周りの人に気遣ってもらった時に使える言い回しのひとつに「ご配慮ありがとうございます」という言葉があります。しかし、「ご配慮ありがとうございます」は言い方として正しいのか、「ご配慮いただきありがとうございます」とは何が違うのかなど、気になる人は多いでしょう。

この記事では、「ご配慮ありがとうございます」の意味や正しい使い方、また類語や英語表現を紹介します。

  • 「ご配慮ありがとうございます」の意味と言葉の成り立ち

    「ご配慮ありがとうございます」の意味や使用例を紹介します

「ご配慮ありがとうございます」の意味と言葉の成り立ち

「ご配慮ありがとうございます」とは、相手から受けた親切や気遣いに対してお礼を述べる時に使われる言葉です。敬語表現ですので、上司や取引先など目上の人に対しても使えます。

「ご配慮」と「ありがとうございます」それぞれの意味

「ご配慮」とは、「配慮」の丁寧な言い回しです。「配慮」には「事情を考慮して、気遣いがある取り計らいすること」という意味があります。

「ありがとうございます」はお礼を述べる時によく使われる言葉です。「ありがとう」とは感謝やお礼の気持ちを伝える際に使われる形容詞で、「ございます」は補助動詞「ある」の丁寧語となっています。

つまり「ご配慮ありがとうございます」とは、相手から受けた気遣いや取り計らいにたいして、お礼の気持ちを伝えたい時に使うことができます。

「いただき」や「くださり」を加えるとより丁寧

「ご配慮ありがとうございます」は丁寧語なので、ビジネスでも問題なく使えるお礼の言葉です。しかし、「いただき」や「くださり」と組み合わせることで、さらに丁寧な言い回しになります。

「いただき」は「もらう」の謙譲語である「いただく」の連用形で、「くださり」は「与える」の尊敬語「くださる」の連用形です。

「ご配慮いただき(いただきまして)ありがとうございます」「ご配慮くださり(くださいまして)ありがとうございます」とすることで、さらに丁寧な印象となります。

「賜り」を使うとさらに丁寧

「賜る」とは、「もらう」の謙譲語や「与える」の尊敬語として使われる言葉です。「ご配慮ありがとうございます」と組み合わせて使う場合は「もらう」の謙譲語となります。

つまり「ご配慮賜りありがとうございます」は、「ご配慮いただきありがとうございます」をさらに丁寧にした表現です。たくさんお世話になった相手や、重役など立場がかなり上の人に対して使いましょう。

  • 「ご配慮ありがとうございます」の意味と言葉の成り立ち

    「ご配慮ありがとうございます」は相手の気遣いにお礼を述べる言葉です

「ご配慮ありがとうございます」の使用例

「ご配慮ありがとうございます」はビジネスでもよく聞かれる言い回しですので、使い方を覚えておきましょう。「ご配慮ありがとうございます」の使用例をご紹介します。

「ご配慮ありがとうございます」の使用例

・こちらに不手際があったにも関わらず、ご配慮ありがとうございます。
・当方の希望をかなえてくださり、ご配慮ありがとうございます。

「ご配慮ありがとうございます」は、「いただき」や「くださり」などが使われておらず、比較的フランクな言い回しです。上記例文のように、日常的な会話の中で使われることがよくあります。

「ご配慮いただきありがとうございます」「ご配慮くださりありがとうございます」の使用例

・突然お伺いしたにも関わらず、多大なご配慮いただきありがとうございます。
・無理なお願いにも関わらず、ご配慮くださりありがとうございます。

「ご配慮」と「ありがとうございます」との間に「いただき」「くださり」などを加えた言い回しは丁寧な表現ですので、あらたまったシーンでも使うことができます。上記の例文を参考に、取引先など目上の人にお礼を伝える際に使ってみましょう。

「ご配慮賜りありがとうございます」の使用例

このたびは当方に不手際があったにも関わらず、多大なご配慮賜りありがとうございました。

「ご配慮賜りありがとうございます」は、さらに丁寧にお礼で使われる言い回しです。お世話になった目上の人に、丁寧にお礼を伝えたい時に使えます。

  • 「ご配慮ありがとうございます」の使用例

    「ご配慮ありがとうございます」の使用例を紹介

「ご配慮」の言い換え・類語表現

ビジネスシーンでよく使われる「ご配慮」は、似たような言い回しが多いので、一緒に覚えておきましょう。「ご配慮」の類語表現を紹介します。

「お気遣い」

「お気遣い」とは、「あれこれと気を遣うこと」という意味がある「気遣い」の丁寧な表現です。相手から受けた気遣いに対して、「お気遣いありがとうございます」などとお礼を述べることができます。

「ご配慮ありがとうございます」と同じような状況で使われますので、覚えておきましょう。

「お心遣い」

「心遣い」には、「さまざまなことに対して気を配ること」という意味があることから、「お心遣い」も「ご配慮」と同じような意味で使われます。

つまり、「お心遣いありがとうございます」は「ご配慮ありがとうございます」の同義語のひとつです。

「お心尽くし」

「心尽くし」には、「できる限りのことをし尽くした様子」「真心を込めて行うこと」などの意味があります。

「お心尽くしありがとうございます」は真心を込めて対応してくれた相手に対するお礼を述べる時に使われる言葉です。「ご配慮ありがとうございます」と似た状況で使われますが、先方からの心からの配慮が感じられる場合に「お心尽くし」が使われることが多いです。

「ご厚情」

「厚情」は、相手から受けた気配りや思いやりの心を敬って表す場合によく用いられます。「ご厚情に感謝申し上げます」など、比較的硬い言い回しで用いられる表現であり、ビジネスでよく使われる言葉です。

「ご高配」

「高配」とは、ほかの人を敬いつつ、その心配りを表す言葉です。「平素は格別のご高配を賜り、心より御礼申し上げます」など、ビジネスレターやメールの冒頭で用いることが多い表現となっています。ビジネスで欠かせない言葉遣いのひとつですので、覚えておきましょう。

「ご温情」

「温情」には「思いやりがある寛大な心」「温かくて優しい心」などの意味があり、「配慮」の類義語です。「思いがけないご温情を賜り、感謝申し上げます」など、目上の人に対してお礼を述べる際によく使われます。

「ご配慮ありがとうございます」の英語表現

ビジネスシーンにおいてメールなどで英語を使う機会があるなら、「ご配慮ありがとうございます」の英語表現をぜひ覚えておきましょう。代表例は下記の通りです。

Thank you for your concern

「concern」には、「気遣い」「配慮」などの意味があります。つまり「Thank you for your concern」とは、「ご配慮ありがとうございます」「気に懸けてくださってありがとうございます」など、相手の気遣いに対してお礼を述べる言葉の英語表現として使える英語表現です。

Thank you for your kindness

「kindness」の意味は、「親切」「親切な行為」などです。「Thank you for your kindness」は「ご親切ありがとうございます」と訳されることが多いですが、「ご配慮ありがとうございます」の英語表現としても使えます。

  • 「ご配慮ありがとうございます」の英語表現

    「ご配慮ありがとうございます」の英語表現も覚えておきましょう

「ご配慮ありがとうございます」は気遣ってくれた相手にお礼を述べる言葉

「ご配慮ありがとうございます」は、周りの人から気遣ってもらった時、お礼を述べる場合に使える言葉です。

敬語表現のひとつなので上司や取引先にも使える言い回しですが、「ご配慮いただきありがとうございます」などより丁寧な言い回しもありますので、シーンに合わせて使い分けましょう。

「ご配慮」には「お気遣い」など似た意味で言い換えできる類語表現も多くあります。また、英語でも簡単な表現で言い表せますので、押さえておきましょう。

ちょっとした親切に対して「ご配慮ありがとうございます」とお礼を述べることで相手からの印象も良くなります。ビジネスシーンなどて気負わずさっと使えるよう、覚えておきましょう。