あなたの「ライフワーク」は決まっていますか?

ライフワーク(lifework)とは、生涯を通じて取り組む仕事や活動のことを指し、ときに天職(てんしょく)とも言い換えられます。ライフ(life)はその人の人生や一生を表し、ワーク(work)は職業としての仕事よりも広い意味での活動を指しています。

生き甲斐を感じながら、好きなことに生涯取り組むライフワークは、自分と周囲に幸せをもたらし、人生の充実につながります。

本稿では、ライフワークの見つけ方や、ライフワークに従事することのメリットについてまとめています。参考にしてください。

  • ライフワークとは?

    生き甲斐をもって働く「ライフワーク」の効果と見つけ方について紹介します

ライフワークの魅力 「人生を充実させつつ、利益も得られる」{#ID1}

ライフワークを見つけると、自分が幸せになれる仕事ができるようになります。好きなことなので、働くこと自体が楽しくなります。

そのため、やっているだけでも当人にとって価値があるのですが、その仕事が人のためにも役立ち、世の中に認められるものとなれば、そこに金銭的な利益を生み出すことも可能です。

ライフワークにより利益を得ることで、より多くの人を巻き込めるようになったり、仕事の領域をさらに広げられるようになったりします。さらに、広く世の中に貢献できるようになることで、自らの喜びも増すことでしょう。

こうした好循環が生まれることが、ライフワークの魅力の一つと言えます。

  • ライフワークの効果

    ライフワークの効果

ライフワークの類語・対義語

次に、ライフワークという言葉をより深く理解していただくために、よく似た言葉とのニュアンスの違いについて紹介していきます。

ライフワークとワークライフバランスとの違いは?

ライフワークバランスとは文字通り、ライフ(life)とワーク(work)のバランスをとることです。「生活と仕事の調和」とも言われます。

つまりは、「仕事とプライベートのバランスをとって、充実したものにしよう」という意味を持つ言葉です。一方のライフワークは「生涯を通じて取り組む仕事」を指す言葉であるため、意味が異なります。

ワイフワークとライスワークの違い

ライフワークと発音が似ていて意味の異なる言葉が「ライスワーク」です。

ここで言うライスとは、そのまま「ご飯」のことを示しています。つまり、ワイスワークとは、特別な生き甲斐を感じている・いないに関わらず、「ご飯を食べるための仕事」を指します。

ワイフワークと天職は近い意味

ライフワークと似た日本語の言葉に「天職」という言葉があります。

天職は、その人が生まれ持った性質にもっとも合った職業です。生涯の仕事という意味では、ライフワークに近い意味を持つと言えます。

  • ライフワークの類語・対義語

    ライフワークの類語・対義語

あなたにピッタリな「ライフワーク」とは?

ライフワークを見つけることで、自分の人生を自分らしく楽しんで生きられるようになる――とはわかっていても、なかなか「自分のライフワークに何を選ぶか」を決めることは難しいです。

そんなときには、素直に自分の気持ちに向き合ってみるとよいでしょう。自分にいくつかの質問を問いかけて考えてみることで、意識していなかった自分の願望に気づけるかもしれません。

問いかけの例を挙げていきます。

  • ライフワークがおすすめの人の特徴

    あなたにピッタリな「ライフワーク」とは?

感謝されてうれしかった出来事はありますか?

自分では当たり前のことを行っただけなにも関わらず、人から「ありがとう」と感謝された経験はありませんか。それは、自分の才能であり、活かしていくとよい面といえます。

日常で感謝された出来事を思い出してみましょう。「話を聞いてくれた」「一緒に出掛けて元気をもらった」「丁寧に仕事をしてもらえた」など、その内容は人によってさまざまです。感謝された出来事は、自分の性格や得意なことに関係しています。

心から楽しかったと思える出来事はありますか?

子どもの頃には、いつも時間を忘れて楽しみ、遊んでいたのではないでしょうか。どんなことが楽しかったでしょうか。

自分が心から楽しめることは、好きなことであり、できることであり、自分の才能を表しています。ライフワークは、好きなことの周りにあることが多いです。

挫折してしまった経験はありますか?

何かに打ち込んでいて挫折した経験はありますか。中学高校時代の部活、大学受験、会社の仕事でのトラブルなど、さまざまな出来事が思い浮かぶのではないでしょうか。

挫折経験がある人は、何かに打ち込み挑戦した経験があります。また、挫折後に気持ちを切り替えて乗り越えることも経験しています。

挫折を通じて、自分が何を考え、どう行動したかを振り返ると、自分がどうありたいかのヒントが得られ、それがライフワークの種につながります。

  • ライフワークを見つけてみよう

    ライフワークを見つけてみよう

ライフワークへの第一歩を踏み出そう

以上、ライフワークについて、説明してきました。

自分のライフワークは何なのか。質問の答えを通じて、過去の出来事を思い出すことで、ライフワークの種を思いつくことができたならば、早速行動に移してみましょう。実際にやってみると、「確かにこれは自分に向いている」と思えるかもしれません。

まずは、決めたら走ってみる。これを大切にしてみてください。

もしくは「今やっている仕事はライフワークとは違うな」とわかるのも、良いことです。自分をみつめるプロセスを経たことで、続けるのか変更するのか、選択しやすくなっています。

必ずしも、誰もがライフワークを見つける必要はありません。しかし、もしそのような生き方を望むのであれば、まずは第一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか?