目次立樹、前田敦子、松居大悟監督が登場した。

映画『くれなずめ』(4月29日公開)の完成披露試写会イベントが15日に都内で行われ、 成田凌、高良健吾、若葉竜也、浜野謙太、藤原季節、目次立樹、前田敦子、松居大悟監督が登場した。

  • 左から目次立樹、藤原季節、若葉竜也、成田凌、高良健吾、浜野謙太、前田敦子、松居大悟監督

    左から目次立樹、藤原季節、若葉竜也、成田凌、高良健吾、浜野謙太、前田敦子、松居大悟監督

同作は、松居監督自身の実体験をモチーフに書かれた完全オリジナルの舞台劇を映画化した。高校時代に帰宅部でつるんでいた6人の仲間たちが、友人の結婚披露宴で余興(赤フンダンス)をやるべく5年ぶりに集まった様子を描く。久しぶりに出会った彼らは、その余興の後、“披露宴”と“二次会”の間の妙に長い“狭間”の時間を持て余しながら、昔の思い出に想いを馳せる。

前田からビンタされるシーンもあった成田は「すいません、僕が避けちゃって。怖すぎて。大振りかぶりで、めちゃくちゃ睨んで歩いてくるので……」と苦笑。「結果、使われてるのが1番引きのカット。20回くらい撮ったんですけどね」と明かした。

「申し訳なかったです。ごめんなさい」と謝った前田だが、監督からも強い女でいてほしいとリクエストがあったそうで、「(男性陣)6人に勝てる女、6対1になったときに勝てる女でいて欲しいと言われました」と振り返った。

イベントでは、急遽舞台の稽古終わりに駆けつけた藤原が「皆のこと、すごい大好きになりましたよ。皆の魅力を言えるくらい、発見しましたよ」と豪語し、全員の魅力を言っていくことに。「前田さん、世界で一番美しい! ピンクの服も似合ってる」「浜野さん、まじでめちゃくちゃ顔が面白い」「若葉くん、めっちゃ目が怖い」「目次さん、顔がでかい」「健吾さんは服くれる」「凌は、色気がすごい」と続け、キャスト陣からは「褒めてない」とつっこまれていた。