仕事やスポーツなどでよく耳にする「ポテンシャルが高い」とはどのような場面で使われるのでしょうか。実際にポテンシャルと聞いて、意味や使い方がよくわからないという方も多いでしょう。この記事では、ポテンシャルの意味やポテンシャルが高い人の特徴を解説します。

ポテンシャルの意味

ポテンシャルとは「可能性」や「潜在能力」を意味する言葉です。仕事やスポーツなどでも「あの方はポテンシャルが高い」などと言われるように、良い方向に進む期待や可能性が込められた時に使われます。

「潜在能力(せんざいのうりょく)」は、自分の中に潜んでいる隠れた能力のことを意味します。普段は中々見られませんが、いざというときに発揮する能力の可能性です。

「可能性(かのうせい)」は、可能にできる能力を意味します。何かを達成しようとするときに実現できる見込みがあるときに可能性という言葉を使用します。

  • パソコンと資料を使って話し合いをしている様子

    ポテンシャルとは「可能性」「潜在能力」を意味します

ポテンシャルが高い人の特徴

ポテンシャルの高い人の特徴例を説明していきます。すべての人に当てはまるとは限りませんが、代表的な特徴を理解しながら、自分の秘めている能力を発揮してビジネスに活かしましょう。

特徴1. 積極性がある

何事にも興味関心を持って新しい知識を学ぶ積極性があります。年齢に関係なく自分にとって有益な情報を素直に受け入れる特徴があり、成長し続ける事ができます。

特徴2. 行動力がある

ポテンシャルの高い人は、学んだことや自分で立てた計画をすぐに実行に移す力を持っています。どれだけインプットをしても、それを実行に移さなければ何も始まりません。行動に移すことによってのみスキルアップや成長につながることを理解しています。

特徴3. 責任感がある

ポテンシャルの高い人は、任せられた仕事は責任を持って取り組む事ができる傾向にあります。 中途半端にしたり、途中で投げ出したりすることはないでしょう。課題に直面してもそれを改善するためにどうするかを、自ら考え実行します。

特徴4. 自己分析ができる

ポテンシャルの高い人は、自己分析ができるので、自分の強みや弱みを理解して能力を発揮できます。自分にできることをしっかりと理解しているので向上心を持って目標に進むことが可能です。やりたいことをするために、自分の能力を発揮できる行動が明確になっています。

  • 掲示されている資料をみている人

    ポテンシャルの高い人の特徴について学びましょう

***

潜在能力や可能性は誰しもが持っているもの。今自分の能力が何か分からないという方でも、秘めているものがあります。

自身のポテンシャルの高さを知るにあたって、周りの方に聞きアドバイスをもらうことも大切ですが、まずは主体的に行動することが重要です。それにより、積極性が上がり、責任感も強くなっていくためです。

自分のことを一番に理解しているのは自分です。変化を恐れずに自分の能力をどんどん発揮し、可能性に溢れる未来を切り開いて進んでいきましょう。