夏から秋へ季節が移り変わる9月。上旬と下旬では風景や気温も変わってくるため、挨拶でも変化を取り入れていきます。今回は、ビジネスシーンにおける9月の季節(時候)の挨拶を、雰囲気と時期ごとに分けて解説していきます。

  • ビジネスシーンで使える季節の挨拶

    ビジネスシーンで使える季節の挨拶を知りましょう

まず、どんな印象を与えたいか考えよう

ビジネスシーンやお礼状など、メールをする機会は多くあります。季節に沿った挨拶を取り入れることでやりとりにも変化が生まれ、相手を思いやる気持ちも伝わります。

季節の挨拶には大きくわけて2種類あります。手紙全体の印象を作る大切なものであるため、メールを送る相手の立場やシーンにあわせて柔軟に選択しましょう。

「の候」を使う漢語調で書く

目上の方にメールを送る場合や、正式な文書などでより丁寧さを伝えたい場合は漢語調の季節の挨拶を使いましょう。古くから伝わる季節の挨拶は繊細な季節の移り変わりを表現しています。旧暦と今の暦を照らし合わせ、間違いのないよう適切な言葉を選びましょう。

話し言葉に近い口語調で書く

何度かメールをやりとりした相手に送る場合や、すこしカジュアルな雰囲気で書きたい場合は口語調の挨拶を使うのがいいでしょう。口語調の挨拶は漢語調のようにしっかりと決まったものはありません。今の季節や流行を取り入れたうえで、相手が住んでいる場所の気候を思いやったものにすると気持ちがよく伝わります。

漢語調を使った季節の挨拶

まず、漢語調を使った挨拶をご紹介します。漢語調の場合、挨拶として使える期間が定められていることが多いので、使う場合には事前に確認することをおすすめします。ハードルが高いように感じてしまうかもしれませんが、四季の移り変わりを感じられるのが魅力です。

  • 漢語調を使った季節の挨拶

    漢語調を使った季節の挨拶とは

「処暑の候」「残暑の候」

「処暑(しょしょ)」とは二十四節気のひとつで、今の暦であらわすと8月23日頃を指す言葉です。だんだんと暑さが止み、秋らしくなってくる様子を表現しています。挨拶として使う場合も8月23日(処暑)~9月6日(白露)頃がいいでしょう。

「残暑」とは立秋を過ぎても暑さが残る様子をあらわした言葉です。残暑見舞いなどの風習から、聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。立秋を過ぎた8月初旬から暑さの続く9月上旬頃まで挨拶として使うことができます。

「新秋の候」「初秋の候」

「新秋(しんしゅう)」は秋のはじまりという意味の言葉です。また、旧暦7月を指す言葉でもあります。 「初秋(しょしゅう)」もまた秋のはじまりを指す言葉です。こちらも新秋と同じ旧暦7月を指しています。

旧暦7月は今でいう8月13日~9月10日のことですが、現代で8月というとまだ夏まっさかりと感じる方も多いです。今の環境に合わせ、秋の訪れを感じ始める9月の上旬頃に使うのがいいでしょう。

「白露の候」

「白露(はくろ)」とは大気が冷え、草木に露が見えるようになる様子をあらわした言葉です。二十四節気のひとつで、今の暦だと9月7日頃を指します。夏の暑さがおさまり、ようやく秋めいてきた頃に使いたい挨拶です。白露を指す9月7日頃から秋分の日までの間に使うのがいいでしょう。

「秋晴の候」「仲秋の候」

「秋晴(しゅうせい・あきばれ)」とは秋の澄み渡った青空を表現した言葉です。秋の季語でもあります。秋の始まりから終わりにかけて使うことができる言葉ですが、雨が続いている場合などは「秋雨」など他の適切な言葉を選びましょう。

「仲秋(ちゅうしゅう)」は旧暦の秋を7月・8月・9月の3つに分けたときの中、つまり8月を表しています。白露から寒露の前日(10月7日)頃まで使うことができます。

漢語調の例文を見てみよう

では、実際に漢語調の季節の挨拶を使った例文をみてみましょう。季節の挨拶だけではなく、結びの挨拶などの手紙のマナーを守ることも忘れてはいけません。

拝啓 白露の候、皆様におかれましてはいよいよご清祥のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご厚情を賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、(本文)

つきましては(本文)

末筆ながらますますのご活躍をお祈り申し上げます。

略儀ながら書中をもちましてご挨拶申し上げます。

敬具

漢語調を使うと、手紙全体が引き締まった雰囲気のものとなります。お礼状や目上の方への文書など、かしこまったシーンで使うのがいいでしょう。

口語調を使った季節の挨拶

口語調の季節の挨拶には「この時期にこの言葉を使う」といったルールはありません。かえって迷ってしまうという方も多いかもしれませんが、自分の言葉で相手の状況を思いやった柔軟な対応をすることができます。

9月は夏から秋に変わる季節です。移り変わる季節に合わせた挨拶をすることで、相手に気持ちが伝わるあたたかさを持ったメールになるでしょう。

  • 口語調を使った季節の挨拶

    口語調を使った季節の挨拶とは

8月下旬~9月上旬の挨拶

8月下旬から9月の上旬はまだまだ暑さの残る季節です。「まだまだ残暑が厳しいこの頃ですが、いかがお過ごしでしょうか」や「澄んだ秋風が時折吹く季節となりました」など夏の暑さが残っている様子や秋の訪れを予感させる文章がいいでしょう。

9月中旬の挨拶

9月の中旬はようやく秋らしくなってきた頃でしょう。その年の様子にあった文章を書くように心がけましょう。「秋の澄んだ空が美しい頃となりました」や「虫の音に秋の訪れを感じる季節となりました」など、相手の環境に合わせた挨拶をすると書き手の気持ちが伝わります。

9月下旬~10月上旬の挨拶

9月下旬から10月上旬は秋も深まる季節です。秋の楽しみや涼やかな雰囲気を共有できる挨拶にするのがおすすめです。「果物のおいしい季節となりました。〇〇様は食欲の秋をいかがお過ごしでしょうか」や「長雨も続き、例年よりも肌寒い秋となりました」など相手に合わせた話題を選ぶことも大切です。

口語調の例文を見てみよう

口語調の挨拶をつかった例文を見てみましょう。

拝啓 爽やかな秋晴れも続き、ようやく過ごしやすい季節となりました。〇〇様はいかがお過ごしでしょうか。

さて、(本文)

つきましては、(本文)

時節柄、くれぐれもご自愛くださいませ。

敬具

口語調の挨拶を使うことで、手紙全体がやわらかな印象となります。決まったルールもなく自由に書くことができるため、相手の立場、気候を考えて適切な言葉を選ぶことが重要です。

季節の挨拶をつかって毎日のメールに彩りを

毎日の手紙のやりとりにさりげない変化を取り入れることができる季節の挨拶。9月らしい季節の移り変わりを、手紙をとおして相手と楽しむことができたらいいですね。相手を思いやる気持ちが伝わるよう、気軽な気持ちで季節の挨拶を取り入れてみましょう。