さまざまな特典があるAmazonプライムですが、会員にうれしいサービスの一つにAmazon プライム・ビデオがあげられるでしょう。「プライム会員特典対象 見放題作品」は無料で映画を無制限に視聴できますし、最新作などの「見放題作品」に含まれていない作品もレンタルで視聴が可能です。

映画ファンにとってはありがたい特典ではありますが、中には「作品数が多すぎて何を観たらいいかわからない」「映画は好きだけど、最近観ていないので、どんな映画が話題なのかわからない」という方もいるでしょう。

そんな方のために、Amazonが公式サイトで発表した最新版(2019)年の「プライム会員特典対象 見放題作品 映画ランキング」の映画総合部門と「レンタル作品ランキング」のレンタル映画部門のベスト5を紹介。主な出演者やあらすじ、見どころをまとめましたので、作品選びの参考にしてみてください。

  • プライム会員特典対象 見放題作品 映画ランキング 映画総合部門ベスト5

    Amazonプライムで人気の映画をご紹介します

映画総合部門ベスト5

Amazon プライム・ビデオではさまざまな作品が見放題であり、新作映画も続々と公開されています。ベスト5に挙がった作品も、いずれも新しい作品ばかりです。あなたが観た作品、観たいと思っていた作品もあるかもしれません。

第1位:『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』

制作年:2018年(2018年邦画部門興行成績第1位)
ジャンル:医療ドラマ
監督:西浦正記
主演:山下智久 新垣結衣 戸田恵梨香 比嘉愛未 浅利陽介

あらすじ:2008年初放映後、3シーズンにわたって続編が作られてきたTVドラマが劇場映画になりました。フライトドクター候補生として翔陽大学附属北部病院救命救急センターに配属された主人公たちも、一人前となり医療の最先端で働いています。そこへ飛び込んできたのが巨大フェリー衝突事故の一報。さらに成田空港では緊急着陸事故が起こります。医療者として、人間として成長を続ける主人公たちの姿が丁寧に描かれます。

見どころ:若い医療者たちが、仕事について、家族の問題について、これからの人生について、葛藤するドラマと絡み合いながら、事故に巻き込まれる人々や患者たちに抱えるドラマが描かれます。誰もがそれぞれに過去を背負い、未来に思いをはせていることを思い出させてくれます。過去に放映されたドラマを観ていた人はもちろん、ドラマを観たことのない人も楽しめる映画です。

第2位:『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』

制作年:2018年
ジャンル:スパイアクション
監督:クリストファー・マッカリー
主演:トム・クルーズ

  • 主演のトム・クルーズ

    主演のトム・クルーズ

あらすじ:「ミッション:インポッシブル」シリーズの第6作は、プルトニウムをめぐる争奪戦です。仲間を助けるために奪われたプルトニウムを追って、主人公のイーサン・ハント(トム・クルーズ)たちのチームは、ロンドンからパリ、カシミールと移動しながら、決死の闘いを続けます。

見どころ:息もつかせぬアクションが評判のミッション・インポッシブルシリーズですが、トム・クルーズのシャープな動きはまったく年齢を感じさせません。名場面連続のなかでも、シアチェン氷河をバックにしたヘリコプター・アクションは、緊張の場面なのに氷河の美しさと壮大さが伝わってきて、今回の必見シーンとなっています。

第3位:『万引き家族』

制作年:2018年
ジャンル:ドラマ
監督:是枝裕和
主演:リリー・フランキー 安藤サクラ 松岡茉優

あらすじ:東京の下町で、高層マンションに囲まれた今にも壊れそうな平屋に柴田治(リリー・フランキー)とその妻・信代(安藤サクラ)、息子の祥太(城桧吏)、信代の妹の亜紀(松岡茉優)、そして治の母の初枝(樹木希林)が暮らしていました。家族は治と信代の給料、さらに初枝の年金で生計を立てており、それでも足りない分は万引きで補っていました。ある日、治と祥太は近隣の団地の廊下で震えていた幼い少女を見かねて自宅へと連れて帰りますが、この件がきっかけとなり、家族のさまざまな秘密が明るみになっていきます。

見どころ:親に見放された子どもたちが主人公の『誰も知らない』や、出生時の病院で子どもを取り違えられた2つの家庭を取り上げた『そして父になる』など、「家族」をテーマにした作品に定評がある是枝監督。治たちに隠された秘密が次々と判明していき、物語がラストに近づくにつれて「家族とは何なのか」ということを改めて考えさせられる作品となっています。

第4位:『ジュラシック・ワールド/炎の王国』

制作年:2018年
ジャンル:アクション
監督:J・A・バヨナ
主演:クリス・プラット ブライス・ダラス・ハワード レイフ・スポール

あらすじ:ハイブリッド恐竜、インドミナス・レックスとT-REXの激しいバトルなどでテーマパーク「ジュラシック・ワールド」が崩壊してから3年、パークがあるイスラ・ヌブラル島は恐竜たちが自由に生息できる環境になっていました。そんなある日、島で火山噴火の予兆が見られため、かつてのパーク運営責任者・クレア(ブライス・ダラス・ハワード)と恐竜行動学の専門家であるオーウェン(クリス・プラット)は悩んだ末に恐竜救出を決意し、再び島へと向かいます。

見どころ:本作品は前作「ジュラシックワールド 」以上にアニマトロ二クス(メカ二カル駆動による実物大スケールの恐竜ロボット)を駆使して撮影が行われています。ジュラシックシリーズにCGは欠かせない存在ですが、このアニマトロ二クスにより比重を置いて製作がなされたことで、観る側が恐竜の迫力やリアルさを一層感じられるようになっています。そのため、子どもから大人まで楽しみやすい一本と言えるでしょう。

第5位:『亜人』

制作年:2017年
ジャンル:アクション
監督:本広克行
主演:佐藤健 綾野剛

あらすじ:事故をきっかけに、研修医の永井圭(佐藤健)は自分が不死の身体を持つ「亜人」であることを知ります。亜人であるがために非人道的な実験を受けることになった圭を救出してくれたのは、同じく亜人でテロリストの佐藤(綾野剛)でした。「亜人の人権」を求める佐藤でしたが、彼が本当に求めていたのは大規模テロによる国家転覆。佐藤の暴走を止めるために、亜人同士の闘いが始まります。

見どころ:人気コミックを実写映画化した本作は、「亜人vs人類」の構図が、よりシンプルに、迫力をもって展開されます。この映画の見どころは、絶対に死なない「亜人」を、生身の俳優が演じることで生まれた迫力と質感、そして再生シーンにあります。通常の映画なら、悪役が死んで「終わり」になるはずが、再生を繰り返す亜人同士の闘いがどう決着するのか。スピード感あふれるバトルシーンと、不死身のテロリスト・佐藤の冷徹な笑みを楽しんでください。

映画総合部門のまとめ

映画総合部門ベスト5は、『万引き家族』を除けば、映画ならではのダイナミックな映像と、展開が早く、これからどうなっていくのだろうというワクワク感がたまらない作品のラインナップになりました。第1位の『劇場版コード・ブルー』は、映画館で観てもう一度家でも観た、という人も多かったのではないでしょうか。