水回りの汚れってなかなか落ちにくくて掃除が大変ですよね。そんな落ちにくいお風呂場やキッチンの汚れを落とすには、クエン酸がぴったりです。本記事では、クエン酸を掃除で使うときの正しい方法や、実際にお風呂掃除をした様子を紹介します。

  • クエン酸っていったい何?

    クエン酸を正しく使って水回りをピカピカにしましょう

クエン酸っていったい何?

クエン酸は、サツマイモのデンプンを発酵させて作られたもので、弱酸性の性質を持つ粉末です。そのためアルカリ性の汚れに効果的で、水回りや床の掃除に適しています。また除菌作用もあるため、掃除だけでなく衛生面が気になる時にも効果的です。

重曹との使い分けは?

重曹とクエン酸は成分が異なり、落とせる汚れも違います。クエン酸は酸性でアルカリ性の汚れに強いですが、重曹はアルカリ性で酸性の汚れである油汚れや皮脂汚れに適しています。落としたい汚れの性質によって使い分けましょう。

クエン酸水の作り方

クエン酸を使って掃除をするときには、水と混ぜてクエン酸水を作ります。作り方は、クエン酸を小さじ2分の1杯に水100mlを混ぜ、スプレーボトルに入れれば完成です。

  • クエン酸っていったい何?

    使用する分だけのクエン酸水を作るようにしましょう

注意点は使い切れる量のクエン酸水を作ることです。クエン酸水は劣化していくので、ストックを作るのはおすすめしません。劣化したものを使い続けると逆に菌が繁殖してしまい、掃除の意味がなくなってしまいます。

クエン酸でお風呂場を掃除する方法

水回りの汚れとして代表的な水垢には、クエン酸が絶大な効果を発揮します。ここでは、水垢にどうしてクエン酸がいいのか、またどうやって掃除すればいいのかを紹介します。

どうして水垢が落ちるのか

水垢は水道水に含まれているカルシウムやマグネシウム、ケイ素などのミネラルで構成されています。このミネラルは蒸発しないので、結晶化するとなかなか取れなくなってしまいます。

つまり、水垢はアルカリ性の汚れのため、酸性のクエン酸で中和させることで落としやすくなるのです。

浴槽の水垢の掃除方法

ピンポイントで浴槽の水垢を落とすためには、ラップとクエン酸水をあわせて使うのがおすすめです。

まず、上記の方法でクエン酸水を作り、汚れが気になるところに吹きかけます。クエン酸が得意な汚れは水垢なので、触ってみてざらざらしている汚れに吹きかけましょう。

吹きかけたら、クエン酸が蒸発しないように上からラップをします。ラップをした状態で2~3時間放置し、ラップを外して磨きながら洗い流してください。汚れがひどい場合は3時間以上放置してみましょう。

蛇口の水垢の掃除方法

蛇口の水垢掃除にもクエン酸がおすすめです。しかし、蛇口にクエン酸水を吹きかけてもすぐに垂れてきてしまいます。蛇口の水垢を掃除するときはクエン酸が垂れてくるのを防ぐために、キッチンペーパーかティッシュを使いましょう。

蛇口にキッチンペーパーやティッシュを巻いて、そこにクエン酸水をたっぷり浸していきます。浴槽と同じくクエン酸水が蒸発しないようにラップをして、2~3時間放置しましょう。

時間が経過したら、ラップとキッチンペーパーを剥がして磨きながら洗い流します。時間をおけばおくほど効果があるので、頑固な汚れには3時間以上の放置が必要になるでしょう。

  • クエン酸でお風呂場を掃除する方法

    アルカリ性の水垢と酸性であるクエン酸の相性は抜群です

実際にお風呂場を掃除してみた

クエン酸の効果を試すべく、筆者が実際にお風呂場の掃除に使用してみました。普段は浴槽の中くらいしかしないのでかなり汚れていたのですが、こびりついた水垢をクエン酸で落とすことはできるのでしょうか。

浴槽編

筆者の自宅には、独立洗面台がないためお風呂の中に洗面台があります。

ここでは手を洗ったり歯磨きをしたりしているので、かなり水垢が溜まっています。普段はお風呂用の洗剤でこする程度の掃除しかしていないので、全体的に汚れています。

  • 実際にお風呂場を掃除してみた

    水垢が溜まりやすい洗面所(画像クリックで元画像表示)

こちらは、シャンプーなどを置く棚です。水垢が赤くなっていて、見た目も汚いです。洗剤をつけたスポンジでこすってもすぐに汚れてしまうので、いつのまにか放置してしまい、かなり汚れが蓄積されています。

  • 実際にお風呂場を掃除してみた

    掃除を怠りやすい浴室の棚(画像クリックで元画像表示)

この2カ所を掃除していきますが、汚れは取れるのでしょうか。

はじめに、洗面台と棚にクエン酸水を吹きかけてラップで保護します。クエン酸が蒸発してしまうと効果が得られないので、ラップで保護することを忘れないようにしましょう。今回は3時間放置していきます。

  • 実際にお風呂場を掃除してみた

    汚れが気になるところにはたっぷり吹きかけラップでしっかり覆いましょう

しっかり保護してから3時間後、汚れを落としていきます。スポンジでこすって汚れを流していくのですが、力をいれなくてもするする落ちていきました。

ただ、ラップをきちんとしていた場所は取れやすく、そうでないところは少し汚れの落ちが悪く感じたので、丁寧にラップをかけるのが重要です。

  • 実際にお風呂場を掃除してみた

    クエン酸水を使えば、楽に掃除ができます

なんと、洗面台は新品のような清潔感を取り戻しました。排水溝の周りについていた赤い水垢もスッキリ洗い流すことができ、こするときの力もいりませんでした。

  • 実際にお風呂場を掃除してみた

    洗面台の汚れがきれいさっぱりなくなりました

シャンプーなどを置く棚も赤い水垢や汚れがきれいに落ちました。台の裏側にもクエン酸を吹きかけてラップをしたので、全面的に汚れを落とすことに成功です。

  • 実際にお風呂場を掃除してみた

    棚や床の水垢が落ちてきれいになりました

吹きかけて放置するだけで、ほとんどこすらなくてもいいくらい汚れが浮きました。赤くなった水垢も、クエン酸をかけて3時間程度放置すると汚れが取れるので、手間をかけたくない人にもおすすめの掃除方法です。

蛇口編

次に蛇口を掃除していきましょう。蛇口は水垢がつきやすいのに、こすっただけではとれない厄介な箇所です。今までは水垢は取れないものだと諦めていましたが、クエン酸があれば取れるのか試していきましょう。

掃除をする前は輝きはなく、汚れが目に見えるくらいの汚れ具合です。洗剤をつけてスポンジでこすってみても、汚れは取れず、水垢は解消されません。

  • 実際にお風呂場を掃除してみた

    汚れやすい蛇口 (画像クリックで元画像表示)

蛇口はクエン酸をかけても垂れてきてしまうので、ティッシュでくるんでから染みこませました。さらにその上からラップでくるみ、クエン酸の蒸発を防ぎます。蛇口の水垢は頑固なので、3時間放置していくことにします。

  • 実際にお風呂場を掃除してみた

    垂れないようにしっかりティッシュでくるんでからラップで保護しましょう

3時間放置して、スポンジでこすってから洗い流したところ、きれいに汚れが取れ、驚くほどピカピカに! 入居したてよりもきれいなのではと感じるほど水垢が取れました。

  • 実際にお風呂場を掃除してみた

    蛇口の汚れもクエン酸できれいに落ちました

クエン酸を使うときの注意点

スプレーして放置するだけで驚くほど水垢を落としたクエン酸ですが、どのような汚れにも効果があるわけではなく、相性によっては掃除したい箇所を傷つけてしまったり汚れの原因となってしまったりすることもあります。

また、使い方を間違えると有毒な物質が発生し、健康に被害を及ぼす可能性もあるのです。クエン酸を使用する際の注意点を知っておきましょう。

塩素系漂白剤を混ぜない

クエン酸自体は安全性の高いものですが、「塩素系漂白剤」と混ぜることは避けましょう。これらを混ぜると、人体に有毒な塩素ガスが発生してしまい、目や皮膚、気道を強く刺激します。最悪の場合は肺水腫などを引き起こし中毒症状が現れることもあるので注意が必要です。

また、混ぜたり同時に使用したりしなくても、連続で使用するのも避けてください。配管の中で混ざり、塩素ガスが発生します。浴室の掃除には塩素系の洗剤が使われることが多いので、お風呂の掃除をする際は充分注意しましょう。

使ってはいけない素材

クエン酸はお風呂やトイレに使うと簡単に汚れが取れる優れものですが、鉄やアルミ、セメント、大理石への使用は控えましょう。

素材を傷つけてしまったり錆びさせたりする可能性が高いです。掃除に取り掛かる前に、使って問題ない素材なのかを確認しておきましょう。

乾燥した冷暗所に保管

クエン酸は湿気に弱く、水を含むとカビが発生しやすくなります。そのため、水気のない乾燥した場所に保管し、直射日光の当たらない冷暗所に保管しましょう。

また、クエン酸水を作るときはそのときに必要な分だけ作成し、ストックを作らないようにしてください。カビや菌が発生したクエン酸水で掃除をすることは、汚れの原因にもなり逆効果になります。

目に入らないように注意

クエン酸は食用のものもあるため、口にしても問題はありません。しかし、目に入ると痛みが生じたり炎症を起こしてしまったりするので、目に入らないように気を付けて使いましょう。

スプレーする時やふき取るときなど、慎重に扱うことが大事です。目に入ってしまったら早急に洗い流してください。症状が治まらないときや、不安な場合は医師の診察を受けましょう。

  • クエン酸を使うときの注意点

    クエン酸は使い方を間違えると有害な物質を発生させてしまうので注意しましょう

クエン酸は水回りの掃除にぴったり!

水垢などのアルカリ性の汚れが気になる場合には酸性であるクエン酸を使った掃除方法がぴったりです。酸性の洗剤は意外と少ないので、手軽に手に入れられるクエン酸を使って水回りをきれいにしみてはいかがでしょうか。

とはいえ便利なクエン酸も使い方によっては人体や素材自体に悪影響を及ぼすこともあります。注意点を守って掃除を行い、しつこい汚れをきれいに落としましょう。