お笑いトリオの東京03がこのほど、日本テレビのバラエティ番組『東京03とスタア』(10月3日スタート、毎週日曜13:45~ ※関東ローカル、全4回/TVer・Huluで見逃し配信)の収録の合間に取材に応じ、念願のスタジオコント番組への喜びを語った。

  • (左から)東京03の豊本明長、飯塚悟志、角田晃広=日本テレビ提供

東京03が、ゲストの“スタア”とともにコントを繰り広げる同番組。日本テレビ系『有吉の壁』の橋本和明氏と、テレビ東京他局初番組となる佐久間宣行氏がタッグを組んで演出を担当し、オークラ氏をはじめとする脚本家陣が集結した。初回の“スタア”には千葉雄大が登場する。

東京03にとって地上波初の冠コント番組に、飯塚悟志は「単純にうれしかったですね! 我々東京03の冠番組で、スタアの方が来てくれて、一緒にコントをやる。コントの番組持てるのがとにかくうれしいので、ありがたかったです」、角田晃広は「一番いいお仕事。こういうの一番やりたいんですよ! 本当にありがたいですね」、豊本明長は「もちろんありがたい仕事内容ですし、オークラや佐久間さんとか、勝手知ったるというか、信頼できる方々に囲まれてありがたいです」と、3人とも充実の表情を見せる。

佐久間氏とは『ゴッドタン』(テレビ東京)などで付き合いが長く、「昔から一緒にお仕事をしてて、コント番組もやってるんですけど、とにかくずっと面白いようになることを考えてる人ですね。だから絶大な信頼を置いてますね」(飯塚)とのこと。

一方の橋本氏とは、今回が初めての仕事で、「高級フルーツ店の杏仁豆腐の差し入れを頂いて、それがすごくおいしくて、センスのいい人だなって思いました(笑)」と飯塚が印象を語ると、角田は「スイーツおじさん」、豊本も「食後に会いたいです(笑)」と、すっかり上機嫌だ。

逆に、佐久間氏から見た東京03の印象は「面白いのは知ってたんだけど、最近の単独ライブで大人の中年の面白さがどんどん出てきていたので、これはお茶の間でコント番組をやったら、若手がやるのとは違う面白みが出るとちょうど思ってたんです」といい、さらに、「03の単独にいろんな芸能人の方が来ているのを見たら、03の番組に混ざりたいと思う人って結構いるんじゃないかなと思ってたところ、橋本さんから『日テレで何かやりませんか?』というお言葉を頂いたので、『じゃあ東京03でMAXの冠コント番組はどうですか?』と話になったときに、橋本さんが(企画を)通してくれたんです」と、今回の成立経緯を紹介。

それを聞いた東京03から「ありがたーい!」と歓声があがると、橋本氏は「スイーツだけじゃないんです(笑)」とアピールした。

  • 佐久間宣行氏(左)と橋本和明氏=同

改めて佐久間氏は「こういう番組は企画するのは簡単だけど、実現するのは大変なので、実現までこぎつけてくれた橋本さんをはじめ日本テレビのスタッフはすごいなと思いました。他の局だったら通らないんじゃないかな」と感心。

橋本氏は「コント番組ってセットを建てなきゃいけないし、やるのが大変な時代になってきてるんですけど、僕もコントをずっとやりたいなと思って、日本テレビでやるなら東京03さんにお願いしたいという思いがずっとあったんです」とした上で、「本当にコントが素晴らしくて、ゲストが来るたびに3人の関係性や、ゲストとの化学反応も変わるので、無限にできる企画だなというのを佐久間さんとお話ししていました。ただ、日本テレビに東京03さんがそんなに警戒心なく出てくれると思ってないので(笑)、佐久間さんがフリーになっていただいたおかげで実現できました」と戦略を明かす。

また、佐久間氏が日テレで仕事をすることにも大きな意味があるそうで、「この番組をやると決まったら、『手伝いたいです』っていう若手がいっぱい出てきたんです。聞くとだいたい03さんか佐久間さんのファンなので、すごくいい雰囲気でやれてるかなと思います」と、現場の様子を伝えた。

だが、これに飯塚は「佐久間さんのファン多いんだよね(笑)」、角田は「スタアとして出てくるんじゃないかと思って(笑)」と警戒。佐久間氏は否定しながら、「でも、本当に夢のような番組ですよ」と、その場をまとめた。