寒い冬は、温かい温泉が恋しくなる季節。冬はさらに、一面の銀世界を楽しめる季節でもある。豪雪地帯として知られる北海道や東北、北陸地方の露天風呂がある温泉地へ行けば、雪見露天風呂を確実に楽しめるに違いない。しかし、中京や東京などの大都会から行く場合、長距離の道中も延々と雪景色で雪を見慣れてしまい、雪見露天風呂の有り難みも半減だ。ここでは、首都圏や中京圏方面からのアクセスも良好で、泉質も抜群の雪見露天風呂を8軒一挙に紹介しよう!

  • 万座温泉「豊国館」の雪見露天風呂

    万座温泉「豊国館」の雪見露天風呂

日本最高所の温泉街で雪見露天風呂!

「万座温泉」(群馬県嬬恋村)は標高1,800mの山中にあり、岐阜県の濁河温泉とともに日本最高所の温泉街。当然、雪も豊富でスキー場の営業期間も長いことで知られている。一般的に露天風呂は雪の影響を受けやすいので、雪が多い地方では露天風呂の整備率が低い場合も少なくないが、万座温泉は営業中の全ての旅館に露天風呂がある。

冬でも有料道路の万座ハイウェイを使用して、アクセス性も抜群。これほど雪見露天風呂を楽しみやすい条件が満たされる温泉地は珍しいが、それが本来雪が少ない関東地方にあるのだから、一層ありがたい温泉だ。

どの宿にも素晴らしい雪見露天風呂があるので、宿は好みと予算で選べば大丈夫。中でも温泉泉質で、温泉好きにオススメなのが「豊国館」。プールのように広大で深さも深い露天風呂に、熱い白濁の硫黄泉が満たされており、湯量の豊富さを実感できる。写真の露天風呂は混浴だが、他に女性専用の露天風呂もある。

●information
万座温泉「豊国館」
住所: 群馬県嬬恋村大字干俣万座温泉2401
アクセス: JR吾妻線万座・鹿沢口駅から万座温泉行きバス40分、万座高原ホテル下車徒歩1分

奥鬼怒温泉郷に送迎バスで簡単アクセス

「奥鬼怒温泉郷」(栃木県日光市)は尾瀬に近いことから、最後の林道が一般車通行止で、徒歩で行くか宿泊者向け送迎バスを利用する必要がある温泉地。普段は不便に感じるシステムだが、雪の季節には送迎が本当にありがたい。よって宿泊が前提になるが、一度は雪の時期に訪れてほしい温泉地だ。

  • 奥鬼怒温泉郷「加仁湯」の雪見露天風呂

    奥鬼怒温泉郷「加仁湯」の雪見露天風呂

宿泊者向けの送迎バスを運行しているのは、「加仁湯」と「八丁の湯」の2軒の秘湯。どちらも立派な宿なので、予算と好みで選べば問題ない。

中でも「加仁湯」は白濁の硫黄泉が魅力的。山奥の秘湯ながら鉄筋の立派なビルで、暖房が十分効くのもいい。余談だが、「加仁湯」と「八丁の湯」は夏なら歩いて日帰り入浴に行ける距離だが、冬の雪の降る中では歩くのは困難。送迎バスのありがたさを一層感じた。「加仁湯」では年末年始の繁忙期を除き、東武鉄道下今市駅や系列の長久温泉まで無料送迎する宿泊プランがあり、雪道の運転に自信がなくても気軽に雪見露天風呂を楽しめる。

●information
奥鬼怒温泉郷「加仁湯」
住所: 栃木県日光市川俣871
アクセス: 東武鉄道鬼怒川温泉駅から女夫渕行きバス1時間35分、終点で下車し送迎バス利用

穴場の温泉で雪見露天風呂を満喫

「平家平温泉」(栃木県日光市)は奥鬼怒温泉郷の手前にある穴場の秘湯で、車で直接宿に乗り付けたい人にオススメだ。一軒宿の「御宿 こまゆみの里」には開放的な露天風呂があり、冬には雪見露天風呂を存分に楽しめる。山深い温泉地なので新緑も紅葉も素晴らしく、豊かな自然環境を実感。温泉好きなら、覚えておきたい温泉だ。

  • 平家平温泉「御宿 こまゆみの里」の雪見露天風呂

    平家平温泉「御宿 こまゆみの里」の雪見露天風呂

●information
平家平温泉「御宿 こまゆみの里」
住所: 栃木県日光市川俣646-1
アクセス: 東武鉄道鬼怒川温泉駅から女夫渕行きバス1時間33分、平家平温泉下車すぐ

貸切もできる絶景の雪見露天風呂

「平湯温泉」(岐阜県高山市)は奥飛騨温泉郷の玄関口で、新宿からの高速バスも発着する交通の要衝だ。付近一帯は豪雪地帯で、雪見露天風呂を楽しむには最適な立地。上高地の西の玄関口でもあるので、上高地へ行けない冬はオフシーズン期間となるが、冬季割引宿泊料金になる宿も多い。

  • 平湯温泉「匠の宿 深山桜庵」雪見の貸切露天風呂

    平湯温泉「匠の宿 深山桜庵」雪見の貸切露天風呂

中でも「匠の宿 深山桜庵」は、大浴場の露天風呂が巨大な上に、宿泊者は無料で利用可能な貸切露天風呂も2つあり、いずれも絶景の雪景色を満喫できる。雪見露天風呂を貸し切り、本当にぜいたくな時間となるだろう。

●information
平湯温泉「匠の宿 深山桜庵」
住所: 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯229
アクセス: バスタ新宿から飛騨高山行き高速バス4時間40分・平湯温泉下車、徒歩7分。JR高山本線高山駅下車・高山濃飛バスセンターから松本行きバス1時間・平湯温泉下車、徒歩7分

北アルプスを正面に望む雄大な雪見露天風呂

「奥飛騨温泉郷」(岐阜県高山市)でもう一軒紹介したいのが、露天風呂天国として知られる新穂高温泉の「旅館 焼乃湯」。豪雪地帯の奥飛騨では雪の影響を最小限にするために、塀や樹木で露天風呂を囲んでいる宿もあり、雪が大量にあるにも関わらず、露天風呂からあまり見えずに残念に思う場合も少なくない。

  • 新穂高・中尾温泉「旅館 焼乃湯」の雪見露天風呂

    新穂高・中尾温泉「旅館 焼乃湯」の雪見露天風呂

しかし、「旅館 焼乃湯」の露天風呂は本当に開放的。周囲の雪を全部見られる上に、雪に彩られた美しい北アルプスが正面に鎮座している、雄大な眺めの雪見露天風呂だ。さらに、貸切露天風呂の方が眺めが良く、ぜいたくな雪見を貸し切りで満喫できる。山の眺めが素晴らしいので、天候がいい日を選んで訪れたい。宿に隣接して公共の無料足湯もあり、足湯からの眺めも絶景だ。

●information
新穂高・中尾温泉「旅館 焼乃湯」
住所: 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷中尾365
アクセス: 平湯温泉バスターミナルから新穂高ロープウェイ行きバス28分、中尾高原(足湯前)下車徒歩2分

歴史を感じる岩風呂で雪見の温泉三昧

奥飛騨温泉郷に隣接した長野県側の「白骨温泉」(長野県松本市)も、雪見露天風呂に最適な温泉地。名前の通り白濁の温泉なので、銀世界の雪景色に湯の色もマッチして大変に美しい。冬季は迂回が必要だったが、県道改修で国道から直接行けるようになりアクセス性も向上した。冬季も営業している旅館には、全てに露天風呂があるので、予算や好みに応じて宿を選べば大丈夫だ。

  • 白骨温泉「白船荘 新宅旅館」の雪見露天風呂

    白骨温泉「白船荘 新宅旅館」の雪見露天風呂

広くて有名な「泡の湯旅館」の露天風呂や、白樺林に面した「小梨の湯笹屋」の貸切露天風呂も素晴らしいが、温泉好きにオススメなのが「白船荘 新宅旅館」。源泉温度49.8度のお湯が毎分250Lも湧出しており、真冬でも加熱の必要がない天然の温もりを体感できる。

露天風呂はゴツゴツとした風格ある岩風呂。白船(白い湯船)が訛(なま)って白骨になったと言われる、温泉地の歴史を目の当たりにする景観だ。宿泊者専用の貸切風呂も完備しており、温泉三昧を楽しめる。

●information
白骨温泉「白船荘 新宅旅館」
住所: 長野県松本市安曇白骨4201
アクセス: アルピコ交通上高地線新島々駅から白骨温泉行きバス1時間23分、終点下車徒歩10分(冬の路線バスは全便乗鞍高原温泉経由で運行)

温泉泉質が極上の雪見露天風呂で極楽

関東地方から本格的な雪見露天風呂を楽しむ場合、関越道や上越新幹線で新潟県へ向かうのが最も手っ取り早い。中でもオススメなのが六日町の「五十沢温泉(いかざわおんせん)」(新潟県南魚沼市)。全国的な知名度はないが、泉質極上の宿として温泉マニアの間では有名だ。

  • 五十沢温泉「ゆもとかん」

    五十沢温泉「ゆもとかん」

大浴場も露天風呂も混浴で露天風呂は大浴場の先にあるので、通常は女性にはハードルが高いが、冬は大浴場に湯気が立ち込めて視界が効かないので、女性にも好都合。つるつるすべすべで、ほのかに硫黄の香りもする極上の湯の良さを実感すれば、混浴であることも忘れてしまうに違いない。混浴大浴場の他に、男女別の内湯小浴場も完備している。

●information
五十沢温泉「ゆもとかん」
住所: 新潟県南魚沼市宮17-4
アクセス: JR上越線六日町駅から車で10分。宿泊者は予約制の送迎あり

地熱発電所の温泉暖房で南国のような暖かさ

最後に東北地方の本格的な雪見露天風呂を紹介しよう。「松川温泉」(岩手県八幡平市)は日本初の地熱発電所がある温泉地として知られるが、その最大のメリットが発電所から供給される地熱による温泉暖房。これにより旅館の内部が真冬でも南国のように暖かく、快適に滞在できる。

  • 松川温泉「峡雲荘」の雪見露天風呂

    松川温泉「峡雲荘」の雪見露天風呂

松川温泉は岩手県の山間部にしてはアクセス性も良好。中でも一番奥にある「峡雲荘」は宿の敷地内にバス停があり、雪道を延々と歩くことなく宿に到着できるし、バスを待つのもロビーで待っていられる。

松川温泉「峡雲荘」は高台にあり、露天風呂からの眺めも開放的。豪雪地帯だが露天風呂は常に温かく保たれており、豊富な湯量を物語っている。写真は混浴露天風呂だが、白濁の硫黄泉なので入ってしまえば全く見えない。他にも女湯の大浴場に女性専用露天風呂が完備している。

●information
松川温泉「峡雲荘」
住所: 岩手県八幡平市松尾寄木松川温泉
アクセス: JR東北新幹線盛岡駅から松川温泉行きで約2時間、終点下車すぐ

今回は冬季の交通アクセス性や温泉泉質の良さ、眺めの良さから厳選して紹介したが、雪見露天風呂は他にも無数にある。また、近年は雪まつりや氷濤まつりなど、各地で冬季限定イベントを実施しているので、イベント期間中に行くと一層楽しいに違いない。この冬こそ、絶景の雪景色と温泉を同時に堪能していただきたい。

筆者プロフィール: 藤田聡

温泉研究家、オールアバウト「温泉」「紅葉スポット」ガイド。温泉旅行検定試験で2年連続日本一になり、検定協会から「温泉旅行博士」の称号を授与される。温泉地を中心に周辺観光地の取材・撮影を行い、海外旅行にも決して負けない、国内旅行の奥深い魅力をメディアで発信中。紅葉や一本桜、夜景や四季の花などの絶景スポットにも精通している。