いまなお昭和の雰囲気を残す中央線沿線の穴場スポットを、ご自身も中央線人間である作家・書評家の印南敦史さんがご紹介。喫茶店から食堂まで、沿線ならではの個性的なお店が続々と登場します。今回は、高円寺の喫茶店「Café ブーケ」です。

  • "普通の味"を守り続けて50年「Café ブーケ」(高円寺)(写真:マイナビニュース)

    "普通の味"を守り続けて50年「Café ブーケ」(高円寺)


いつでも行ける喫茶店へようやく訪問

もうずっと前からその存在は知っていたし、多少なりとも気になってはいたのに、一度も入ったことがなかったー。

そんな、"気分的に、遠くもなければ近くもない"お店があるものです。たとえば、以前にご紹介した三鷹の「プリモ」がまさにそれ。

高円寺の「Café ブーケ」も、やはりそういうタイプなのです。東京メトロ丸の内線の、新高円寺駅を出てすぐ。つまり青梅街道沿いなので、JRの高円寺駅からだと少し歩くことになります。

青梅街道沿いは日常的に走っている自転車ルートでもあるので、もうずっと前から気にはなっていたのです。なのに何十年も時間を過ごしてしまったのは、「近いんだから、いつでも行けるだろう」というような思いがあったから。

でも、そういうことを言ってると、結局はいつまで経っても距離は縮まらないものなんですよね。そこで今回は、ようやくお邪魔してみたという次第です。

お昼ちょっと前だったこともあり、店頭には「ランチセシト」にも見える「ランチセット」の看板が出ています(憎めない)。基本的にカレーとスパゲティの2種なのですが、それぞれのバリエーションが意外なくらいに充実しているのです。これは期待できますね。

  • 「セット」が「セシト」に見えるところもご愛敬

特等席でいただく"特製カレー"のお味は?

店内は奥にカウンターがあり、左側には4人がけのボックス席が3つ、そして窓際に2人がけの席が2つ。思っていたより広いかな。

ご夫婦で切り盛りされているようで、入ったらすぐに奥様らしき方から「おひとりですか? 窓際の席へどうぞ」と声がかかりました。

大きな窓の向こうには、青梅街道を行き交う人の姿が見えます。ひとりでぼーっとしたいなら、ここは特等席ですね。

  • 窓際の席は眺めも抜群

焦げ茶色の柱や天井、ソファが、アイボリーの壁とマッチしています。年月の経過を感じさせますが、掃除が行き届いているのでとても清潔感があります。ちなみにBGMはJ-WAVE。

すぐに奥様がお水とおしぼり、そしてランチメニューを持ってきてくださいます。が、店頭でチェックした時点で、もう決めていたのです。いちばん上に書かれた「ブーケ特製カレー」にしようと。

なにしろ、「特製」でトップ表示ですからね。おそらく自信のメニューなのだろうと推測したわけです。で、暖かい日だったので、ドリンクはアイスコーヒーを。

なお先客は、すぐ横にいた老夫婦と、奥の席に男性客2人のみ。この日は新型コロナウイルスの緊急事態宣言が発令される前だったのですが、それでもやはり外出されている方は多くないのかもしれません。

と思いきや、お昼を過ぎたらすぐにランチ目当てのお客さんが数組。きっと、ご近所にお勤めなのでしょう。日常の一コマとして利用しているという雰囲気だったので、「ランチのお店」として認知されているのかもしれません。

などと考えていたら、ほどなくブーケ特製カレーが登場。なるほど、こういう感じですか。意外なくらいシンプルですね。

  • いたってシンプルな「ブーケ特製カレー」

「特製」と銘打っているので、いろいろなものが添えられているのかとも思っていたのですが、でも、それは想像力がなさすぎかも。本来、なにかを添えるから特製なのではなく、味に自信があるからこそ特製なのですよね。

じっくり煮込まれているようで、具材はほとんど形を残していません。だから余計シンプルに見えるのですが、食べてみればコクの深さにビックリ。ほどよい辛さのなかに、爽やかな酸味が感じられます。

基本的には"普通のカレー"です。けれど、そもそも、しっかり手をかけなければ"普通"にはならないはず。そんな当たり前のことを、改めて実感させてくれるのです。

  • じっくり煮込まれたカレーソース

食後のアイスコーヒーも、やはり、いい意味で"普通"。学生時代にコーヒーショップでアルバイトしていた経験から推測すると(何十年前の話だよ?)、これもまた、手を抜かず、昔ながらの方法で淹れられたアイスコーヒーです。

  • アイスコーヒーも爽やかな味わい

いいなあ、ここ。
「このお店、いつからあるんですか?」

お会計のときに伺ってみたら、シャイな感じの奥様がニッコリ笑ってレジ横の装飾物を指差しました。見ればそこには、「BOUQUET 50」の文字が入った小さなバルーンが。

  • 今年でちょうど50周年

そっかー、50年も続いてるのかー。奇をてらわず、開店当初からのスタイルを頑なに守っているからこそ、それだけの歳月を乗り越えてこられたのでしょうね。さすがです。


●Café ブーケ
住所:東京都杉並区高円寺南2-20-3
営業時間:9:00~20:00
定休日:不明

※取材は緊急事態宣言発令以前に行ったものです

印南敦史

作家、書評家。1962年東京生まれ。音楽ライター、音楽雑誌編集長を経て独立。現在は書評家として月間50本以上の書評を執筆。ベストセラー『遅読家のための読書術』(ダイヤモンド社)を筆頭に、『読んでも読んでも忘れてしまう人のための読書術』(星海社新)ほか著書多数。最新刊は、『書評の仕事』(ワニブックスPLUS新書)。6月8日、「書評執筆本数日本一」に認定。