映画『ゴーストブック おばけずかん』(7月22日公開)の完成披露試写会が27日に都内で行われ、城桧吏、柴崎楓雅、サニーマックレンドン、吉村文香、神木隆之介、新垣結衣、山崎貴監督が登場した。

  • 新垣結衣

    新垣結衣

同作は作:斉藤洋、絵:宮本えつよしによる児童書「おばけずかん」シリーズの実写化作。学校中で噂になっている、夜中に子供たちの枕元に現れて「願いを叶えたいか?」と耳元でささやく、白い布をかぶった謎のおばけ。どうしても叶えたい願いがあった一樹(城桧吏)たちは、おばけに導かれるまま、どんな願いも叶えてくれるという「おばけずかん」を探すことに。臨時教員の瑤子先生(新垣結衣)と一緒に、あやしい店主(神木隆之介)のいる迷路のような古本屋で図鑑を手に入れるが、古本屋から出た外の世界は、もう彼らの知っている世界ではなかった。

ランウェイで「おばけポーズ」をとった新垣は「恥ずかしかったですね」と苦笑。完成した同作を見て「大人が見ても楽しめるなあと思うような映像だったり、エピソードも実生活で勇気をもらえるようなメッセージが込められているなと思いましたし、まず試写を終えて監督と目があったときに『好きです』と」と絶賛する。山崎監督は「新垣さんが隣に座ってまして、顔見て、目が合った瞬間に『好き!』と言われて、5秒ぐらいちょっと固まって『ああ、映画のことね!』って……」とドキッとさせられたようだった。

先生役で子供たちとのシーンを多く過ごした新垣だが、「待ち時間に勉強してる子達が何人かいて、テスト前で『教えてください!』と言われたんですけど、全然教えられなくて」というエピソードも。「できないと拒否するのもなと思って、ネットで一生懸命調べながら、一緒に考えようと参加したんですけど、役には立たなかったなという思い出はあります」と振り返る。

実際に新垣に勉強を見てもらったという吉村は「桧吏くんとか皆にも聞いたんですけど、『俺、わかんない』みたいな感じだったので、すごく嬉しかったです」と感謝。城も「まさに本当の先生みたいな感じで、皆のことをまとめてくれる。明るくて優しい方で、僕のギャグにも新垣さんだけ笑ってくれて嬉しかったです」と語った。