9月1日にさいたまスーパーアリーナで開催される「マイナビ presents 東京ガールズコレクション 2018 AUTUMN/WINTER」。「FOREVER GIRLS」のテーマに沿って、未来へ続くTOKYOの最先端トレンドを発信していく。マイナビニュースでは「TGC 2018 A/W 6人の飛躍」と題し、TGC出演と時を同じくして活躍の幅を広げたモデルをピックアップし、TGCへの思いや知られざる秘話を聞く。

第1回は、“みちょぱ”の愛称で親しまれる池田美優(19)。今春まで『Popteen』専属モデルとして多くの若者の心をつかむ一方、最近ではバラエティでも存在感を発揮し、お茶の間にも知られる存在となっている。自身にとっての想定外のバラエティで、なぜブレイクすることができたのか。そこには「ギャル」「自然体」と共に、「裏の顔」が大きく関係していた。

  • 池田美優

    池田美優(いけだ・みゆう) 1998年10月30日生まれ。静岡県出身。A型。“みちょぱ”の愛称で同世代の女性に支持され、ファッションイベント「TOKYO GIRLS COLLECTION」、「Girls Award」など多数のファッションショーに出演し、最近はバラエティ番組を始めとしたTV番組にも出演し話題となっている。

「やばい」を救った歓声

――TGCでもすっかりおなじみになりましたね。

ありがたいですね。初めて出たのは2年ぐらい前だったと思います。それまでお客さん側で参加したことはなかったんですが、LINE LIVEやニュースで携帯越しには見ていました。TGCといえば、ファッションショーの中でも一番レベルが高いイメージがあって、他のファッションショーにいくつか出せていただいて、TGCから出演のお話をいただきました。

――満を持しての初オファー、どのようなお気持ちでしたか?

やっぱり、うれしかったです。ついに出れるようになったんだと思って。『Popteen』はギャルのイメージが強くて、その頃はそこからTGCに出ているのは(藤田)ニコルと私ぐらいでした。そういう部分でもすごくうれしかったです。

――われわれでは想像つきませんが、数万人が取り囲むランウェイは格別でしょうね。

あまり緊張しないタイプなんですけど、めちゃくちゃ緊張して(笑)。ファッションショーに出たてのころは、歩き方も知らないのでウォーキングレッスンに通っていたんですが、先生も「がんばってきな!」って励ましてくれて。「よし!」と気合いを入れて行ったんですけど、いざ本番になると「あ……次、私だ」「やばい」とそわそわ。そんな感じでしたが、歓声に救われました。なんか、安心するんです。「私のこと、知ってくれてる人いたんだ」って。

――それ以降、地方開催にも出演されていますね。回数を重ねる中で、新たに見えたことなど変化はありましたか?

もちろん楽しさを感じますが、昔に比べて知名度が上がったのもあって、堂々と自信をもって歩けるようになりました。最初の頃は、周りの先輩方を見て「やっぱり、すげえ……」と圧倒されて。今では後輩も増えたので、むしろ「自信をもって歩かなきゃいけない」と。

――TGCの出演者は、世代交代してるんですよね。

そうですね。今も年齢は下の方ではあるんですけど、昔よりはちょっと先輩になりました(笑)。トップバッターやラストを歩かせていただく機会も増えたので、自分自身も成長してその姿をTGCで見せられるのはすごくうれしいです。半年に1回ぐらいの開催ペースに出させていただいてるんですが、出演する度に歓声が大きくなって。2年前ぐらいからテレビに出させていただいて知名度も上がったのかなと思います。

――次回の9月1日開催もさらに歓声が大きくなっているでしょうね!

だといいなぁ(笑)。

藤田ニコルブレイクも「私には絶対にできない」

――最近もバラエティでよくお見かけします。そういえば、『ナレーター有吉』(テレビ朝日系・8月15日放送)も面白かったです!

面白いですよね(笑)。でも、有吉さんのおかげなんです。私もめちゃくちゃ楽しい収録でした。

  • ナレーター有吉

    8月15日に放送された『ナレーター有吉』(テレビ朝日系)

――初めてのバラエティ出演はダウンタウンDX』でしたよね? 今から2年半ほど前になります。

そうですね。しゃべるとバカがバレるから(笑)、そこまでバラエティに出たくはなかったんですよ。当時はニコルの“おバカキャラ”がブレイクしていた頃。ニコルがそれだけがんばってるのを間近で見ていたので、私には絶対にできないし、何よりもバカがバレちゃうので(笑)。そうやって悩んでいたころ、『ダウンタウンDX』のお話をいただきました。

――池田さんのブレイクは何かきっかけがあったんですか?

それほどしゃべっていませんでしたし、VTRも多かったので……何かがあってドカーンとなったわけじゃなくて、ちょっとずつ出ていったら、今もそれが続いているような感じです。

――バラエティで売れるための工夫や戦略も全くなかったんですか?

そうですね。本当に私、「キャラ」みたいなのを作るのが苦手で。だから、演技もできないんですよ。誰かになりきるみたいな。本当にそういうのができないので、「自然体で無理だったら無理」と諦めがつく。そういうことでストレスもためたくないんです(笑)。キャラを作ると、きっと疲れちゃうじゃないですか? こんな調子なので、そこまで長くは続かないだろうと思っていました。決まったフレーズもないですし(笑)。何キャラなの? と聞かれても、自分自身のままなので私も分からない。芸人さんが好きなので、収録も楽しませていただいて、それが意外と2年半も続いているんですよね。とっても、ありがたいです。

――演技苦手なんですか? 東京都のボランティアPR動画「ちょいボラ」で菅谷哲也さんと共演されていますが、全然違和感なかったですよ。

実は、ほとんどセリフないんですよ(笑)。本当に演技ができないことを伝えてあったんですが、出させていただいて。セリフは少なかったですけど、がんばりました。

――今後、オファーがあったらどうします?

自然体でいられるのであれば(笑)。でも、全然違う人格の役だったりしたらできません。「演技に対して私が一生懸命になれない」と分かっているので、ガチでやっている方々に申し訳ないというか。やるならちゃんとしたい。でも、そこで力が出せないことは分かっているので。

“ギャル”だからこそ意識すること

――「自然体」とおっしゃっていますが、バラエティ収録の現場で何か心がけていることはありますか?

なんだろう……私の世間的な好感度はたぶん、「好き」か「嫌い」かハッキリ分かれていると思います。そこはしょうがないのであまり気にしてないんですけど、「裏の好感度」の方が大切で。見た目でマイナスになるので、その分、裏ではちゃんとしていないといけない。例えば収録が終わって、スタジオに共演者の方々が残っていたら、絶対に一番最後に出るとか。そういうことは心がけています。

――誰かから教わったんですか?

初めてテレビに呼んでいただいた時に、マネージャーから「お前が一番後輩だから」と言われたんです。それから今も続けています。

――スタッフや共演者の信頼は、そういうところからも生まれるのかもしれませんね。

それは裏側というか、カメラが回っていないところでやっているだけのこと(笑)。私にとってはそれが普通なんです。

――ボランティアも池田さんのイメージにはなかった一面なんですが、テレビ朝日のトライアル枠番組『ギャル、田舎を救う。』(8月15日・22日26:25~)もボランティア要素が強い番組ですね。池田さんをはじめ、世間的にネガティブなイメージをもたれやすいギャルたちが有志で参加し、田舎の人々を手助けする内容です。

めちゃくちゃハードでした! 22日に放送される回は台風が近づいていた頃で、暴風警報が出ている中で合羽を着ながら一生懸命野菜を収穫して(笑)。テレビを観ている人の中にはバラエティを観てヤラセと思われる人もいるかもしれませんが、ガチを求めるスタッフさんなので「私もやるしかない!」と気合いを入れました。

それから、「ちょいボラ」でボランティアに関わるお仕事も多くなったので、自分にとってもそういうことを学べる場所だと思いました。その上、助けを求めてた方が人手不足で深刻な悩みをかかえているおじいちゃんやおばあちゃん。これだけ困っている人がいるのに、「若者って何してるんだろう」と思っちゃいました。

――ギャルは外見と内面にギャップがある人が多いと聞きますが、今回の参加者含め、池田さんの周りはいかがですか?

私のまわりは中身がしっかりしている人が多いですね。でもたまには、見た目通りのすっごいクズもいますよ(笑)。ギャルは見た目がマイナスな分、付き合っていくとプラスになっていく一方なので、私はラッキーだなと思います。もし、期待に応えられなくてもマイナスはマイナスのままで終わるだけ。本当にギャルは得していると思います(笑)。

――確かに今日は池田さんの新たな一面を垣間見られたような気がします! さて、そろそろお時間です。9月1日開催のTGCテーマ「FOREVER GIRLS」から連想するものは何ですか?

私のママは47歳になるんですが、今でもジムに通ったり、マツエクやネイルしたり、美容室に行ったり。自分の美を磨き続けています。私も歳をとっても、美に関してはちゃんとしてたいです。

――物心ついた時から目の前にお手本がいたわけですね。

そうですね。私が化粧をしはじめたときにもいろいろと教えてくれたので。私もママみたいに、いつまでも女子でいたいです。

池田美優 サイン入りチェキプレゼント

<応募〆:8月28日>

池田美優さんのサイン入りチェキを1名様にプレゼントします。

  • 池田美優

応募要項

■応募期間:2018年8月22日から2018年8月28日23:59まで
■内容:池田美優 サイン入りチェキプレゼント
■当選人数:1名様

応募方法

1.マイナビニュースエンタメch公式Twitterをフォロー

2.応募ツイートをリツイート

当選者には応募締め切り後、マイナビニュースエンタメch公式Twitterからダイレクトメッセージにて、送付先情報(送付先住所、受取人氏名、電話番号)を伺います。

※ダイレクトメッセージ送信後48時間以内にご連絡のない場合や、フォローを外された場合(その場合ダイレクトメッセージを送付できません)は当選を無効とさせていただきます。

当選条件 日本国内にお住まいの方 <個人情報取扱いについてのご注意> 応募にあたって以下を必ずお読みください。応募には以下の「個人情報取扱いについて」に同意いただく必要があります。「個人情報取扱いについて」に同意いただけない場合はプレゼント抽選の対象となりません。

(1)個人情報取扱いについて:マイナビでは個人情報保護マネジメントシステムを構築し、正しい個人情報の取扱および安全管理につきましてできるだけの体制を整え、日々改善に努めています。当社が運営するマイナビニュースにおいて、読者の皆様からお預かりする個人情報は、プレゼントの発送などに利用いたします。

(2)開示等、個人情報の取り扱いについてのお問い合わせ:株式会社 マイナビ ニュースメディア事業部 編集部 〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1パレスサイドビル news-reader@mynavi.jp

(3)個人情報保護管理者:株式会社 マイナビ株式会社 ニュースメディア事業部 事業推進部長 news-personal_data@mynavi.jp