忸怩という言葉をご存知でしょうか。書籍などで見かけたことがあっても、実際にビジネスや日常生活において使ったことがある方は少ないでしょう。

本記事では、忸怩の意味や正しい使い方を紹介します。豊かな表現力は、豊富な語彙力から生まれるもの。ビジネスパーソンとして成長するために、語彙力を高めていきましょう。

  • 海上の橋

    忸怩の意味を正しく認識しましょう

「忸怩」の意味

忸怩とは、深く恥じ入るという意味の言葉です。それぞれの漢字について「忸」は恥ずかしく思う、「怩」は恥じ入ることを表します。「忸怩たる思い」の使い方が一般的です。読みは「じくじ」。

忸怩は、自分の言動を深く反省し、自身の未熟さや情けなさ、みっともない気持ちを意味します。例えば、「このプロジェクトを期限内に完了できず、忸怩たる思いです」と話すと、深く反省し、恥ずかしく感じている気持ちが相手に伝わります。

  • 水滴のついた窓と手

    語源から「忸怩たる思い」への理解を深めましょう

「忸怩」の使い方と例文

ビジネスの場面における例文を知って「忸怩」を正しく使えるようになりましょう。

ビジネス上で大きな失敗をしてしまった場合

<例>

この度は、社運をかけたプロジェクトでありながら、私の不出来のせいでこのような結果を招き、忸怩たる思いです。

忸怩は、過去の自分の行動が招いた現在の結果に対する反省の言葉です。申し訳なく思う気持ちを表現します。自分が置かれた状況と責任を明確にした後「忸怩たる思い」を伝え、謝罪の言葉を続けて失敗を詫びます。

目上の方へ謝罪する場合

<例>

この部署に配属されてから、公私ともにお世話になった部長に迷惑をかけてしまう結果となり、忸怩たる思いでございます。

「この度は、誠に申し訳ございませんでした」では、いつもと同じ反省としか相手に受け取ってもらえません。「忸怩たる思い」を使うことで、どんな言葉にも変えられない気持ちを伝えられます。

  • 誰もいない会議室

    ビジネスシーンにおける忸怩の使い方と例文

忸怩の間違った表現

正しく使い分けるためには、間違った表現を知ることも大切です。忸怩の反省の意味を取り違え、悔しさの表現に使うのは適切ではありません。

悔しい

「今大会は、あと一歩で優勝を逃し忸怩たる思いです」といった表現は、忸怩を悔しい気持ちとして使っているので適切ではありません。

忸怩の意味に悔しい感情は含まれません。この場合は、「準備期間がありながら、調整不足で忸怩たる思いを抱いています」といった表現が適切です。応援してくれた方へ恥じ入る心が伝わります。

うじうじする

「Kさんはいつも忸怩たる言動で、腹立たしい」といった表現は、相手の煮え切らない態度に忸怩を使った誤った例です。忸怩には「はっきりしない」という意味は含まれず、また、相手に対して使う言葉でもありません。

「私の優柔不断な性格で周りに迷惑をかけてばかりで、忸怩たる思いです」という言い回しだと、自分の煮え切らない態度に恥じ入る意味で適切な使い方になります。

  • キーボードとペン立て

    「忸怩」の誤った使い方から、正しい使い方を学びましょう

忸怩の英語表現

忸怩を英語表現にすると、恥ずかしいを意味する「ashamed」を使います。

社会的または道徳的な罪の意識を感じるほどの恥ずかしさを英語表現で表すと、be ashamed of~となります。

  • I’m ashamed that I didn’t do my best.
    私は最善を尽くさなかったことに忸怩たる思いです。
  • 人混みの中にいる男性

    「忸怩」の英語表現も理解しましょう

忸怩の類語

忸怩の類語を知り、正しい意味を確認して正しく使い分けましょう。

忸怩には言い換え表現や類語があります。微妙なニュアンスの違いを知ると、適切な使い分けも可能です。伝えられた時に相手の気持ちを汲んで対処できるようにしましょう。

自責の念にかられる

「新人のY君を支えきれず納期に間に合わなくなり、今でも自責の念にかられる」この表現は、自分を責める気持ちの高ぶりを抑えきれなくなるときに使います。

「自責」は、自分の責任を痛感することや自分のミスを自分で責めることです。「かられる」は「駆られる」と書く場合もあり、激しい感情の高まりによって動かされる様子を表します。過去の自分の責任を痛感し、年月を経てもこみ上げる感情を制御しきれなくなる状態を表す言い回しです。

慙愧に堪えない

「今回はわたくしの不手際によりこのような事態を招き、慙愧に堪えません」この表現は、深く反省し間違いを繰り返さない決意を示します。

慙愧(ざんき)とは、自分の行為を恥じることです。もとは仏教語で、「慙」は心に切り込みを入れられたほどの恥ずかしさを意味します。「愧」も恥じる気持ちを意味しますが、他者に対して恥じ入る意味として使われます。「堪えない」は我慢できない様子から、自分の行為に対する後悔と謝罪を表します。

汗顔の至り

「この度は私の手違いでご迷惑をおかけし、汗顔の至りでございます」この表現は、自分の間違いや失敗に対する恥ずかしさと謝罪を意味します。

「汗顔(かんがん)」は恥ずかしさから顔に汗をかく様子で、赤面と同じ意味です。「至り」は極みを示し、恥ずかしさでいっぱいの状態を表します。また、「お褒めいただき、汗顔の至りです」といった、褒められた時の恥ずかしさにも使用可能です。どちらも恐縮した状況において使われます。

羞恥心

「社内の営業成績が貼り出され、あまりの成績の悪さに羞恥心(しゅうちしん)をおぼえた」この表現は、恥ずかしく思う気持ちを表す言い回しとして使われます。

「羞」には、ごちそうや食べ物の供えをすすめる意味と恥じる意味があります。自身が恥ずかしさを感じるときや「人前であんなことをするなんて、Yさんには羞恥心がない」などと他者に対して使うことも可能です。気持ちの高ぶりは、「羞恥心に襲われる」の慣用句を利用します。

  • 夜空の中の稲光

    忸怩の他の類語を調べてみましょう

***

忸怩は、ビジネスの場において自分の失敗を反省し、恥ずかしく思っている気持ちを表現する際に使う言葉です。過去の自分の行動で迷惑をかけた時の謝罪の言葉として、情けなさを強調するときに使います。目上の方に対しても使用できますが、深い反省を意味するので何回も忸怩を使うのは適切ではありません。

忸怩を正しく使い、英語表現や類語も使い分けられるようになりましょう。