春を感じる日が増える3月は、ビジネスでもプライベートでも節目を迎えることが多い季節です。年度末を迎える企業ではビジネスメールやレターが飛び交い、プライベートでは卒業や進級、引越しなど多くの人が人生のターニングポイントを迎えます。このような変化のタイミングに、メールや手紙を送る機会も多いのではないでしょうか。

変化や門出・春のはじまりにふさわしい3月の季節の挨拶を、マスターしていきましょう。

  • ビジネスメールで使える季節の挨拶【3月編】

    ビジネスメールで使える季節の挨拶【3月編】

3月の季節の挨拶のポイント

まずは3月の季節の挨拶のポイントについてみていきましょう。

季節の挨拶のルール

そもそも季節の挨拶とは、メールや手紙、ハガキなどの冒頭で書く言葉のことです。昔からの伝統的な習慣として、四季の変化が豊かな日本では季節の挨拶を書くことが定着しています。

季節の挨拶は、通常「頭語」の後に書きます。「頭語」とは、「拝啓」など文章の最初の書き出しのことで、頭語を使う場合必ず文末には「敬具」などの「結語」で文章をむすびます。

ただし「拝啓」「敬具」と書くことで、文書が堅苦しく感じられることもあるので、親しい間柄の人へ向けたメールや手紙では、頭語・結語を省略して季節の挨拶から書き出すこともあります。

また季節の挨拶の後には、現状や安否を知らせる挨拶、相手の状況をうかがう一文を書き、本題へスムーズな流れを作って文章をつないでいきます。

3月の季節の挨拶は相手の地域に合わせて

3月は一般的には春と認識されていますが、住む地域によってはまだ雪が残っていたり、かなり暖かかったりと差があります。そのためメールや手紙を送る相手の地域に合わせて、季節の挨拶を選びましょう。

季節の挨拶は上旬・中旬・下旬など、同じ3月でも時期によって使うべき季節の挨拶は異なりますが、3月中旬に送る場合寒い地域の人には3月上旬の、暖かい地域の人には3月下旬の季節の挨拶でも問題ありません。

  • 3月の季節の挨拶のポイント

    3月の季節の挨拶のポイント

3月の季節の挨拶と例文(漢語調・ビジネス編)

それでは3月の季節の挨拶と例文について、まずは「○○の候」とあらまったシーンで使う「漢語調」からみていきましょう。

3月上旬~中旬「浅春の候」

この時期は「浅春の候(せいしゅんのこう)」を使います。浅春とは「寒さがまだ残る、春のはじめの時節」という意味です。本格的な春を感じる前の3月中旬くらいまでに使うとよいでしょう。

挨拶の例文

  • 拝啓 浅春の候、貴社におかれましてはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
  • 拝啓 浅春の候、貴社におかれましては、ますますご発展の段、大慶に存じ上げます。

3月中旬~4月下旬「春暖の候」「春風の候」「春分の候」

気候が一気に春めく3月中旬~4月下旬ごろは、季節の挨拶にも種類が増えてきます。この時期に使う季節の挨拶の代表的なものには、「春暖の候」「春風の候」「春分の候」の3つがあります。

「春暖の候」(しゅんだんのこう)とは「春の暖かさを感じる時節」を意味し、実際に寒さがやわらぎ春の暖かさを感じるようになったら使います。
「春風の候(しゅんぷうのこう)」とは、「春の風が吹く時節」を意味し、春のおだやかで暖かい風が感じられるようになったら使います。

「春分の候(しゅんぶんのこう)」とは、「毎年3月21日ごろの春分の日を迎える時節」を意味し、まさに夜と昼の長さが同じとなり、春分の日を境に本格的に春へ向かっていることを指します。春分の候は、春分の日から次の二十四節気である清明の前日、4月3日までに使います。

この時期は地域によって気候差が大きいため、メールや手紙を送る相手の地域の気候を確認してから、3月の挨拶の言葉を決めましょう。

挨拶の例文

  • 拝啓 春暖の候、○○様におかれましてはますますご清福にお過ごしのこととお喜び申し上げます。
  • 拝啓 春風の候、貴社におかれましては、ますますご発展のこととお喜び申し上げます。
  • 拝啓 春分の候、貴殿におかれましてはますます健勝のこととお慶び申し上げます。

3月全般「早春の候」

「早春の候(そうしゅんのこう)」は、「春のはじめ、早い春」を意味し、2月4日ごろの「立春」以降、3月全般に使うことができますので、覚えておくと便利です。

挨拶の例文

  • 拝啓 早春の候、〇〇様におかれましてはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
  • 拝啓 早春の候、貴社におかれましてはご隆昌のこととお慶び申し上げます。

漢語調の「候」とは?

漢語調の「候(こう)」とは、「時節のころ」「~のころ」という時期を表すものです。季節の挨拶は漢語からはじまったと言われており、そのため音読みが基本となります。

漢語調に合う、3月の季節を踏まえた結び

漢語調の場合、結びには季節を踏まえた結びと、ある程度定型で季節を問わずに使える結びの2種類があります。季節を踏まえた結びでは、寒さと暖かさが交錯する毎日を気づかう文句がよく使われます。

季節を踏まえた結び

春暖定まらぬ時期が続きますが、どうぞご自愛くださいませ。
花冷えにお風邪など召しませぬようご自愛ください。
不順な天候が続きますが、皆様方のご無事息災を心よりお祈りいたします。
時節柄、くれぐれもご自愛のほどお祈りいたします。

季節を問わない結びの例文

末筆ながら貴社の一層のご発展をお祈り申し上げます。
まずは略儀ながら書中にてお知らせいたします。
まずはとり急ぎご連絡まで。

  • 3月の季節の挨拶のポイント

    3月の季節の挨拶のポイント

3月の季節の挨拶と例文(口語調・親しい人やビジネスカジュアル)

次に、親しい間柄やややカジュアルなビジネスレター・メールに使える口語調の季節の挨拶についてみていきましょう。

3月上旬「三寒四温」

「三寒四温(さんかんしおん)」とは、3日程度寒くて4日程度あたたかい日が繰り返されることを表現したもので、「暦上は春なのに寒い日とあたかたかい日が繰り返されるような気候」が続くときに使います。

挨拶の例文

  • 三寒四温の言葉どおり、あたたかさと寒さが交差する日々が続きますが、〇〇様におかれましてはお元気でご活躍のこととお喜び申し上げます。

3月上旬~4月中旬「花の便り」「春霞」「春光」など

ある程度春らしい気候になったら、春の季語を使ってみましょう。

挨拶の例文

  • 春霞のただよう季節となりましたが、いかがお過ごしていらっしゃいますか?
  • 春光うららかな好季節をを迎えておりますが、皆様にはご健勝にお過ごしのこととお喜び申し上げます。
  • 桜便りも聞かれる頃合いとなってまいりましたが、○○様におかれましてはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。

3月全般

「日」「春」など一般的な単語を使うことで、3月全般の季節の挨拶にすることができます。

挨拶の例文

  • 日ごとに春めいてまいりましたが、皆様にはお元気でご活躍のこととお喜び申し上げます。
  • やわらかい春の日差しがうれしい季節をむかえました。

口語調にあう、3月の季節を踏まえた結び

3月は日中はあたかかくてもまだまだ朝晩は冷え込む日が多く、また季節の変わり目で天候も安定しにくいこととから、相手を気遣う一文を結びに入れるとよいでしょう。

結びの例文

  • 季節の変わり目ですので、くれぐれもご自愛のほどお祈りいたします。
  • まだまだ朝晩は冷え込みます。どうぞくれぐれもご自愛ください。
  • 新生活が実り多いものになりますことを、心よりお祈りいたしております。
  • 花の息吹が待ち遠しいですね。それまでどうぞご自愛ください。
  • オリジナリティを加えて温かみのあるメール・レターを

    オリジナリティを加えて温かみのあるメール・レターを

オリジナリティを加えて温かみのあるメール・レターを

この記事でご紹介してきたように季節の挨拶にはある程度決まった形式や文言がありますので、ビジネスシーンでは見本を参考に書けばとりあえずは問題ないでしょう。

一方プライベートや、ビジネスでも少し関係性が深い人とのやりとりであれば、見本の定型文だけでは少し面白味にかけてしまいます。場合によっては形式的ととられてしまうこともあるかもしれません。

例えば東京では3月中旬ごろから桜が咲きますが、北海道の札幌では4月下旬ごろが桜の見頃です。札幌には「円山公園」というお花見に人気の公園があり、3月はまだ雪が残りながらも桜のつぼみが日に日に大きくなるのを感じることができます。その様子を、挨拶文として書いてみましょう。

  • 日ごとに春めき、こちらでは桜が見頃をむかえています。そちらでは円山公園のなごり雪と桜のつぼみに春の到来を感じる季節ですね。

このように、相手が住んでいる地区の観光名所やお祭りなど具体的な情報を使って挨拶文を作成すると、オリジナリティある温かい文面になります。

  • オリジナリティを加えて温かみのあるメール・レターを送りましょう

    オリジナリティを加えて温かみのあるメール・レターを送りましょう

3月は季節の挨拶で春の訪れを感じさせよう

冬から春への季節の変わり目の時期である3月は、日に日に春を感じる一方、雨が増え天候も変わりやすくなります。「春」「日」「花の名前」などを使った季節の挨拶文で華やな春の到来を演出しながら、結びではしっかりと相手を気遣う一文を入れておきましょう。また3月は地域によって天候差もあるので、ルールにとらわれすぎず、実情に合ったものを使うことを心がけましょう。