俳優の小手伸也が11日、都内にて行われたカンテレ・フジテレビ系ドラマ『ドクターホワイト』(1月17日スタート、毎週月曜22:00~)取材会に出席。ドラマ撮影中の“イジられ”エピソードを明かした。

  • 後列左から高橋努、小手伸也、勝地涼、片桐仁、高橋文哉、前列左から石坂浩二、瀧本美織、浜辺美波、柄本佑、岡崎紗絵 =関西テレビ提供

ドラマに登場するキャラクターの印象を聞かれ、片桐仁は小手伸也演じる外科部長・真壁仁の名前を挙げ、「僕らは真壁とそんなに絡みはないんですけど、遠くで真壁が偉そうにしてるのを、僕と夏樹(勝地涼)と麻里亜先生(瀧本美織)の3人で見守るっていうシーンがある」と説明。

そして「(真壁は)声がすごくいいんですよ。『実に面白い』っていうフジテレビでよく聞いたことがあるフレーズが聞こえて、『あっ、福山雅治がいる!』って。不意にものすごくカッコいいんじゃないかって、僕らがすごく笑っちゃって。小手さんは小手さんで『俺、笑われてる』って、すごくザワザワした」と撮影中のエピソードを明かした。

すると、小手は自身の役柄上「アットホームな雰囲気をあまり感じられてない」と前置き、「僕が喋ると、勝地くんと片桐さんが耳打ちするように笑って、それを瀧本さんに伝えたりしてて」と寂しそうにボソリ。さらに、柄本佑を中心に他のキャスト陣に笑われることもあったと“被害”を訴える。

それに対し、柄本は「ちょっと説明させていただくと、小手さんが僕らに背を向けてメイク直しをしてたんですよ。その後ろ姿がキレイすぎて笑っちゃったんですよ」と弁明。

続けて「シルエットが真ん中でピタッと合うなって。そしたら佐久間先生(高橋文哉)が『フィギュアみたいですね』って(笑)」とキャスト陣が笑ってしまった経緯を伝えると、小手は「僕の知らないところで、僕のことをイジってるらしいです」と、どこか満足そうに“被害”を打ち明けていた。