ご賢察(ごけんさつ)は、日常生活で使う機会はほとんどありませんが、ビジネスシーンではよく使われる言葉です。

本記事では「ご賢察」の意味や使い方、類語などについてわかりやすく解説します。

  • 「ご賢察」の意味

    ご賢察(ごけんさつ)の意味を解説します

ご賢察(ごけんさつ)の意味

ご賢察(ごけんさつ)は、推測を意味する「賢察」に尊敬を表す接頭辞「ご」がついた言葉です。「相手が推測することを敬う」という意味合いがあるため、ビジネスシーンでも目上の人に対して使えます。

堅苦しいイメージもありますが、「お察しください」というニュアンスがあると考えれば使いやすくなるでしょう。

ご賢察(ごけんさつ)の使い方と例文

ビジネスシーンでは、相手にこちらの事情を察してほしいときなどに「ご賢察」を使います。

「賢察」だけでも尊敬語として扱われるので、「ご賢察」にすると文法的には二重敬語になりますが、「ご賢察」として長く使われているので、誤用にはならないという解釈が一般的です。そのためビジネスメールでも、最上級の敬語表現として使えます。

「ご賢察」の例文

「ご賢察」を使った例文を紹介します。

事情ご賢察いただき、ご協力いただけますようお願い申し上げます。

事情ご賢察のうえ、お聞き届けくださいますようお願い申し上げます。

先日ご説明いたしました事情をご賢察のほど、よろしくお願い申し上げます。

より丁寧に表現したい場合には「ご賢察いただければ幸いです」を使うといいでしょう。「してもらう」の謙譲語「いただく」に仮定の表現「たら・れば」が付いているので、「お察しいただければ嬉しいです」といった意味になります。

先日の件ご期待に添えかねますが、事情をご賢察いただければ幸いです。

ご連絡が来月になる可能性もありますが、事情をご賢察いただければ幸いです。

察してほしいことを丁重にお願いしたい場合は、「ご賢察のほど、何卒よろしくお願い申し上げます」を使いましょう。「ほど(程)」には口調をやわらかくする意味合いがあります。「申し上げます」は「言う」の謙譲語「申し上げる」に丁寧語「ます」を付けた言葉です。

皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、弊社の事情を賢察のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

ビジネスメールでは「ご賢察の上、ご理解くださいますようお願い申し上げます」という表現も使われます。「理解」は「物事や意味がわかること」を意味する言葉なので、「事情を察して理解してほしい」という気持ちを丁寧に伝えたいときに用いると効果的です。

〇月〇日~〇月〇日は休業とさせていただきます。皆様にはご不便をおかけしますが、ご賢察の上、ご理解くださいますようお願い申し上げます。

来月より営業時間を変更させていただくことになりました。ご迷惑をおかけいたしますが、ご賢察のうえご理解くださいますようお願い申し上げます。

「ご賢察」は相手への依頼だけではなく、「お察しのように」といったニュアンスでも使われます。

先日の件に関しまして、ご賢察の通り新しいプロジェクトが立ち上がりました。

  • 「ご賢察」の使い方

    「ご賢察」を使ったさまざまな例文を覚えておきましょう

ご賢察(ごけんさつ)の類語

「ご賢察」の類語を紹介します

ご高察

ご高察(ごこうさつ)は、「すぐれた推察力」という意味がある「考察」の尊敬語です。

「ご賢察」よりも相手を褒める意味合いが強いため、ビジネスメールなどで相手に依頼するときには「ご賢察」を使った方が自然でしょう。感謝の気持ちを伝えたい場合は「ご高察」を用いても問題ありません。

先日の件に関しご高察いただきまして、誠にありがとうございました。

ご明察

ご明察(ごめいさつ)は「真相や事態を見抜く」という意味がある「明察」の尊敬語です。

相手が推察した結果が当たっていた場合に「その通りです」というニュアンスで使えます。依頼や謝罪のメールでは使わない方が無難です。「ご賢察」や「ご高察」とは違って口語でも使われます。

先日の件ですが、ご明察の通り、新商品の開発がすでに進んでいます。

ご推察

ご推察(ごすいさつ)は、「相手の事情や心情を思いやる」という意味がある「推察」の尊敬語です。「思われている通り」といった意味合いが含まれているので「ご賢察」の類語になります。

ご推察の通り弊社の現状は厳しいため、取引の継続は困難です。

  • 「ご賢察」の類語

    「ご賢察」の類語も覚えて語彙力を高めましょう

ご賢察はビジネスメールや文書で使われる

ご賢察(ごけんさつ)は「お察しください」という意味合いの言葉です。主にビジネスシーンで使われる言葉なので、意味と用法をしっかりマスターしておきましょう。

目上の人が「推測」や「配慮」してくれたことに対する敬語表現として正しく使えば、相手に好印象を与えられます。基本的には口語ではなくメールで使われるため、例文も覚えておきたいところです。