職場によっては悩むことも多いだろう言葉が「施工」です。特に工事関係のお仕事に就いている方は、この「施工」の読み方が違うと指摘されてしまうことも多いとか。果たして「施工」は「せこう」と「しこう」、どちらを使うべきなのでしょうか?マイナビニュース会員に聞いてみました。

Q.「施工」の読み方、どちら派ですか?

「せこう」 86.0%
「しこう」 14.0%

■「せこう」派の意見

・「建設会社に勤めているので、『せこう』と普段から言っている」(28歳女性/建設・土木/技術職)
・「せこうだとわかるけどしこうだと思考とか施行とおもうから」(30歳女性/電力・ガス・石油/事務系専門職)
・「せこう、しこうは、思考や嗜好、試行等の他のしこうと勘違いするからです」(29歳男性/運輸・倉庫/技術職)
・「親が仕事でよく使う言葉で、せこうって言ってるから」(22歳女性/情報・IT/技術職)

■「しこう」派の意見
・「学校のテストでしこうと書いた記憶があるから」(25歳女性/商社・卸/秘書・アシスタント職)
・「まわりもほとんどこの読み方を使っているから」(22歳男性/食品・飲料/販売職・サービス系職)
・「小学校でそう習ったから」(31歳男性/商社・卸/事務系専門職)
・「家を建てたときに、業者の方がしこうと言っていたから」(53歳男性/電機/技術職)

■総評

辞書によれば「施工」を「しこう」と読むか、「せこう」と読むかで意味が少し変わり、「しこう」と読む場合は「工事を行うこと」、「せこう」と読む場合は「工事を実施すること」と、紹介している辞書があります。ただし辞書の中には、読み方は違えど2つとも同じ意味の言葉と紹介しているものもあり、「施工」の読み方や、読み方による意味の違い、正しい使い方等も正確には定まっていないようです。ひとまず現状は「しこう」と「せこう」、どちらで読んでも間違いはなさそうです。

今回の調査では「せこう」と読む方が86.0%、「しこう」と読む方が14.0%という結果になりました。もともと施工は「しこう」と読むものだったのが、法律で使われる「施行」と区別するために、工事関係者の間で「せこう」と読まれ出すようになり、「せこう」という読み方が広がったのだとか。それを受けてNHKでも施工を「セコウ」、施行は「シコウ」と読みわけているそうです。ただし法律で使われる「施行(しこう)」という言葉は、「執行」と区別するために「施行(せこう)」と読まれることもある様子。同じ読み方で、違う言葉が入り乱れている「しこう」と「せこう」。まだまだ混乱は続きそうです。

調査時期: 2014年6月5日~2013年6月7日
調査対象: マイナビニュース会員
調査数: 男性137名 女性163名
調査方法: インターネットログイン式アンケート