外国人がシーツを交換する頻度は?

快適な眠りのためには、干したばかりのふかふかの布団のほかに、清潔なシーツも必要不可欠だ。しかし、シーツをどれぐらいの頻度で交換するかは個人差がありそうである。

今回は、日本在住の外国人20名に「シーツの交換頻度」について聞いた。理由とあわせて紹介しよう。


Q.ベッドのマットレスや敷布団のシーツを取り替える頻度はどれぐらいですか? 理由とあわせて教えてください。

■1週間に1~2回
・「週に1回。新しいシーツの感覚が好きなので、できる限り頻繁に取り替えるようにしている」(ウクライナ/30代前半/男性)
・「1週間目でほこりがたくさんついてるので、取り替えます」(モロッコ/30代前半/男性)
・「週に1~2回程度です。汗などでどんどん臭くなっていくからです。きれいなシーツの新鮮さが好きです」(ブラジル/40代前半/男性)
・「1週間に一度、清潔だと思うので」(ドイツ/40代後半/女性)
・「週に1回。キレイなまま使いたいから」(タイ/30代前半/女性)
・「週1回。平日はやる時間がないから、土日になってしまう」(フランス/30代前半/女性)
・「1週間に2回くらいです。柔軟剤の香りがするとぐっすり眠れそう」(モンゴル/40代前半/女性)
・「1週間に一度。夜寝るときだけ使うので、そんなに汚れない」(インド/30代後半/女性)
・「週1回。ダニやハウスダストのアレルギー持ちですから」(キルギス/30代前半/女性)
・「週に一度です。清潔が好きで、小さい子供がいるからです」(ポーランド/40代前半/女性)
・「夏のときは週1回です。冬だと月2回程度です。夏に汗をかきますので、シーツが汚れます」(アメリカ/20代後半/男性)

■2週間に1回
・「2週間1回。普段毎日除菌スプレーを使用しているから、2週間に1回の洗濯でいいかなと何となく思っただけ。特に深い理由はない」(台湾/20代後半/男性)
・「2週間に1回です。私はいつもエアコンを使って、そこまで寝るときに汗を出していないからです。日本人は寝るときに汗をかくというのをよく聞きますが、不思議だと思っています」(ロシア/30代前半/女性)
・「月2回。汚れやニオイに気づくたび」(トルコ/30代後半/男性)

■1カ月に1回
・「1カ月に1回。それぐらいの頻度は一般的だと思うから。頻度を少なくすると、ニオイがするため」(インドネシア/30代前半/男性)
・「月1回です。清潔のためです」(エジブト/30代前半/男性)
・「冬は2カ月に1度、夏は1カ月に1度。韓国では家事をやっていなかったので、比較はできないが、日本は頻繁に替えないとすぐ臭くなるし、湿って嫌になる」(韓国/30代前半/女性)

■その他
・「2~3カ月に1回程度でしょうか」(イタリア/30代前半/男性)
・「6カ月ごと。シーツを取り替えるのに適切」(ベトナム/30代前半/女性)

■総評
シーツの交換頻度は「1週間に1~2回」という人が多かった。理由には、「清潔のため」「ダニやハウスダストのアレルギー対策」「柔軟剤の香りでぐっすり眠れそう」などが挙がっている。シーツは汗を吸収するため、一定期間使い続けるとニオイが発生してしまう。汗をかきやすい季節は、必要に迫られて、頻繁に交換している人も多いことが想像できる。

一方で、汗によるニオイが気にならない季節は「2週間に1回」「1カ月に1回」などと間隔があくようで、中には「2~3カ月に1回」「6カ月ごと」という回答も挙がっている。また、洗濯の代わりに除菌スプレーをすることでニオイを予防している人もいた。

感じ方は人それぞれだが、多くの人にとって、汚れやニオイが気になったときがシーツを交換するタイミングとなっているようだ。

※写真と本文は関係ありません

調査時期: 2017年1月23日~2017年2月28日
調査対象: 日本在住の外国人
調査数: 20人
調査方法: インターネット応募式アンケート