子どもが愛してやまないキャラクターと言えば「アンパンマン」。いつも子どもたちを笑顔にしてくれるアンパンマンの玩具やアニメに、育児を助けてもらっているという共働きの忙しいパパママも多いはず。そんなアンパンマンの世界観に触れられる施設「アンパンマンこどもミュージアム」もまた、子どもたちから絶大な人気を誇るスポット。

  • 2019年7月7月に、新しく生まれ変わった「横浜アンパンマンこどもミュージアム」

2019年7月7月に、新しく生まれ変わった「横浜アンパンマンこどもミュージアム」がオープンするとあって、パパママの注目度も高い。ひと足先に内覧会に参加してきたので、育児中のパパ目線でその魅力と新施設のまわり方をリポートしていこう。

【はじめに】2019年7月に新しく誕生するミュージアムの見どころ

現在、国内に5施設を展開する「アンパンマンこどもミュージアム」の記念すべき第一号が、2007年にオープンした横浜の旧施設。今回、2019年7月7日に誕生する新施設は、外観も展示も場所もすべてが新しくなっている。だからこそ、旧や各地の同施設に行ったことがあるという人にとっても、新しい発見があるに違いない。

  • パンフレット。建物は、地上3階と地下1階の4フロアとなっている

建物は、地上3階と地下1階の4フロア。3階がミュージアム、2階がミュージアム入口とチケット売り場、1階がショップ&フード・レストラン、地下1階が駐車場となっている。

ちなみに場所は、旧施設と同様に横浜・みなとみらいエリアであることに変わりはないもの、横浜駅により近い場所に移った。県外から訪れる人にとってもアクセスしやすくて便利だろう。みらとみらい線「新高島駅」から徒歩3分だが、JR「横浜駅」からも徒歩10分で到着する。駅からの歩道は広々としており、ベビーカーは押しやすく、子どもは歩きやすいので安心だ。

  • 2,3階への入館は有料だが、1階のショップ&フード・レストランは無料

また、旧施設は屋外にショップが並んでいるエリアもあったが、新施設はすべてが屋内に収まっているのも特徴。雨の日でも安心して遊びに行けるのはうれしい。

1.大きなアンパンマンがお出迎え「入口~受付」へ

「とちのき通り」を東に少し進むと見えてくるのが、約4mのビッグサイズなアンパンマン。遠くからも手を振るアンパンマンの姿が見えるので迷う心配もなさそう。施設に着いたら虹の階段をのぼって、2階のミュージアム入口とチケット売り場へ進もう。

  • 虹色の階段をのぼって長いスロープを歩く

ここで見逃せないのが、ミュージアム入口へと続くスロープの壁画。アンパンマンの誕生ストーリーが描かれているのだ。チーズとの出会いのシーンなど、意外に知らない場面も見られるので大人も楽しめるはず。また、床にも45の仲間たちのタイルが散りばめられている。

  • スロープでは壁画に注目。アンパンマン誕生のシーン

  • チーズとの出会いのシーン

自動ドアから中に入ると、目の前にチケット売り場があるので、自動販売機でチケットを購入して奥へ進もう! 広々としたスペースには約250台ものベビーカーが置けるそう。

  • 入口左手にある自動販売機でチケットを購入して入場しよう

2.芝生の上を走り回れる「ひろば」へ

受付を済ませたら、またまた虹色の階段をのぼって3階へ。階段をのぼりきれば、目の前には見慣れた一軒の建物が。そう「パンこうじょう」だ。広々とした人工芝が広がっており、開放感たっぷり。ちなみに、ここがメインステージの会場にもなる。

  • フロアの中央には虹色のらせん階段が。のぼって展示フロアへ向かおう

  • 目の前には、お馴染みの「パンこうじょう」! 広々としており、開放感も抜群

パン工場の中を覗くと、パン作りの真っ最中! パン生地や道具、大きな窯も配置されているので、ジャムおじさんやバタコさんのようにパン作りのまねっこができる。パンこうじょうの外には、ちゃんとチーズの小屋もあるのでお見逃しなく。

  • 「パンこうじょう」の中では、パン作りごっこが楽しめる

  • テーブルにはパン生地やパン作りの道具が並んでいる

  • 部屋の奥にはパン窯も!

3.広々としたテラスの「ボールパーク」へ

「パンこうじょう」に隣接したテラスエリアもまた、広々とした空間になっており、子どもたちがかけっこするのにぴったり。奥には、旧施設でも大人気だった「ボールパーク」がある。アンパンマンやドキンちゃんなどのキャラクターの顔になったストレッチボールを転がして遊ぶことができる。

  • テラスエリアには、広々としたスペースに遊具が並ぶ

  • 奥には、旧施設でもお馴染みの「ボールパーク」がある

4.遊具がたくさん! 「わんぱくアイランド」へ

先に進むと、またもや身体を思いっきり動かして遊べる「わんぱくアイランド」が広がっている。青い海と空、砂浜をイメージしたエリアになっており、いろいろな遊具でアクティブに遊べるのが魅力。

  • 大きなくじらのクータンに触ったり、ジャンプして遊ぼう

  • 坂になった砂浜エリアでは、滑ったりロープにのぼったりアクティブに身体を動かせる

大きなくじらのクータンのまわりには、ジャンプしたくなるクッション材が敷かれており、その前にある坂になった砂浜では、すべり台みたいに遊んだり、ロープをのぼったりして遊ぶことができる。そのほか、アスレチック感覚で遊べるネット遊具やボールプール……と遊び場が大充実。ここだけでもかなり長居してしまいそうだ。

  • 洞窟のような雰囲気の「ボールプール」

  • ボールの下には、キャラクターが隠れていることも!

  • ネット遊具はアスレチック感覚で遊べる

  • ネット遊具の先に進むと望遠鏡があり、覗くとアンパンマンたちの仲間たちを発見!

5.ベビーエリアもある「がっこう」へ

続いて目の前に現れるのは「がっこう」。主には、アンパンマンのお面などが作れる工作教室が行われるエリアとなっている。赤ちゃんがハイハイできるベビーエリアも設けられているので、乳幼児の子どもを遊ばせるのもオススメ。すぐ隣にはトイレもあり。

  • ベビーエリアは赤ちゃんがハイハイできるようにふわふわのマットが敷かれている

6.楽しい仕掛けがいっぱい「みんなのまち」へ

「がっこう」の隣に目を向けると、アンパンマンの仲間たちのお家などが見られる「みんなのまち」を発見。ふわふわの柔らかい床が敷かれた「ちびぞう君のいえ」、お料理ごっこが楽しめる「カバお君のいえ」、お菓子屋さんごっこで遊べる「おかしのいえ」など、色んな仕掛けが詰まった建物がズラリと並んでいる。

  • アンパンマンの仲間たちのお家が並ぶ「みんなのまち」

  • 調理道具がたくさんあり、お料理ごっこが楽しめる「カバお君のいえ」

  • かわいいスイーツがいっぱいある「おかしのいえ」

  • ばいきんまんが登場することも……!?

ボタンを押したり、鍵穴を覗いたり、子どもたちの遊びゴコロをくすぐる仕掛けが満載なので、一軒一軒まわって楽しみ方を見つけてほしい。

  • 窓を覗くと、嬉しそうなチーズの姿を発見

  • ドキンちゃんやしょくぱんまんも

  • エクレアさんやクリームパンダも

  • ボタンを押すと、ドリアン王女が登場!

7.操縦ごっこができる「アンパンマンごう」へ

「みんなのまち」の奥には、いつも作品の中で大活躍する「アンパンマンごう」が! 裏側にまわると入口があり、中にはなんと80個もの仕掛けがあるとのこと。色んな仕掛けを見つけて、アンパンマンごうの操縦ごっこで遊んでみよう。

  • 大きな「アンパンマンごう」は、中に入ることもできる

  • 中には80個というたくさんの仕掛けがあるので、いろいろ探してみよう

8.オリジナルグッズ豊富「ミュージアムショップ」へ

大興奮の展示エリアを楽しんだ後は、2階フロアに戻って「ミュージアムショップ」へ。一番の目玉は、正面エントランスの大きなアンパンマンをモチーフにしたグッズたちで、これらはココでしか買うことができない。

  • ココでしか買えないグッズもある「ミュージアムショップ」

そのほかにも、「ボールパーク」のストレッチボールやおしゃれなミュージアム限定グッズも数多く揃っているので、買い忘れがないように!

  • Tシャツや雑貨などアイテムの種類も豊富

  • 子どもたちがきっと喜ぶストレッチボール

9.そろそろ腹ごしらえ! 「フード・レストラン」へ

ミュージアムを思う存分に楽しんだら、きっとお腹がペコペコになるはず。1階におりると、フードコートやレストランなどグルメスポットが大充実しているので、ここで腹ごしらえをしよう。

  • フードコートにある「ハンバーガーやさん」の「チーズバーガー ポテト付」(1,100円)

  • フードコートは180席と広々!

  • 和食のメニューがそろう「ごはんやさん」

  • ボリューム満点のバーガーが魅力の「ハンバーガーやさん」

  • 小さい子どもにも安心の「うどんやさん」

180席を誇るフードコートには、「ハンバーガーやさん」「うどんやさん」「ごはんやさん(和食)」の3店舗のほか、かわいいケースが魅力の「ポップコーンやさん」、これまたかわいいカップが目印の「ソフトクリームやさん」がそろう。

  • フードコートの店舗ラインナップ

  • おやつにピッタリな「ポップコーンやさん」

  • かわいいケース目当てにポップコーンを買う人も多そう

  • ひんやりスイーツなら「ソフトクリームやさん」へ

  • こちらもかわいいカップに惹かれる

そのほか、洋食メニューの「アンパンマンレストラン」、旧施設でも人気を博した「ジャムおじさんのパン工場」もあり。どれも子どもが大好きなメニューばかりなので、好みのグルメをチョイスしよう。

  • 王道の洋食を食べたいなら「アンパンマンレストラン」で決まり

  • ハンバーグやオムライスなど子どもが好きなメニューが目白押し

  • 旧施設でも絶大な人気を誇った「ジャムおじさんのパン工場」

  • アンパンマンたちをモチーフにしたクオリティの高いパンばかり

10.最後はお買い物! 「ショップ」へ

同じく1階フロアには、さまざまなショップも併設。そのラインナップは、アンパンマングッズなら何でもある「アンパンマンテラス/アンパンマンフレンズ」をはじめ、ハンドメイド用品がそろう「バタコさんの手づくりハウス」、女の子が大喜びの「ドキンちゃんのドキドキおしゃれショップ」。

  • アンパンマングッズなら何でもそろう「アンパンマンテラス/アンパンマンフレンズ」

  • 豊富な商品の中から、きっと欲しいアンパンマングッズが見つかるはず

  • 洋服が欲しいなら「アンパンマンキッズコレクション」

  • アンパンマンたちをモチーフにしたかわいらしいデザインのアパレルがたくさん!

  • ハンドメイド用品が豊富にそろう「バタコさんの手づくりハウス」

  • 子どものハンカチやキャップなどに付けたい「シールワッペン」

  • 女の子が大喜びしそうな「ドキンちゃんのドキドキおしゃれショップ」

  • ピンクを基調にしたラブリーなアイテムが充実

ほかにも、書店、写真館、ゲームセンター、洋服店……と実に多彩だ。子どもだけでなく、パパママも欲しくなるグッズが豊富に揃っているので、ぜひ全部のお店を巡ってみてほしい。

  • 多彩なゲームで遊べる「アンパンマンカーニバル王国」

  • 小さな子どもたちが喜びそうなゲームがいっぱい

  • 記念写真を撮るなら「アンパンマンにこにこ写真館」へ

  • なんと顔写真入りの子ども名刺も作れちゃう!

  • 「もりのほんやさん」にはアンパンマン絵本がズラリ!

  • 来館の記念にお気に入りの絵本を買うのもおすすめ

●「ステージ&イベント」もお見逃しなく!

施設内では、さまざまな場所でステージやイベントが行われるので、タイムスケジュールなどを事前にチェックしておくこともお忘れなく! 中でも見逃せないのは、3階「ひろば」で行われるメインステージ。「いっしょにわらうと、いっぱいたのしい。」をテーマにしたメインステージが毎日開催される。

  • 3階「ミュージアム」内の「ひろば」で行われるステージ

内覧会でメインステージを見たのだが、アンパンマンはもちろん、仲間たちも大勢登場し見ごたえ満点! ちなみに、アンパンマンたちはエリア内を動き回ってくれるので、ステージの前列でなくても近くに来てくれることがあるかも!

  • キャラクターたちが近くまでやってくることもある

  • くらやみまんの登場に、泣いてしまう子どもたちも……

そのほか、同じく3階の「わいわいパーク」、1階中央の広場でも、ショーやミニステージが行われる。家族みんなで楽しめるワークショップや工作などのイベントも開催される予定なので、来場前には同施設のホームページをチェックしておこう。

  • 1階「ショップ&フード・レストラン」の中央ひろばでは、約6mの吹き抜け空間を生かしたショーが毎日開催される

  • 3階「ミュージアム」内の「わいわいパーク」では、親子で楽しめるワークショップやミニステージなど、参加型のイベントが行われるそう

●設備充実で安心の「トイレ&授乳室」

これだけ見どころが充実した施設とあって長居は必至。となると、来館中に1、2回はトイレ休憩やオムツ替えが必要となる。そんなとき、パパママにとって気になるのがポイントがトイレや授乳室などの設備関係。

  • 1階フロアにある「ファミリーステーション」には、トイレや授乳スペースなどが集まっている

  • 広々としており、清潔感あるトイレ

同施設のトイレは、トイレトレーニング中の子どもにもぴったりなキッズトイレが完備されているなど子ども目線でも使いやすい仕様になっている。このほか、共用と個室が用意された授乳室、キャラクターが散りばめられたオムツ替え室、電子レンジも設置された離乳食スペースなど、まさに痒い所に手が届く充実っぷり。これなら安心して長居できるに違いない。

  • 「オムツ替え室」。子どもが退屈しないように壁や天井にもアンパンマンたちのイラストがある

  • 共用の「授乳室」

  • 奥にはカーテンで区切られた個室がある

  • 壁には「アンパンマンのマーチ」の歌詞が

  • ロッカーも豊富に用意されている

  • 館内の各所にウォーターサーバーが用意されているのも嬉しいところ

【まとめ】訪れるたびに新しい発見に出会える!

さまざまな仕掛けが散りばめられた遊具、豊富なステージ&イベント、大充実のショップ&フード・レストランなど、施設内は見どころが豊富でとても1度の来館では満喫しきれない。子どもの誕生日やシーズンごとに来館すれば違った楽しみ方に出会えるかも。また、ミュージアムエリアは有料だが、1階のショップやレストランは無料。買い物や食事を目的に訪れるのもアリだ。

  • 展示エリアの大きな壁画は迫力満点!

訪れれば、きっと子どもたちを笑顔にしてくれる「横浜アンパンマンこどもミュージアム」。ファミリーにとって、重宝すること間違いなしのおでかけスポットだ。

●Information
「横浜アンパンマンこどもミュージアム」
住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい6-2
営業時間:ミュージアム10~17時(最終入館16時)
ショップ&フード・レストラン10~18時
入場料:2,200円 ※1歳以上が対象