「揶揄」という言葉はたびたび見かけることがありますが、意味や使い方を正しく理解できていますか? 本記事では、揶揄について深く掘り下げ、読み方や意味、使い方の例文、英語表現などを紹介します。「揶揄う」の読み方も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

  • 揶揄とは?

    「揶揄」の意味や使い方などをくわしく解説します

揶揄とは

ここでは揶揄の読み方、意味などを紹介します。

揶揄の読み方

「やゆ」と読みます。どちらも常用外のため見慣れない難しい漢字ですが、しっかり読めるようにしましょう。

揶揄の意味

意味は「冗談や皮肉で、相手をからかうこと、なぶること」です。ここでいう「なぶる」とは、「からかってばかにする」という意味。揶揄は「揶揄する」「揶揄される」といった使い方をします。

「揶」という漢字にはそもそも「からかう、はぐらかす」という意味があり、一方「揄」という漢字にも「あざける、からかう」という意味があます。

こうした言葉が2語重なった揶揄は、ネガティブなイメージが強い言葉だといえます。

揶揄の由来

揶揄という言葉の由来に、はっきりとしたものはありません。一説によると、鎌倉時代の軍記物語「平家物語」のなかで「揶揄う」という言葉を「争う、抵抗する」の意味で使っており、ここから来ているともいわれています。

「揶揄う」の読み方と意味

「揶揄う」は「からかう」と読みます。一般的でないため、知らなかったという人も多いかもしれません。「からかう」の意味を改めて確認すると、「相手が困ること、起こることをしておもしろがること」となります。

揶揄と比喩の違い

揶揄に漢字や読みが近い言葉として、「比喩(ひゆ)」があります。似ていても意味はまったく異なりますので、確認しましょう。

比喩の意味とは「ある物事を説明したり表現したりする際に、類似あるいは関係した物事を借りて表現すること、たとえ」です。比喩の「喩」の意味は「たとえ」です。揶揄と比喩とでは意味がまるで違うことが分かるでしょう。

  • 揶揄とは?

    揶揄の意味を理解し、似ている言葉と混同しないようにしましょう

揶揄の使い方・例文

揶揄という言葉は「揶揄する」「揶揄される」という使い方をします。それぞれの例文を紹介します。

揶揄する

「揶揄する」の例文は以下の通りです。

「野党が与党の政策を揶揄する」
「前回の会議では、ライバル会社を揶揄する発言が目立った」
「人の外見を揶揄する発言はやめるべきだ」

揶揄される

「揶揄される」の例文は以下の通りです。

「仲間が揶揄されるのをだまって見ていられない」
「上司に揶揄されたことが許せなくて抗議をした」
「SNSで知らない人に揶揄されてショックだ」

くり返しになりますが、揶揄という言葉は相手を非難したり皮肉ったりする意味があります。ネガティブなニュアンスが強い言葉です。

  • 揶揄の使い方・例文

    例文を通して、揶揄の使い方をマスターしよう

揶揄の類語

ここからは揶揄の類語を紹介します。類語を知ることで、より一層、揶揄という言葉の意味を理解しやすくなるでしょう。

嘲笑

「ちょうしょう」と読みます。「あざけり笑うこと、あざ笑うこと」という意味があります。この「あざける」とは「ばかにして悪く言ったり笑ったりすること」という意味です。

揶揄と嘲笑は、人を見下すという点では意味は同じですが、嘲笑には「(ばかにして)笑う」という意味が含まれている点が違っているといえます。

・例文
「彼の非常識な行動はみんなの嘲笑の的になった」

皮肉

「ひにく」と読みます。揶揄の意味にも「皮肉で相手をからかう」とありますが、皮肉の意味を改めて確認すると「遠まわしに相手を意地悪く非難すること」となります。似た言葉に「嫌味」もあります。また、皮肉を言ったり皮肉なことをしたりすることを「皮肉る」と表現します。

・例文
「私の失敗を、上司は皮肉まじりに責めてきた」
「今の政治を皮肉った漫画だ」

非難

「ひなん」と読みます。「相手のミスや欠点を取り上げて責めること」という意味です。揶揄と意味は似ていますが、揶揄よりも「取り上げて責める」というニュアンスが強い言葉です。非難されることを「非難を浴びる」などと表現します。

・例文
「新規事業が失敗して、経営陣は厳しい非難を浴びた」

  • 揶揄の類語

    揶揄の類語を確認しておきましょう

揶揄の対義語

揶揄の類語を確認したところで、次に対義語を見ていきましょう。揶揄とは反対の意味をもつ、ポジティブなニュアンスの言葉になります。

称賛

「しょうさん」と読みます。「ほめたたえること」という意味で、「賞賛」「賞讃」「称讃」とも書きます。

・例文
「彼女の素晴らしい行いは、全世界から称賛された」

感嘆

「かんたん」と読みます。「感心してほめたたえること」という意味です。

・例文
「同僚のプレゼンは素晴らしく、感嘆した」

なお、感嘆には「ほめる」という意味合いがあるので、目上の人に使う言葉には適していません。その際に適しているのは「感服」「感銘」です。

「感服」は「かんぷく」と読み、深く感心して、尊敬の念を抱くこと」という意味です。「感銘」は「かんめい」と読み、「忘れられないほど深く感動すること」という意味です。

・例文
「彼の演技には感服いたしました」
「その本を読んで深い感銘を受けました」

  • 揶揄の対義語

    揶揄とは反対の意味で使われる言葉とは

揶揄の英語表現

揶揄を英語で表現すると「ridicule」となります。「ひやかし」という意味です。「揶揄する」という動詞の表現には以下のようなものがあります。

  • make fun of~
    「~をからかう」という意味の表現で、日常的に使われます。

  • mock
    「愚弄する、あざ笑う、失望させる」などの意味がある表現です。

  • tease
    「いじめる、からかう、しつこくねだる」という意味の表現です。

・例文
「The boy made fun of my hairstyle.」(その少年は私の髪型をからかった)
「He mocked her way of running.」(彼は彼女の走り方をまねてからかった)
「Please don’t tease me.」(からかわないで下さい)

  • 揶揄を英語で表現

    揶揄の英語表現は何通りかあります

揶揄をしっかり理解して使いこなそう

揶揄は「冗談や皮肉で相手をからかうこと」という、ネガティブなニュアンスのある言葉です。例えば政治家が他政党のことを揶揄するシーンなどは、ニュースなどでも見たことがあるかもしれません。

日常的に使うことはあまりないかもしれませんが、ネガティブな言葉こそきちんと意味を理解して、誤った使い方で相手に不快な思いをさせるというのは避けましょう。