2021年12月15日に5thシングル「WANDERING」(ワンダリング)の発売が決定し、結成2周年を迎えるグローバルボーイズグループ・JO1が12月25日から2022年1月25日まで東京ドームシティGallery AaMo(ギャラリー アーモ)にて開催する展覧会「JO1 EXHIBITION in Gallery AaMo」のキービジュアルが28日、公開された。キービジュアルは本展のテーマである「未完成」をパズルのモチーフで表現したものとなっている。また、フィルムカメラを使用した展覧会新ビジュアルも公開された。

  • 「JO1 EXHIBITION in Gallery AaMo」のキービジュアル

2019年12月に社会現象を起こした日本最大級のオーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN』で、視聴者である“国民プロデューサー”によって約6,000人の中から選ばれた11人(豆原一成、川尻蓮、川西拓実、大平祥生、鶴房汐恩、白岩瑠姫、佐藤景瑚、木全翔也、河野純喜、金城碧海、與那城奨)のグループ結成から現在まで、世界のトップを目指す彼らの歩みを過去の衣装や写真とともに振り返る。

その中でも本展のために撮り下ろした作品は、アートメイクを施した「アートなJO1」という彼らの新しい表現が楽しめる内容に。この、「アートなJO1」のビジュアルは11月末に公開予定。その他、さまざまな映像やファン参加型の展示なども楽しめる。

なお、チケット販売は、11月5日より一般販売を開始。

■主な展示内容
・会場限定ウェルカム動画
・オーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN」からこれまでの歩みを振り返るJO1ヒストリーパネル
・過去着用した衣装やMVで使用した小道具の展示
・アートなJO1を楽しめる撮り下ろし作品の展示
・JO1とJAMで作り上げる参加型展示
・展覧会の世界観に入り込めるフォトスポット
また、1月8日以降は衣装と一部映像展示の入れ替えを予定

(C)LAPONE ENTERTAINMENT