キャンプの朝ごはん缶詰レシピです。確かに缶詰を使えば時短になるし、手間も掛からず便利。でも食べ終わったら空き缶が残ります。持ち帰るのが面倒じゃないですか?

「いえいえ、どうせビールの空き缶とかワインの空き瓶とか出るし。一緒に持ち帰ればいいんです」と博士。えーと、例えがすべてお酒ですよ?

「缶に残った汁もパンに吸わせて食べればきれいになります。切り口でケガをしないよう、箸やフォークを使ってくださいね」とのご注意もいただきました。

  • 明治屋/おいしい缶詰・牛トリッパとオリーブのトマト煮込み 90g 500円(税別)(写真:マイナビニュース)

    明治屋/おいしい缶詰・牛トリッパとオリーブのトマト煮込み 90g 500円(税別)

珍しい料理も缶詰なら缶た~ん!

缶詰を使ったキャンプだから“缶プ”。大事な言葉なので今週も言わせていただきました。
缶プのいいところは珍しい料理も食べられること。例えば、イタリアはフィレンツェの名物料理・トリッパのサンドイッチなんかも食べられるのだ。

トリッパは牛の胃(ハチノス)をトマトソースで煮込んだもの。フィレンツェの街角では、熱々のトリッパをパンに挟んで売っている。そんな珍しメニューも、明治屋の「おいしい缶詰・牛トリッパとオリーブのトマト煮込み」があれば缶た~ん!

  • トリッパ缶は湯せんする

    トリッパ缶は湯せんする

お湯は再利用

まずはトリッパ缶を湯せんで温める。あらかじめ缶をきれいに拭っておけば、お湯はあとでコーヒーや紅茶に使える。あるいは洗いものに使ってもいい。キャンプでお湯は貴重であります。

  • パンに切り目を入れる

    パンに切り目を入れる

1缶で2人分

トリッパ缶が温まるまでのあいだに、パンに切り目を入れておく。うまいこと切れなくて真っ二つになっても問題なし。

小さめのパンを使えば、1缶で2人分が作れますぞ。

  • トリッパ缶の内観

    トリッパ缶の内観

モツ臭は極小

そうこうするうちにトリッパ缶が温まったので開缶。熱湯に5分も浸けておけばOKだ。トマトの甘酸っぱい匂いとオリーブの実の匂い、そしてほんのりモツ臭。このモツ臭はかなり薄く、モツ好きからすれば物足りないかもしれない。それほど肉の下処理を丁寧にしているわけだ。

  • パンに乗せる

    パンに乗せる

缶汁も忘れずに

トリッパをパンに乗せる。具を乗せ終わったら、美味しい缶汁もぬかりなく掛けてやること。そのせいでパンがぐしょぐしょになってもよし。フィレンツェでもそんな風にして売っております。

  • トリッパサンド

    トリッパサンド

トマト味が染みてる

かくのごとし。野外とは思えないほど本格的な料理感が出ております。冷めないうちにかぶりつくと、香ばしいパンの奥からトリッパのうま汁がじゅっと湧き出てくる。トリッパの歯応えはさくさく&ムニムニで、簡単に噛みきれるのは缶詰ならでは。

トマト味が中まで染みてて、思わず朝から「ウマー!」と叫びそうになる。イタリアかぶれの人なら迷わず「ブォーノ!」と叫びましょう。

缶詰情報
明治屋/おいしい缶詰・牛トリッパとオリーブ 90g
価格500円(税別)
明治屋ストアーやオンラインショップなどで購入可

筆者プロフィール: 黒川勇人/缶詰博士

昭和41年福島県生まれ。公益社団法人・日本缶詰協会認定の「缶詰博士」。世界50カ国以上・数千缶を食している世界一の缶詰通。ひとりでも多くの人に缶詰の魅力を伝えたいと精力的に取材・執筆を行っている。テレビやラジオなどメディア出演多数。著書に「旬缶クッキング」(ビーナイス/春風亭昇太氏共著)、「缶詰博士が選ぶ!『レジェンド缶詰』究極の逸品36」(講談社+α新書)、「安い!早い!だけどとてつもなく旨い!缶たん料理100」(講談社)など多数。
公式ブログ「缶詰blog」Facebookファンページも公開中。