これから季節は夏に向かい、ますます寝苦しい夜が増えていく。また、折しもサッカーW杯が盛り上がっている最中でもあり、深夜の中継に夢中になって、寝不足状態が続いているという人も多いかもしれない。今回は、マイナビニュースの男女会員504名に、「睡眠時間の長さに満足しているか」を聞いてみた。

  • Q.1日の睡眠時間は平均何時間くらいですか?

    Q.1日の睡眠時間は平均何時間くらいですか?

Q.1日の睡眠時間は平均何時間くらいですか?

  • 6~7時間未満がおよそ半数

    6~7時間未満がおよそ半数

1位「6~7時間未満」 52.8%
2位「5~6時間未満」 17.3%
3位「7~8時間未満」 13.3%
4位「4~5時間未満」 8.3%
5位「3~4時間未満」 5.4%
6位「8~9時間未満」 1.8%
7位「9~10時間未満」 0.8%
8位「2~3時間未満」 0.4%

Q.睡眠時間の長さに満足していますか?

  • 6割以上が睡眠時間に満足していないという結果になった

    6割以上が睡眠時間に満足していないという結果になった

はい 33.9%
いいえ 66.1%

■「睡眠時間の長さに満足している」

「3~4時間未満」

  • 「自分の生活スタイルに合っているので」(33歳男性/サービス/販売・サービス関連)
  • 「本当はもっと起きていたいが、翌日の効率が悪くなる」(35歳女性/流通・チェーンストア/事務・企画・経営関連)

「4~5時間未満」

  • 「このくらいがちょうどいい」(55歳男性/システムインテグレータ/事務・企画・経営関連)
  • 「ちょっと短い気がするが、自然に目が覚めてしまい、生活に特に支障もないため」(49歳男性/重電・産業用電気機器/メカトロ関連技術職)

「5~6時間未満」

  • 「自分は昼間眠くなるなどのデメリットがないし、特に睡眠不足を感じない」(55歳男性/輸送用機器/営業関連)
  • 「時間を有効に使う生活のリズムとして、良いと考えています」(50歳男性/設計/建築・土木関連技術職)
  • 「これ以上寝ようとしても、目が覚めてしまう。寝ても、かえって疲れてしまう気がする」(51歳男性/電力・ガス・エネルギー/営業関連)

「6~7時間未満」

  • 「特に体調にも問題もなく、昼間に眠気がするわけでもないから」(46歳女性/ソフトウェア・情報処理/IT関連技術職)
  • 「あまり長く寝ると体がだるくなるので、短すぎずちょうどいい」(33歳男性/海運・鉄道・空輸・陸運/技能工・運輸・設備関連)
  • 「もっと寝たい気もするが、時間がもったいないと思うこともしばしばなので」(30歳女性/教育/公共サービス関連)

「7~8時間未満」

  • 「自然に目に覚める時間で、ちょうどよいと思う」(35歳男性/その他電気・電子関連/メカトロ関連技術職)
  • 「とりあえず人並みというか、ある程度の時間は取れていると思う。睡眠の質まではわからないが」(34歳男性/その他/事務・企画・経営関連)
  • 「少しお値段のはる枕に代えたら、格段に睡眠の質が上がった。スルッと寝落ちして途中で目覚めないので、睡眠時間もキープできるようになった」(44歳女性/半導体・電子・電気機器/事務・企画・経営関連)
  • 「寝すぎても身体が痛くなるので、これくらいがちょうどよい」(43歳女性/広告・出版・印刷/事務・企画・経営関連)

「8~9時間未満」

  • 「ストレスをためないため」(51歳男性/建設・土木/営業関連)
  • 「自由な時間、寝ていられる」(33歳男性/食品/技能工・運輸・設備関連)

「9~10時間未満」

  • 「気分がよいからです」(32歳女性/インターネット関連/その他技術職)
  • 「血行を良くするために体が温まるものを飲むようにしているので、よく眠れます」(30歳女性/農林・水産/営業関連)

■「睡眠時間の長さに満足していない」

「2~3時間未満」

  • 「もっと寝たいが、時間がない」(35歳男性/コンピューター機器/メカトロ関連技術職)

「3~4時間未満」

  • 「朝4時からの仕事なので、これ以上時間を取るとプライベートがすべて睡眠になってしまう」(42歳男性/レジャーサービス・アミューズメント・アート・芸能関連/事務・企画・経営関連)
  • 「子どもが未だ小さいので、夜泣きしたりした時に起きて対応しなくてはならないので、どうしても短くなってしまう」(38歳女性/食品/技能工・運輸・設備関連)
  • 「配送業なので睡眠は重要ですが、帰宅が遅いので、時間が取れません」(57歳男性/食品/販売・サービス関連)
  • 「朝目覚めた後、さらに寝たいと思う。また、不眠で通院しているが担当医から、最低6時間の睡眠が必要と言われている」(57歳男性/医療・福祉・介護サービス/公共サービス関連)

「4~5時間未満」

  • 「夕方から夜の仕事があり、朝も家族の弁当作りがあるので、睡眠時間はこれくらい」(58歳女性/その他/その他・専業主婦等)
  • 「不眠症などではないのであまり心配はしていませんが、もう少し睡眠時間を確保した方がいいのではないかと思っています。適切な睡眠時間は6〜7時間かと思いますが、仕事上の関係で、なかなか難しいというのが現状です。年齢的に若いときほど長くの睡眠時間は必要ではありませんが、やはり睡眠時間は短いと思います」(54歳男性/広告・出版・印刷/クリエイティブ関連)
  • 「寝つきが悪いので、毎日眠る時間がどうしても遅くなります。せっかく眠りについてもトイレが近いので、夜中に何度もトイレに起きてしまい、必然的に熟睡したことがありません。慢性的な寝不足で、午後になると眠気に襲われて困っています」(50歳男性/その他/技能工・運輸・設備関連)
  • 「必ず目が覚めてしまう。朝起きてもグッタリしていて、スッキリするまで時間がかかる。夜寝るときは、夢を見ることもなく、一気に深い眠りに落ちていることも心配……」(40歳男性/教育/公共サービス関連)

「5~6時間未満」

  • 「予定している起床時間より早く起きてしまうことが多いので、もっと寝たい」(55歳男性/官公庁/公共サービス関連)
  • 「熟睡ができていないのか起きてからも身体が重く、もう少し身体を休めたいと思う。ただ仕事の都合上、どうしても長期間寝ることは不可能」(45歳男性/総合商社/事務・企画・経営関連)
  • 「具合の悪い時などは、すべてを放ったらかして寝ればもっと寝られるが、ひとり暮らしなので、普段は仕事から帰って、家事全般やっていると6時間寝れれば上等。だいたい5時間かな。足りん」(48歳女性/海運・鉄道・空輸・陸運/技能工・運輸・設備関連)
  • 「朝方目が覚めてしまい、その影響か、昼間に眠気を感じる」(37歳女性/不動産/事務・企画・経営関連)
  • 「日中デスクワークでパソコン見ていて睡魔が恐れる時があるので、やっぱりもう少しは寝ないとだめなのかな、と考えている」(36歳男性/その他メーカー/事務・企画・経営関連)
  • 「本当はもっと寝たいと思っています。理想としては7時間前後寝たいのですが、どうしても睡眠が続かず、眠気もなくなってしまうので、5時間強で起きることが多いです」(50歳男性/医療・福祉・介護サービス/専門サービス関連)

「6~7時間未満」

  • 「あと1時間くらい、寝る時間がほしい。朝起きた時のスッキリ感があまりなく、疲労が蓄積している感じがする」(40歳男性/官公庁/公共サービス関連)
  • 「もっと寝たいが、夜遅くまでやりたいことがあったりするので、早く寝られない」(61歳男性/精密機器/メカトロ関連技術職)
  • 「朝方トイレに行きたくなり、十分な睡眠ができない。トイレに行ってしまうと、そのあと寝れなくなってしまう」(63歳男性/設計/事務・企画・経営関連)
  • 「トータルだと6時間ほどは横になっていると思うが、寝付きが悪いのと途中で目が覚めてしまったりで、朝スッキリと起きられない」(43歳女性/電力・ガス・エネルギー/技能工・運輸・設備関連)
  • 「勤務が不規則なので、常に寝不足な状態。8時間以上寝たい」(49歳男性/レジャーサービス・アミューズメント・アート・芸能関連/営業関連)
  • 「実際の寝た時間は感覚ではもっと少なく、深い眠りがほしい」(57歳男性/鉱業・金属製品・鉄鋼/技能工・運輸・設備関連)
  • 「深夜に面白いテレビがあったりして、つい夜更かししてしまう」(54歳男性/海運・鉄道・空輸・陸運/IT関連技術職)
  • 「本当は体質的にロングスリーパーなのでもっと眠りたいし、頭痛持ちなのでもっと長く眠らないと辛いのですが、家のことをやったり、次の日の朝食の準備やら何やらで寝るのがついつい遅くなってしまい、満足するほどには十分眠れていない」(59歳女性/医療用機器・医療関連/専門サービス関連)
  • 「時間的には満足な睡眠時間だと思うが、数時間で目が覚めて1時間位眠れずにいて、また数時間寝るサイクル。だからかもしれないけれど、朝起きて眠気とダルさが残っている」(41歳男性/専門店/技能工・運輸・設備関連)

「7~8時間未満」

  • 「寝つきが非常に悪く、実際の睡眠時間はもっと短い。寝つきを改善したい」(47歳男性/サービス/事務・企画・経営関連)
  • 「寝起きが悪いので、もう少しだらだらと寝ていたい」(55歳男性/精密機器/メカトロ関連技術職)

「8~9時間未満」

  • 「寝つきが悪い。何度も目覚める。眠りが浅い」(54歳男性/教育/IT関連技術職)
  • 「寝ても寝ても眠いです」(54歳男性/その他/専門職関連)
  • 「不眠症なので、熟睡できるように睡眠剤を処方してもらっている。その割には眠りが浅いので、少し不満」(66歳男性/建設・土木/建築・土木関連技術職)

■総評

調査の結果、1日の平均睡眠時間は「6~7時間未満」が最多で半数以上の52.8%という結果となった。以下、2位「5~6時間未満」(17.3%)、3位「7~8時間未満」(13.3%)、4位「4~5時間未満」(8.3%)、5位「3~4時間未満」(5.4%)と続いた。「8~9時間未満」は1.8%、「9~10時間未満」は0.8%、「2~3時間未満」は0.4%とごく少数だった。また、「2時間未満」や「10時間以上」と回答した人はいなかった。

睡眠時間の長さに満足しているかとの問いには66.1%が「いいえ」と答え、3分の2ほどの人が現在の睡眠時間に不満を持っていることがわかった。これを睡眠時間別に見てみると、「7~8時間未満」では睡眠時間に満足している人が68.7%であったのに比べ、「3~4時間未満」では11.1%、「4~5時間未満」は11.9%、「5~6時間未満」は16.1%、「6~7時間未満」でも35.3%と、やはり睡眠時間が少なければ少ないほど満足度が低い傾向があった。ただし、「8~9時間未満」になると満足度は44.4%とやや下っており、多くの人が適正な睡眠時間を「7~8時間未満」程度と考えている様子がうかがえる。

現状の睡眠時間に満足している理由としては、「ちょうどいい」「調子がいい」「昼間眠くならない」「これ以上寝るとかえってダルくなる」など、シンプルなコメントが多く寄せられた。一方で、不満足な理由としては、「仕事の関係でこれ以上の時間を確保できない」「子育てに追われ、短くなりがち」「寝つきが悪い」「眠りが浅く、すぐ目覚めてしまう」「ついつい夜更かしをしてしまう」などの声が挙がった。

特に、仕事の関係でどうしても睡眠時間が少ないくなってしまうという人は多い。夜勤があったり、勤務が不規則だったりすると、なかなか十分な睡眠時間を確保するのは難しい状況が垣間見える。仕事上、運転をしなければならない場合などは、深刻な問題にもなりかねないので注意が必要だ。

また、加齢や体調の変化などで、深く眠ることができなかったり、寝てもすぐに目覚めてしまうといった声も目立った。こちらは、単に睡眠時間の長さだけではなく、睡眠の"質"もポイントになっているようだ。

そのほか、TVやビデオ、ゲームやインターネットに興じて、夜更かししてしまうというコメントもあった。こちらは自己管理の問題かもしれないが、心情的にはとても共感できる理由となっている。

これから季節は盛夏へと向かい、ますます寝苦しい夜は増えるに違いない。昼間に良質なパフォーマンスを発揮するためにも、ぜひ快適な睡眠を確保したいものだ。

調査時期: 2018年6月5日
調査対象: マイナビニュース会員
調査数: 504人
調査方法: インターネットログイン式アンケート

※写真と本文は関係ありません