お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史が4月30日深夜、ニッポン放送『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(毎週木曜25:00~)に生出演し、先週放送の同番組内での発言について謝罪。相方の矢部浩之も駆けつけ、“公開説教”した。

  • ナインティナインの矢部浩之と岡村隆史

岡村は冒頭、「僕の発言によって、たくさんの人たち、特に女性の皆さんに不快感を与えたことについて心から謝罪させていただきます。本当に申し訳ございませんでした」と謝罪。「経済的な問題で生活が苦しくてやむを得ず風俗業につく方がいらっしゃることへの理解や想像力を欠いた発言をしてしまいました。心からお詫びいたします」などと、謝罪の言葉を繰り返した。

放送開始から約35分経過したところで矢部が登場し、「やったな、やってもうたな。もたんやろ、2時間」と岡村に話しかけ、「緊急事態よ、ナインティナインも。情けないやろ。情けないな」とコメント。岡村は「ごめんなさい。申し訳ない」、「ごめんな、ほんまに」と謝った。

そして、矢部が「岡村隆史の発言で不快に思われた方に勘違いされるのは嫌なんですけど、ええ機会もらったよ。公開説教しようと思ってね。リスナーの方はもちろん感じているでしょうし、あんまりいい感じじゃないやん、ナインティナイン。こんなこと言うことじゃないけど、ええ機会やなと思って今日来たんですよ」と続けると、岡村は「相方にもごめんねという気持ちです」と申し訳なさそうに謝罪した。

矢部はこれまで感じてきた岡村の甘えを指摘し、「その甘えが大きくなったから今回やと思う」と意見。「自分のホームで20年以上やっていて、リスナーも全員大好きよ、岡村隆史が。イエスマンで。俺もそうやけど、注意してくれる人はかなり少なくなってきている。だからより自分で気をつけなあかんと思う」と伝えた。

さらに、「今回、電波に乗せてそういうことを言ったことが大問題。自分の考え、自分の言葉でしゃべっているから、そういう人間やと思われても仕方がない。もう致命的やと思う。岡村隆史が女性に対して軽視しているとか、男尊女卑であったり」と言い、岡村のためを思って「景色を変えた方がいいと思う」「性格変えろ」と厳しい言葉を投げかけた。

岡村は23日放送の同番組で、新型コロナウイルスの影響で収入が減少して生活に苦しむ女性が、終息後に短期的に風俗業に携わる可能性があると発言。これに対し、「女性蔑視」「性的搾取」など批判の声が上がっていた。