人生の転機とは、新しい状況に変化するトリガーのようなもののことを指し、誰の人生でも転換を迎える時期はあります。ただ、人生の転機が訪れていてもそのときは目の前のことに夢中で気づけず、後になって「あのときが人生の転換期だったかな」と思う人も多いでしょう。

本記事では、人生の転機のサインとは何か、そして人生の転機を乗り越えて人生を好転させるための行動を紹介していきます。来るべき「そのとき」のための参考にしてみてください。

人生の転機とは

人生の転機とは、今までとは違う新しい状況に遭遇する機会です。何かしらの影響を受ける事件が発端になったり、自分の意志で変化したいと想ったりすることがきっかけになります。

同じような日々を過ごしていても、何かをきっかけに気持ちの変化や状況の変化が訪れます。人生の転機で大切になるのが、その前触れの「サイン」にしっかりと気づくことです。自分の希望を明確にして、人生の転機に備えてどう動くか考えましょう。

  • 砂浜で逆立ちしている男性とサーフボードを持ってる人

    人生の転機はいつ訪れるかわかりません

■人生の転機は気づきにくい

人生の転機によって発生する出来事や変化は、その時期に取る行動と過ごし方で、プラスに働くかどうかが大きく異なります。ただ、実際に人生の転機が訪れていても、そのチャンスを見過ごしてしまうケースは少なくありません。

後になって「あれが人生の転機だったのかな」と過去を振り返る形で気づけることもありますが、人生の転機が訪れているときは「今は転機なんだ」という自覚を持ちにくいのです。

人生の転機の予兆

人生の転機が訪れるときは、その前に小さな変化が徐々に起こっています。人生の転機に気づくために、人生の転機の予兆や「サイン」を押さえておきましょう。

  • オーロラの中に立って見上げている人

    人生の転機の予兆やサインを見逃さないようにしましょう

■自分の環境に物足りなさを感じる

特に不満はないものの「最近なんだかつまらないな」と感じてしまうことはないでしょうか。日常に物足りなさを感じてしまうのは、人生の転機のサインです。

例えば、環境や仕事への違和感を覚え始めます。心のどこかで変化を求め始めると、平和に過ごしていてもそれを幸せだと感じなくなるでしょう。

物足りなさは、自分が停滞していることへの不満です。ステップアップのサインでもあり、動き出す動機を求めている可能性が高いでしょう。

■壁にぶつかりうまくいかない

仕事の失敗や会社の倒産など、壁にぶつかり突破口も見つからない状況は、これまでのやり方や意識ではいけない、生き方を変えるべきだという合図だと考えましょう。

行動次第でピンチをチャンスにでき、一気に幸せの階段を駆け上がれることもあるかもしれません。

■懐かしい人との再会

忙しい毎日を過ごしていると、過去に抱いていた夢や気持ちを忘れてしまうことがあります。昔付き合っていた人や、学生時代の同級生や先輩、恩師など、懐かしい人との再会によって呼び起こされる記憶や感情があるのではないでしょうか。

懐かしい人との再開で心機一転、新たな環境に身を置くことになるかもしれません。

■偶然が重なる

人生のターニングポイントでは、偶然と思うような出来事が起こります。偶然が続くと人生の転機のサインという可能性があるでしょう。長く考えていることが潜在意識に働いて、願いが叶いやすいような行動を無意識にとっていることもあります。

偶然が重なることで、「何度も起きるということは、自分を信じて行動を起こせということではないか」「これが人生の転機なのかもしれない」と自分自身で気づき始めるでしょう。

■大切な人との別れ

大切な人との死別や別れは、自分自身について考えるきっかけになるため、人生の転機の可能性と言えるでしょう。大切な人とは家族や子どものころからの親友、長く付き合ってきた恋人などです。

精神的に大きなショックを受け、別れを受け入れる過程でも変化があります。別れによってこれまでのしがらみから解放されることもあり、新しい方向に足を踏み入れるきっかけになるでしょう。

■好みが変わる

趣味などの嗜好や好みが変わり、これまで大切にしてきたことへの関心が薄れてしまい楽しめなくなったのは、「今までの状態から『卒業』したい」「変わりたい」という気持ちの表れかもしれません。

人間は変化する生き物なので好みが変わるのも自然なことですが、長く好きだったものへの執着が突然消えたのは、人生の転機のサインととらえてよいでしょう。

■引っ越ししたくなる

無性に引っ越しをしたくなったときは、「今までの環境から脱出したい」という強い意志がその背景に隠れていることがうかがえます。引っ越しをすると新しい環境を受け入れなければなりませんが、人生の転機を求めている人にとって引っ越しは有効な手段の一つと言えます。

■病気や事故

病気や事故によって今までと同じように働けなくなると、生活や仕事を変えなければならない状況に置かれるため、強制的に人生を見つめ直す機会が生まれます。

健康を失うことで、「今までのやり方はよくなかったのではないか」と自分に対して問いかけるきっかけになるでしょう。

人生の転機を乗り越えるための行動

人生の転機が訪れた際、それをきちんと認識して人生を好転させることが重要となります。以下に紹介する内容を参考にして、自分の人生を変えていきましょう。

  • 落ち葉の道に立っている女性の足

    人生の転機をつかむための行動について知りましょう

■厳しい状況でも焦らない

つらい状況に遭遇すると、楽な方に逃げたくなり、最善の決断ができない場合があります。心の整理がついていない状態で行動を起こせば今より状況を悪化させる可能性が高いため、厳しい状況でも焦らないことが大切です。まずは心を落ち着かせて、時間をかけて答えを出しましょう。

■ToDoリストを作成する

人生の転機を感じ取ったときは、状況を整理して選択肢がいくつあるのか書き出してみましょう。選択肢を書き出すときにはToDoリスト形式で、今の自分を変えられる選択肢を明文化しましょう。

人生の転機前は状況が悪いこともあり、頭の中が混乱しやすいこともあります。ToDoリストに書きだすことで、冷静さを取り戻し、最適な選択肢が見えてくるでしょう。

■自分の身に起こっていることを受け止める

自分が置かれている状況を理解せず、そのときのノリや気持ちで過ごしてしまうと、不安要素が残ったまま、転機を迎えてしまいます。

自分の身に起こっていることと状況について整理し、この状況になった原因など、過去も含めて見直しましょう。現状を正確に把握することで、未来に対して着実な一歩を踏み出せるでしょう。

■他の人の意見に耳を傾ける

自分のことを自分で考えるのは大切ですが、人生の転機では思いがけないピンチに襲われるケースもあります。冷静さを欠いて目先のことしか考えられないこともあるでしょう。

この場合は第三者に相談し、その意見に耳を傾けましょう。自分以外の人の意見を知ることで、自分では見えていなかった部分にも視野が広がります。論理的な決断をするためにも、幅広い意見を求めるとよいでしょう。

■迷ったときは直感で決断

客観的な意見を求めたり、自分自身が冷静になったりするためにいろいろな人から意見を聞くことは大切ですが、意見が分かれてしまい何がよいか逆に迷ってしまうこともあるでしょう。自分の人生は自分のものです。迷ったときは自分の直感を大切にしましょう。

人生の転機のサインに気づいて行動しよう

人生の転機のサインに気づけるかどうかが、大きなチャンスをつかむか逃すかの分かれ目にもなります。自分の環境に物足りなさを感じるときや偶然が重なるときは、自分の夢や気持ちを確認して行動を起こしましょう。

転換期に入る重要なタイミングなので、チャレンジしようと立ち上がる勇気を持って行動するとよいでしょう。