片平恒夫役の天野ひろゆき。

板垣恵介原作によるテレビアニメ「バキ」の第5話にて、片平恒夫巡査役でキャイ~ンの天野ひろゆきが出演する。

第5話「まだやるかい」では、花山薫対スペックの死闘が描かれる。天野演じる片平巡査は、その死闘を間近で目撃し、その様子を延々と解説するという役どころだ。以前より「刃牙」シリーズのファンだと公言してきた天野。アフレコを終えて「花山薫がどれだけ凄いかをまわりの人たちに語ってきたのが功を奏した感じです。(日頃から)言い慣れていたかもしれないですね、花山の魅力を」と語った。

そのほかプロレス界を牽引するカリスマ・猪狩完至役を梁田清之、暴走族の特攻隊長・柴千春役を鈴木達央、日本警視庁警視正の園田盛男役を石井康嗣が演じることも明らかに。キャラクタービジュアルに加え、劇中の登場シーンもひと足先に公開された。

地下闘技場の最年少チャンピオンである主人公・範馬刃牙ら地下闘技場戦士と、世界各国の刑務所から脱獄して東京に集結した死刑囚との闘いを描く「バキ」。アニメはNetflixで先行配信されており、7月よりTOKYO MX1ほかにてテレビ放送がスタートした。

キャイ~ン・天野ひろゆき(片平恒夫巡査役)コメント

テレビアニメ「バキ」への出演が決まって

花山薫が一番好きなキャラクターなんですが、その花山の魅力を語ることができるということで非常に気合を入れさせていただきました。

片平恒夫巡査を演じて

花山薫がどれだけ凄いかをまわりの人たちに語ってきたのが功を奏した感じです。(日頃から)言い慣れていたかもしれないですね、花山の魅力を。

視聴者へのメッセージ

大好きな作品に参加できるというのは本当に嬉しいことでございまして、みなさんが不満に思わないように気合入れて声をいれさせていただきました。その『バキ愛』を燃えるように感じていただければと思います。

(c)板垣恵介(週刊少年チャンピオン)/バキ製作委員会