「レギュレーション」という言葉を聞いたことがあっても、どのような意味かわからないという方も多いのではないでしょうか?

「レギュレーション」は日常生活だけでなく、スポーツや会社などさまざまな場面で見聞きする言葉です。

場面ごとの意味を把握することで、「レギュレーション」という言葉を適切に使えます。

今回は「レギュレーション」の意味と使い方をご紹介します。

「レギュレーション」の意味や使い方に自信がないという方は、この記事をチェックして、ぜひ参考にしてみてくださいね!

  • 「レギュレーション」の意味とは?

    「レギュレーション」の意味や使い方を解説します

レギュレーションの意味とは

カタカナ語(和製英語)として使用される「レギュレーション」は、規則や規制・制限・禁止事項などの意味で使われることが一般的です。

英語のレギュレーションの意味

英語の「レギュレーション」は「regulation」と書き、規則や法規・法令という意味で使われます。

レギュレーションの類語

レギュレーションの類語は、以下のように表せます。

  • 「レギュレーション」の意味とは?

レギュレーションの一般的な使い方

ニュースや新聞などで登場する「レギュレーション」には、「規則」や「規定」という意味が含まれていることが一般的です。

また、企業によっては社内規定や就業規則を「レギュレーション」と呼ぶことがあり、ビジネス用語としても一般化しつつあります。

レギュレーションとルールの違い

「レギュレーション」と同じような意味を持つのが 「ルール(rule)」です。

社内でも「レギュレーション」と「ルール」の双方が飛び交うこともあるでしょう。

「レギュレーション」は守るべきものごと、「ルール」は決まりごと、といったニュアンスで覚えるとわかりやすいかもしれません。

「ルール」にも「レギュレーション」と同じような意味がありますが、「ルール」には法規や法令という意味はありません。

「レギュレーション」は「ルール」よりも法的で、公的な意味合いが強い言葉だと言えます。

ただし、すべての決まりが「レギュレーション」に当てはまるのではなく、内容によって「レギュレーション」なのか、「ルール」なのかに分かれることが一般的です。

  • 「レギュレーション」の意味とは?

    「レギュレーション」と「ルール」の違いを解説しました

レギュレーションは業界や分野で使い方が違う!

日常生活や会社内の就業規則などでも登場する「レギュレーション」ですが、業界や分野によって意味や使い方が異なることをご存じでしょうか?

この項目では、「レギュレーション」の意味を業界や分野ごとにご紹介します。

自身の関心があったり、所属したりしている分野や業界での使い方をこの機会にチェックしてみてくださいね!

IT・広告分野のレギュレーション

ITや広告分野の「レギュレーション」は、広告のロゴやバナーの色・サイズ・データ量・文字制限・禁止ワードなどといった「媒体ごとに定められた仕様や規定」のことを表します。

IT・広告分野のレギュレーションは非常に細かく、面倒に思ってしまう方もいるかもしれません。

しかし、細かな「レギュレーション」を作成することで、ブランドカラーや統一感を生みだせます。

また、Webサイトの運営でも同様でです。

ガイドラインとなる「レギュレーション」を作成することで、コンテンツの品質を一定に保てたり、スムーズな運営を行ったりできます。

建築・設計分野のレギュレーション

建設・設計分野で使われる「レギュレーション」は、「建築設計を行う際の基準やマニュアル」のことです。

例えば、都市や地域ごとの建築基準で建物の高さの制限があったり安全基準が違ったりしますが、「レギュレーション」によって可視化されています。

ゲーム分野のレギュレーション

ゲーム分野でも「レギュレーション」が使われていることに驚いた方もいるでしょう。

アミューズメント施設などでの「ゲームの遊び方」「施設の利用規約」などのことを表します。

また、ゲームが本筋からそれないために「レギュレーション」が使われることもあるようです。

スポーツ業界のレギュレーション

スポーツ分野の「レギュレーション」は競技の運営に対する、すべての規則や規定を含みます。

例えば、サッカーの場合であれば大会参加条件や世界各国の独自規定を指すことが一般的です。

また「ルール」は、競技自体の決まりごとで、「ボールは足でのみ蹴る」などが当てはまります

F1のレギュレーション

F1の世界選手権では「スポーティング・レギュレーション」と「テクニカル・レギュレーション」と呼ばれる、主に2つの「レギュレーション」があります。

「スポーティング・レギュレーション」はレースを運営するための規定で、レースの内容などを決めるものです。

また「テクニカル・レギュレーション」は、マシンの規格などの技術関係の規約を指します。

医療でのレギュレーション

医療の現場でもレギュレーションという言葉を見聞きするでしょう。

医療の場合、薬物に対する順応に関係する受容体(シグナル)の減少を「ダウンレギュレーション」、増加を「アップレギュレーション」という言葉で表現することが一般的です。

  • 「レギュレーション」の意味とは?

    業界ごとに「レギュレーション」の意味には違いがあります

まとめ

「レギュレーション」は「ルール」よりも意味合いが強い言葉として使われますが、「守るべきものごと」という意味から会社によっては社内規則や就業規則についてを「レギュレーション」と呼ぶこともあります。

また、今回ご紹介したように「レギュレーション」の意味や内容は、シーンや業界・分野によってさまざまです。

みなさんも「レギュレーション」と「ルール」の違いをきちんと覚えて、これからの就職活動や社会人生活に役立ててくださいね!