋のはじまりを感じさせるような挨拶がいいでしょう。 「涼やかな秋の風が吹く季節となりましたが、いかがお過ごしでしょうか」など、そのときの気候にあわせて書くのがおすすめです。

10月中旬から下旬の挨拶

10月の中旬~下旬は秋が深まり、虫の声や紅葉など秋ならではの情景を楽しむことができるようになります。 「金木犀の香りが漂うころとなりました」や「美しい紅葉を楽しめる季節となりました」など、深まる秋の楽しみを表現した挨拶がいいでしょう。

10月全般の挨拶

10月全般で使える挨拶にしたい場合は「スポーツの秋、食欲の秋となりましたが〇〇様はどのようにおすごしでしょうか」「爽やかな秋晴れの空が美しい季節となりました」など秋そのものに着目したものがいいでしょう。

決まった文言を機械的に使うのではなく、秋雨が続いている場合はその情景を取り入れるなど、相手の環境にあわせた表現をすると思いやりが伝わります。

口語調の例文を見てみよう

では、口語調の挨拶は実際にどのように使用するのでしょうか。例文をみてみましょう。

拝啓 天高く馬肥ゆる秋となりました。〇〇様にはお元気でご活躍のこととお喜び申し上げます。

さて、(本文)

つきましては、(本文)

日に日に肌寒くなってまいりました。ご自愛のほどお祈り申し上げます。

取り急ぎ書中にてお知らせいたします。

敬具

このように口語調の季節の挨拶では手紙があたたかな雰囲気となります。手紙を送る相手にあわせて適切な挨拶を選びましょう。文頭だけではなく結びでも相手の体調などを思いやった表現をすると気持ちが伝わります。

季節の挨拶を添えてメールを楽しみましょう

季節の挨拶を使った正式な手紙を書くのはハードルが高いと感じる方も多いと思いますが、ふだんのメールに添えることで、毎日のやりとりにも変化が生まれます。季節の移り変わりをともに楽しむこともできるでしょう。

特に10月は、紅葉や秋晴れが美しい素敵な季節です。ビジネスメールやお礼状でも季節の挨拶を取り入れて、印象をワンランクアップさせたいですね。