子ども用腕時計おすすめ5選|子どもが使いやすい腕時計はどれ?【ママライターが解説】

【この記事のエキスパート】

保育士・ママライター:武田 優希

保育士・ママライター:武田 優希

母子生活支援施設で保育士・支援員として勤務したのち、転勤帯同を経て、現在は3児の子育てをしながら保育所保育士として働く。また、保育士向けのWEB媒体の記事執筆を行ったり、同じ「転勤族の妻」に向けたブログを発信するライターとしても活躍中。


保育士として働きながら、3児の子育てをするママライターとしても活躍中の武田優希さんに、子ども用腕時計についてお聞きしました。アナログ時計にデジタル時計、スマートウォッチなど、時計にはさまざまな種類がありますが、子どもが使う時計には、どのようなもの選んだらよいのでしょうか。知育に役立つもの、健康管理ができるもの、壊れにくいものなど、実際に子育てをしている武田さんだからこそわかる目線で、子ども用時計の選び方とおすすめの商品を解説していただきました。ぜひ参考にしてください。

ママライターに聞く
子ども用腕時計の選び方

ママライターの武田優希さんに、子ども用腕時計を選ぶときのポイントを4つ教えてもらいました。

ひとりでも付け外し可能なストラップデザインを選ぶ

【エキスパートのコメント】

子ども用腕時計のストラップデザインで多いのは、ベルトタイプですね。しかし、ひとりで付け外しができるようになるまで、最初は時間がかかってしまいます。とくに、はじめて腕時計を使用するお子さんはこれができず、腕時計を使うことがわずらわしく感じることがあります。

少し手間取ってもベルトタイプで慣れていくというのもいいですが、最初は「貼ってはがして調節できる面ファスナー(マジックテープ)タイプ」や、「穴に金具をはめるだけのストラップ」など、誰でもひとりで付け外しができるストラップデザインのものを選ぶといいかもしれません。

CACTUS(カクタス)『キッズ腕時計 ボーイズデザイン(CAC-45-M01)』:

出典:Amazon

装着がしやすい、面ファスナータイプの腕時計。キッズ・ティーン向けウォッチを数多く展開している時計ブランドならではのこだわりが溢れています。

防水機能があるかチェック

【エキスパートのコメント】

水遊びするときはもちろん、急な雨が降ってきたときや手を洗うときなど、日常的によくある場面においても防水機能があるとありがたいことがあります。

大人と比べると「水に濡れると壊れるかもしれないこと」にまで注意がまわりにくいため、時計を長持ちさせるために防水機能がある腕時計を選ぶといいでしょう。

最近は、子ども用でも防水加工がされている腕時計が多いので、比較的選びやすいと思います。

CASIO(カシオ)『G-SHOCK mini(GMN-691-1AJF)』:

出典:Amazon

G-SHOCKの代表的モデルDW-6900をサイズダウンした『GMN-691』は、耐衝撃構造や10気圧防水機能など、コンパクトでもG-SHOCKの魅力が満載!

どんな機能が欲しいか考える

【エキスパートのコメント】

時計の種類には、デジタル時計・アナログ時計・スマートウォッチの3種類があります。デジタル時計やアナログ時計は多くの人にもなじみがあると思いますが、「スマートウォッチ」とは、Apple Watchに代表されるような、時計としての機能に加えて、日常生活をさらに楽しく過ごせるさまざまな機能がついている時計のことです。

時計を読む練習にもなり機能がシンプルな「アナログ」か、一瞬で時刻がわかる上にタイマーやストップウォッチ機能もある「デジタル時計」か、時計以外の機能も欲張りたい「スマートウォッチ」か……。機能の欲張り具合によって時計の種類を決めると選びやすいかもしれません。

Fitbit(フィットビット)『fitbit Ace2』:

出典:Amazon

Fitbitから子ども専用のアクテビティトラッカーが登場。かわいらしいデザインやメッセージ機能など、子どもたちが楽しみながら使える機能が充実しています。

文字盤やフレームのデザインで選ぶ

【エキスパートのコメント】

「時針と分針の読みの違いがわかりやすいデザインか」「フレームは丈夫なデザインか」「単純に、文字盤やフレームの見た目が気に入るデザインか」など、見た目のデザインだけでなく機能性としてのデザインも含めて選ぶといいでしょう。

たとえば、文字盤では、モンテッソーリ教育専門家の視点が取り入れられた商品があります。モンテッソーリ教育とは、整備された環境のもと子どもの自発的活動を促していくという考えの教育法です。

フレームでは、耐衝撃性のものや針が回しやすいようつまみが五角形にデザインされたものなどがあります。文字盤やフレームは、腕時計の核とも言える部位。商品によって異なるさまざまなデザインを吟味しながら選んでみましょう。

TiCTAC(チックタック)『fun pun clock to wear! フンプンクロック』:

出典:楽天市場

モンテッソーリ教育の専門家による視点を取り入れ、「時計の読めない子が、読みたいと思うアナログ時計」としてつくられた腕時計です。

選び方のポイントはここまで! では実際にエキスパートが選んだ商品は……(続きはこちら)