「劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス PROVIDENCE」ティザービジュアル

アニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」の10周年プロジェクトが10月に始動。シリーズ最新作として「劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス PROVIDENCE」の制作が決定した。

2012年にTVアニメ1期が放送されたオリジナルアニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」シリーズ。「劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス PROVIDENCE」では監督を塩谷直義、アニメーション制作をProduction I.Gが務める。併せて常守朱を中心に、宜野座伸元、霜月美佳、雛河翔、六合塚弥生、須郷徹平、唐之杜志恩、狡噛慎也、花城フレデリカ、雑賀譲二を描いたティザービジュアルが披露された。

また10周年プロジェクトでは「感謝」をテーマに掲げ、アンバサダーを狡噛役の関智一が担当。同プロジェクトのメインビジュアルとPVも公開された。ビジュアル上段にはTVアニメ1期の主人公である狡噛と朱を中心に、宜野座、六合塚、縢秀星、征陸智己、唐之杜が描かれ、下段には3期の主人公である慎導灼と炯・ミハエル・イグナトフを中心に、須郷徹平、霜月、雛河、さらに1期のキーパーソンである槙島聖護、2期のキーパーソンである鹿矛囲桐斗が集結している。

プロジェクトの詳細も明らかになった。1期放送時のラジオ番組「PSYCHO-PASSラジオ 公安局刑事課24時」を復活させ、9月より毎月第2金曜日にインターネットラジオステーション・音泉とSpotifyにて配信。番組タイトルは「復活!PSYCHO-PASSラジオ 公安局刑事課24時」で、パーソナリティを関、宜野座役の野島健児が担当する。

さらに東京・アクアシティお台場4階のノイタミナショップ&カフェシアターにて、9月3日から2023年8月31日まで「公安局刑事課購買部」が開催される。描き下ろしイラストを使ったグッズを販売し、コラボメニューを提供。店内では「復活!PSYCHO-PASSラジオ 公安局刑事課24時」のノイタミナショップ限定コーナーが放送される。さらに10月からは1期の復刻上映会を実施し、8月16日からは狡噛をはじめ全13キャラクターのバースデーキャンペーンを順次開催。キャンペーン期間中はゆーぽん描き下ろしのミニキャライラストを使用したグッズやメニューがラインナップされる。

加えて各都市を巡回する物販イベント「PSYCHO-TOUR in ロフト」を、11月2日より実施。愛知・ロフト名古屋を皮切りに京都ロフト、福岡・天神ロフト、宮城・仙台ロフト、大阪・梅田ロフト、東京・渋谷ロフト、神奈川・横浜ロフトで行われていく。各店舗では期間中、10周年プロジェクトのメインビジュアルを使ったグッズや、キャラクターデザインを務める恩田尚之による狡噛の描き下ろしイラストグッズを販売。展示スペースも展開される。

そして12月2日から16日まで、オンライン展覧会「『PSYCHO-PASS サイコパス』-ONLINE EXHIBITION-」をプレオープン。12月19日から2023年2月28日までグランドオープンする。展覧会ではTVアニメ1期から3期までの名場面を展示。描き下ろしイラストを使用したグッズが販売される。

そのほか「PSYCHO-PASS サイコパス」のオフィシャルファンクラブ「PSYCHO-BOX」「PSYCHO-PASS for スゴ得」にて、10周年特設ページを開設。ファンクラブ限定コンテンツが多数配信され、ドレスアップした狡噛、朱、宜野座の描き下ろしイラストグッズが販売される。「復活!PSYCHO-PASSラジオ 公安局刑事課24時」では必ず会員の誰かの便りが採用されるファンクラブ枠が設けられ、「公安局刑事課購買部」では会員限定の壁紙が特典がプレゼントされるなど、ファンクラブではほかの10周年企画とも連動した施策が展開されていく。

「PSYCHO-TOUR in ロフト」

期間:2022年11月2日(水)~11月28日(月)
会場:愛知県 ロフト名古屋

期間:2022年12月16日(金)~2023年1月9日(月・祝)
会場:京都府 京都ロフト

期間:2023年1月17日(火)~2月5日(日)
会場:福岡県 天神ロフト

期間:2023年2月25日(土)~3月12日(日)
会場:宮城県 仙台ロフト

期間:2023年3月29日(水)~4月18日(火)
会場:大阪府 梅田ロフト

期間:2023年4月28日(金)~5月14日(日)
会場:東京都 渋谷ロフト

期間:2023年5月26日(金)~6月12日(月)
会場:神奈川県 横浜ロフト

「劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス PROVIDENCE」

スタッフ

監督:塩谷直義
アニメーション制作:Production I.G
配給:東宝映像事業部

(c)サイコパス製作委員会