◆本記事はプロモーションが含まれています。

【この記事のエキスパート】
助産師・看護師・保育士:河井 恵美

助産師・看護師・保育士:河井 恵美

看護師・助産師の免許取得後、大学病院、市民病院、個人病院等に勤務していました。助産師の仕事が大好きで、25年以上この仕事をしています。

青年海外協力隊でアフリカに赴任した後、国際保健医療を学ぶために大学院に進学し、修了しました。親御さん方へのアドバイスを充実させたいと思い、保育士資格も取得して役立てています。

現在、シンガポールに住み2人の子どもを育てつつ、現地の産婦人科に勤務して日本人の妊産婦さん方に関わっています。
インターネットでエミリオット助産院を開設し、妊娠や出産、産後の様々な相談に応じています。


助産師の河井恵美さんへの取材をもとに、マタニティショーツの選び方とおすすめ商品を紹介します。安くて人気の西松屋や犬印本舗、おしゃれなベルメゾンやワコールなどおすすめ商品を厳選して紹介します。産前産後に使えるので、自分にhttps://related-keywords.com/result/news?q=%E3%83%9E%E3%82%BF%E3%83%8B%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%83%84合う商品を見つけてくださいね

マタニティショーツは必要? いつからいつまで?

ベネッセコーポレーション ミルクム『妊婦さんのためのマタニティショーツ』:¥1,760 ( 2020年5月24日時点 )

出典:Amazon

マタニティショーツは妊婦用の下着。妊娠中の大きくなるおなかのために様々な工夫がされています。

おなかが大きくなってくると下着の締め付けが苦しく感じてきます。妊婦用に作られたショーツはお腹部分がよく伸びる生地なので、おなかが大きくなり始める妊娠4~5カ月ごろから普通のショーツから切り替えを検討するのがおすすめ。

もちろん、つわりでつらい妊娠初期も締め付けがないマタニティインナーをつけると体が楽。妊娠初期からマタニティショーツにかえてしまってもいいですよ。

妊娠専用や、産前産後兼用タイプがありますがどちらも人気で、体の変化に合った下着を身につけることが大切です。

産前産後兼用タイプは時期を気にせず使用できてより便利です。

選び方のポイントはここまで! では実際にエキスパートが選んだ商品は……(続きはこちら)