コンビニやスーパーで売っている焼鳥串。これを活用したパパッとアレンジチャーハンを東京・青山の中華料理店「Essence」のオーナーシェフ・薮崎友宏さんに考えていただいた。ベースとなるのはシンプルな玉子チャーハンだが、トッピング次第でこんなにもおいしそうな見た目に仕上がる。焼鳥やマヨネーズとこってり目の味付けだが、梅干の爽やかな酸味で食べ飽きない。

「プレーンチャーハン 鶏皮の梅マヨのせ」

材料(1人前)
ごはん 180g / 大葉 2枚 / 梅干し 1個 / マヨネーズ 50g / 卵 1個 / 鶏皮串(塩) 3本分 / サラダ油 大さじ2(卵炒め用大さじ1・鶏皮炒め用大さじ1)
1.ごはんは電子レンジで温め、ボウルに入れておく。
2.大葉を手でざっくりとさく。梅干しは、種を取り除き、包丁で細かく叩く。大葉1枚分(残りは飾り付けに使用)と梅干しをマヨネーズで和える。
3.フライパンを温めてサラダ油を入れる。ここに溶き卵を一気に流し入れ、軽くかきまぜつつまとめて全体に火が通ったところで1のボウルに移す。ごはんと玉子をしっかりと混ぜ合わせる。
4.火にかけたフライパンに再度サラダ油を入れ、串からはずした鶏皮を中火で炒める。
5.表面がカリッとしてきたら、2のマヨネーズに加えて和える。
6.3の玉子チャーハンを器に盛り付け、5をのせる。2の残りの大葉を飾る。

玉子チャーハンには味を入れていないので、全体を混ぜて食べよう。焼鳥は、今回は鶏皮を使ったが、もちろん他の部位でもOK。さらには唐揚げで代用してみるのもオススメだ。その場合は電子レンジで温めてから手順2のマヨネーズと和えるようにしよう。

教えていただいた料理人

「Essence」オーナーシェフ兼ソムリエ
薮崎友宏さん


横浜中華街の老舗「菜香新館」にて修業を開始。26歳で立川店の料理長に抜擢される。その後、広東省で家庭料理を学び、北京の大学で薬膳の研修を受ける。中国政府認定の国際薬膳調理師の資格も有する。2007年3月に東京・青山「Essence」料理長、2008年に同店オーナーシェフに。同店では薬膳も取り入れ、広東料理をベースにした料理を提供。チャーハンは4種類を用意し、近隣へのデリバリーも行っている。

「Essence」
住所: 東京都港区南青山3-8-2 サンブリッジ青山1F
TEL: 03-6805-3905

この連載では、家庭で再現しやすいよう、卓上コンロと一般家庭にあるテフロンフライパンを使って調理していただいています。

撮影: 中村浩二