ボウリングのイメージアップに貢献した著名人に贈られる「第17回ボウリング・マスメディア大賞」の表彰式が14日、都内で行われ、グランプリを受賞したアイドルグループ・AKB48の大島優子、野呂佳代、佐藤亜美菜、秋元才加、特別貢献賞を受賞した笑福亭鶴瓶が出席した。

グランプリを受賞したAKB48のメンバー、大島優子

ファンとの交流でボウリング大会を多数開催し、ボウリング界に貢献したという理由からAKB48がグランプリを受賞。表彰式に出席したメンバーの大島は「ボウリングに貢献できてうれしい。もっと新世代の子たちにもボーリングを知ってほしいですね」と受賞の喜びを語った。また、最高スコアを聞かれると野呂は「調子のいい時で113くらいです(笑)」と話し、個人賞を受賞した土田晃之から「それでいいのかよ?」とツッコミを入れられていたが、大島はすかさず「AKBの中でハイスコアです。大会もファンとの交流が目的ですから」と胸を張った。

元旦に放送されたバラエティー番組『志村&鶴瓶のあぶない交遊録』(テレビ朝日系)に出演し、志村けんとナイティナインとともにボウリング企画にチャレンジしたことが評価され、特別貢献賞を受賞した鶴瓶は、賞金50万円とボウリング・50ゲーム無料券を手にすると「この賞は僕だけに頂けたんですよね?」と何度も念押し、「志村さん、岡村、矢部! これは僕だけの賞です!」とメッセージを送り、会場の笑いを誘っていた。

前列左から、はるな愛(特別賞)、笑福亭鶴瓶、大島優子、野呂佳代、佐藤亜美菜、秋元才加、後列左から、モト冬樹(特別賞)、土田晃之、ザ・たっち