世界市場で圧倒的な存在感を見せるGAFAM。それぞれのサービスは今や社会インフラとまで言えるほどに私たちの生活に根付いています。これからさらにGAFAMへ食い込める企業は出てくるのでしょうか。

本記事では、GAFAMを構成する5企業の解説や共通点、今後の動向を解説します。

  • GAFAMとは

    私たちの生活にも密接に関わるGAFAMについて解説します

GAFAMとは

GAFAMとは、IT企業の雄である5社(Google、Amazon、Facebook、Apple、Microsoft)の頭文字を取った呼び名のことです。読み方はガーファム。ほかにも、ビッグ・テック、テック・ジャイアンツ、ビッグ・ファイブなどと呼ばれることもあります。

日経新聞は2020年5月、GAFAMの時価総額が計560兆円となり、東証1部2170社の合計を上回ったと報じました。日本の会社が束になっても勝てないほどGAFAMの影響力が強いことがわかります。

  • GAFAMとは

    GAFAMとは、Google、Amazon、Facebook、Apple、Microsoftからなる企業群の呼称

GAFAMを構成する5つの企業

次にGAFAMを構成する5つの企業について解説します。どれもみなさんが聞いたことのある有名企業ばかりで、会社や普段の生活で必要不可欠となっているものを多く開発しています。

Google(グーグル)

Googleはインターネット関連のサービスを行っているアメリカの企業です。1998年9月27日の創業からわずか20年ほどで現在までの巨大企業へと成長しました。

Googleの核となるサービスは検索エンジンですが、ほかにもEメールソフトである「Gmail」やWebブラウザ「GoogleChrome」などさまざまなサービスを展開しています。ソフトウェアだけではなくハードウェアの開発にも強みを持ち、「Pixel」などのスマートフォンも開発・発売しています。ほかにも、動画配信サービスの「YouTube」やスマホOS「Android」など、同社の提供サービスをあげればキリがありません。

同社は「世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにすること」をビジョンとしており、その言葉通り、数多くのサービスから得たデータを生かして次なるサービスに役立てています。

Apple(アップル)

Appleもアメリカの大手IT企業のひとつ。iPhoneやMacなどのハードウェア製品、それに付随するソフトウェア開発を行っています。自社でソフト開発とハード開発を一貫して行っていることが特徴です。

シンプルでスタイリッシュなデザインから、「デジタル端末はすべてApple製品」というAppleファンも少なくありません。

初めは2人(スティーブ・ウォズニアック氏と故スティーブ・ジョブズ氏)からなる小さな会社でしたが、今や世界で知らない人はいないほどの大企業になりました。記事執筆時点で、同社の時価総額は世界一位となっています。

Facebook(フェイスブック)

Facebookは、「Facebook」や「Instagram」、「Facebook Messenger」などを提供するIT企業です。2004年に設立された会社で、創業者のマーク・ザッカーバーグ氏をモデルにした映画『ソーシャル・ネットワーク』は日本でも話題になりました。同社の提供するサービス「Facebook」は世界最大級のSNSとも呼ばれており、今や世界の4人に1人がユーザーであると言われています。

Amazon(アマゾン)

Amazonは世界最大級の通販サイトです。もともとは書籍のネット販売を行っていた同社ですが、現在では「Amazonで買えないものはない」と言われるほどさまざまな製品を取り扱っています。また、最近では「Amazonプライム」などを通じて動画コンテンツの配信やクラウドサービスも行っています。

創業者であるジェフ・ベゾス氏は2020年のフォーブス世界長者番付で一位を獲得しています。

Microsoft(マイクロソフト)

Microsoftはアメリカの最大手のソフトウェア開発会社です。Excel、Word、PowerPointなどビジネスシーンになくてはならないソフトウェアを開発しました。 1975年にビル・ゲイツ氏とポール・アレン氏によって設立された同社は1985年にPC向けのOSであるWindowsを開発。Windowsは今でも世界各国で使用されるOSとなっています。

  • GAFAMを構成する5つの企業を解説

    どの会社も知らない人はいないほどの大企業です

GAFAMの共通点

続いてGAFAMの共通点をご紹介します。

ITを軸にしたプラットフォームビジネス

GAFAMはそれぞれインターネットを軸にしたプラットフォームビジネスを行っています。プラットフォームビジネスとは、サービスの提供者と顧客とを結ぶサービスのことです。

例えば、AmazonではAmazonのみがすべての商品を売っているわけではありません。Amazonはさまざまなブランドや業者に売る場所を提供することでも利益を得ています。他にもFacebookを利用した広告や、Googleアドセンス、Apple Musicなど、多くのユーザーがいるサービスの場をビジネスにも応用していくことでさらなる利益を出しているのです。

事業で得たビックデータを他サービスへ応用している

GAFAMはそれぞれ主要なITビジネスで得たデータを他のサービスへと応用しています。通称「ビッグデータ」と呼ばれる私たちの検索履歴や行動パターンは新たな人工知能や自動運転などさまざまなサービスを生む研究へと役立てられています。

  • GAFAMの共通点は

    主要サービスで得たデータをさまざまな新サービスの開発へと応用しています

まだまだある巨大IT企業の総称

主要IT企業の総称はGAFAMだけではありません。他にも多くの括りがありますので、ご紹介します。

GAFA

GAFAとは「Google」「Apple」「Facebook」「Amazon」の総称です。それぞれの頭文字を取っており、「ガーファ」と読みます。

FANG

FANGは「Facebook」「Amazon」「Netflix」「Google」の頭文字を取った呼び名のことです。「ファング」と読みます。

FAAA

FAAAは「Facebook」「阿里巴巴集団(Alibaba)」「Amazon」「Alphabet」の総称です。AlphabetとはGoogleの親会社を指します。「ファアア」と読みます。

FAANG

FAANGとは「Facebook」「Amazon」「Apple」「Netflix」「Google」の頭文字か取った総称です。読み方は「ファング」です。

FANNG

FANNGとは「Facebook」「Amazon」「Netflix」「NVIDIA」「Google」の呼び名です。読み方は「ファング」です。読み方は「FANG」「FAANG」と同じですが、入っている会社はそれぞれ違うので注意が必要です。

NVIDIAとはアメリカにある半導体メーカーです。XBoxやプレイステーションなどのCPU開発も行っています。

  • まだまだある巨大IT企業の総称

    GAFAMの他にもさまざまな企業の呼び名があります

次世代のGAFAM? 中国企業群「BATH」に注目

5企業の総額だけでも日本の時価総額を上回るGAFAM。もはや超えられないほどの大企業に思えますが、次世代のGAFAMと呼ばれている企業も多くあります。そこで注目されているのが中国企業群「BATH」です。

BATHとは、「百度(バイドゥ)」「阿里巴巴集団(アリババ)」「騰訊控股(点線と」「華為(ファーウェイ)」の頭文字をとったもの。読み方は「バース」です。例えば、2020年7月にはアリババ)が米株式取引でFacebookを一時上回る事態となったほか、テンセントもFacebookの時価総額にたびたび迫っています。

あなたにおすすめ : 熱視線を浴びる中国企業群「BATH」の招待

  •  次世代のGAFAMは?

    アリババをはじめとする中国IT企業の躍進も見逃せません

***

世界を席巻するIT企業であるGAFAM。私たちも日々GAFAMのサービスを利用しています。GAFAMは多くのユーザーから得たビッグデータを利用し、私たちの生活の新たなインフラとしての役割を果たしていくでしょう。現在は中国企業の躍進も目覚ましいものがあります。BATHをはじめとするIT企業の活躍にも目を離せません。