【グルーガン】の選び方&おすすめ商品6選|整理収納コンサルタントが徹底解説

【この記事のエキスパート】

整理収納コンサルタント/ルームコーディネーター:瀧本 真奈美

整理収納コンサルタント/ルームコーディネーター:瀧本 真奈美

暮らしにまつわるあらゆるサービスを行う「クラシング」代表。

整理収納コンサルタント、ルームコーディネーター、片づけ遊び指導士として全国で活動中。

活動内容にはセミナー講師、プロモーション動画やTV出演、物件スタイリング、フォトスタイリング、ワークショップ講師、イベント企画、コラム執筆、インフルエンサー、雑貨店経営などがある。

2012年から始めたインテリアブログからメディア露出が増え2015年より現在の活動へ。「NHKあさイチ」「はなまるマーケット」などにTV出演、地元局の番組レギュラーも務めた経験あり。

リメイク本、収納本などの書籍3冊を出版。第2弾書籍は発行3万部を超え、インテリア誌、情報誌へは100冊を超える掲載実績がある。SNS総フォロワーは13万人を超えている。

2人の子供はすでに独立しており、現在夫と2人暮らし。来春小学生になる孫を含め4人の孫がいる。


手芸やDIYで活躍するグルーガン。多くはピストル型で、グルースティックという棒状の接着材と一緒に使用します。現在、グルーガンは手芸店やDIY用品店などあちこちで販売されており、どれを選ぶべきかが難しくなっています。そこで、整理収納コンサルタント/ルームコーディネーターの瀧本真奈美さんにグルーガンの選び方とおすすめの製品を教えていただきました。選び方とおすすめ商品を知ることで、ほしい製品のイメージがよりハッキリしてくることでしょう。最後にECサイトのランキング売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひチェックしてみてくださいね!

グルーガンの選び方|整理収納コンサルタントが解説

整理収納コンサルタントの瀧本真奈美さんに、グルーガンを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。ご自身のやりたいことを思い浮かべながら読み進めてみましょう。きっとどんな製品を購入すべきかのイメージが固まってきますよ。

使用する場所で使いやすい製品を選ぶ

【エキスパートのコメント】

まずはグルーガンを室内で使うか、屋外で使うかを考えましょう。使う場所によって電源の有無が重要なポイントです。

屋外で使用する場合には電池式や充電式を選び、事前の充電や使用時間分の電池を準備する必要があります。屋内であればコード式が便利ですが、コンセントの差し込み口から作業場所が遠い場合や、コードが作業中に邪魔と感じる方は、電池式や充電式を選ぶといいでしょう。

イチネンミツトモ『スリーアキシス 電池式コードレスグルーガン』:

出典:Amazon

コンパクトサイズのコードレスタイプのため、使用する場所を選ばないグルーガン。

接着素材からグルースティック、グルーガンを選ぶ

【エキスパートのコメント】

昨今クラフトのハンドメイド人気からグルーガンを使用される方も多いかと思います。

皮革、木材、紙、布、プラスチック、金属、陶器など接着するものはさまざまですが、素材自体が熱に弱いか強いかを調べてグルーガンを選んでください。紙や布、リボンやレースなど熱に弱く傷んでしまう素材は低温タイプ。金属、ガラス、鏡など高温に強く、しっかり接着する必要がある素材は高温タイプを選びます。

温度の目安は低温タイプで120~130℃程度。高温タイプは170℃前後になります。グルーガン、グルースティックともに素材にあった温度で作業できる商品を選びましょう。

使い勝手を左右するグルーガンのノズルタイプ

【エキスパートのコメント】

グルーが溶け出す先端部分のノズルの形は、短くてノズル径の太いものや、細長くノズル径の小さいものなどさまざまです。大きな素材や広い面を接着する時にはノズル径が大きく、グルーがたくさん出るノズルの方が作業効率は高くなります。

ただし、こまかいパーツで作業する場合、グルーがはみ出してしまったり、意図しないところに付着したりするので、細長く径の小さなものを選びましょう。

夢屋『高温タイプグルーガン GL-01 手元スイッチ付』:

出典:楽天市場

先端ノズル部分が2.8cmとやや長めで使いやすいグルーガン。

選び方のポイントはここまで! では実際にエキスパートが選んだ商品は……(続きはこちら)