映画『TANG タング』(8月11日公開)のジャパンプレミアが14日に都内で行われ、二宮和也、満島ひかり、市川実日子、小手伸也、奈緒、京本大我(SixTONES)、山内健司・濱家隆一(かまいたち)、景井ひな、武田鉄矢、三木孝浩監督が登場した。

  • 前列左から小手伸也、満島ひかり、タング、二宮和也、市川実日子、奈緒。後列左から武田鉄矢、景井ひな、京本大我、濱家隆一、山内健司、三木孝浩監督

    前列左から小手伸也、満島ひかり、タング、二宮和也、市川実日子、奈緒。後列左から武田鉄矢、景井ひな、京本大我、濱家隆一、山内健司、三木孝浩監督

同作はイギリスのハートウォーミング小説『ロボット・イン・ザ・ガーデン』の映画化作。ゲーム三昧で妻に捨てられた、ダメ男・春日井健(二宮)はわけあって無職で人生に迷子中だが、ある日、家の庭に突然現れた記憶を無くした不良品ロボット・タングに出会う。迷子同士の運命の出会いは、ポンコツコンビの驚きにみちた壮大な冒険の幕開けとなる。

1,500人規模の会場に、二宮は「僕自身、こんなにもたくさんの人の前に立ったのは久しぶりなので、懐かしさすら感じます」としみじみ。なぜか「憧れのかまいたちさんと共演することができて、本当に嬉しく思っています」と終始"かまいたちいじり"をする。

撮影の休憩中には濱家とトランプをしていたそうで、濱家が「僕が番組で手品をやる時にネタがないのでくださいと言って、二宮さんから手品を教えてもらって、生放送の本番中に『昨日二宮さんに教えてもらいました』と言ったんですよ。でも(撮影中の)映画の情報を出したらあかんから、この1年半、二宮さんのファンがTwitterで『濱家との共演はなんだったんだ』と」と、ざわつかせていたという。

そんな2人との共演について、二宮は「シンプルに千鳥さんがよかったですよ」とさらにいじる。一方で「本当に楽しくて。バラエティで共演させてもらってたので、関西弁になった時にぐっと2人の関係性が見えた」と改めて感想を述べた。

またイベントでは、それぞれが「宝物」をフリップで示すコーナーも。二宮は「仕事」と掲げ、「もっと正確に言うと、"この仕事"が(宝物)。ほかの仕事だったら多分長続きしなかっただろうし」と語る。「僕は本当に自分のことに関してそこまで興味を持ったことがないので、この仕事だと、この年にこれをやったとか、CDが出ましたとか、自然にアーカイブになってくれるので、振り返りやすい。あとは本当に若い頃から働いていたので、働いてテレビに出ることで、おじいちゃんとかおばあちゃんとか親とかに『健康にやってます』と『頑張ってます』ということも同時に伝えることが出来たので、今考えると宝物だなと思います」と説明した。

最後には「本当に、映画というものは世の中にいろいろなことが起こる中で立ち位置を変えながら……皆さんのよりどころになる時もあれば、『そんな暇はないよ』とちょっと疎ましがられる時もあったりとかになってくると思うんですけど、本当にそれでいいと思っていて。僕らは変わらずいいものを作り続けて、世の中に出していくことが仕事だと思っておりますので」とメッセージ。「その中で皆さんの生活の状況に沿う形でもしこの作品の出会ってくれたら嬉しいなあと思いますので、もしそういうタイミングがあったら映画館でも観てもらえたらと思います」と観客に語りかけた。

  • タングを触る満島ひかり、小手伸也

  • タングを触る満島ひかり、小手伸也を見て二宮和也を触る市川実日子