8月は葉月(はづき)とも呼ばれ暑さが厳しくなる季節ですが、暦の上では8月8日に「立秋」を迎えて秋が始まります。暑さが厳しい8月の季節の挨拶は、夏をイメージさせる「向日葵」や「夕涼み」などの言葉を使って、季節感のある文章を紡ぐようにしたいところです。

本記事では、8月の季節の挨拶・時候の挨拶や手紙の書き方などについて、例文を交えながらくわしく解説します。コロナ禍における手紙の文例もあるので、参考にしてください。

  • 「8月」の表現方法

    8月ならではの手紙の書き方を覚えておきましょう

【8月】季節(時候)の挨拶文のポイント

季節の挨拶は、通常「頭語」の後に書きます。「頭語」とは、「拝啓」など文章の最初の書き出しのことで、頭語を使う場合必ず文末には「敬具」などの「結語」で文章を結びます。

ただし「拝啓」「敬具」と書くことで、文書が堅苦しく感じられることもあるので、親しい間柄の人へ向けたメールや手紙では、頭語・結語を省略して季節の挨拶から書き出すケースもあります。

8月の季語

季節・時候の挨拶を送る際、本文にその月を表す季語を入れましょう。季語というと堅苦しいイメージですが8月に行われる「ねぶた」や「初嵐」「迎火」などが季語に含まれます。季語を使うと、8月の雰囲気が感じられますね。

植物 鳳仙花・西瓜・向日葵
生き物 蜩・鈴虫・こおろぎ
風物詩 浴衣・盆踊り・五山の送り火・夕涼み
  • 「8月」の表現方法

    8月を連想させる言葉はたくさんあります

8月の季節の挨拶と例文(フォーマルなシーンの場合)

ここからは、実際にビジネスメールなどで使える例文を交えながら、8月にふさわしい季節の挨拶をご紹介します。

漢語調の季節の挨拶は、上旬・中旬・下旬など、月のいつの時期かによっても使う言葉が異なります。8月のそれぞれの時期別に、季節の挨拶をご紹介しましょう。先に紹介したビジネスレターの例文と季節の挨拶を組み合わせれば、あとは本文を追加するだけでビジネスメール・レターの完成です。

8月全般、上旬・中旬・下旬(1日~月末)

晩夏の候(ばんかのこう)を用いた例文

8月の上旬から8月下旬まで、ほぼ全般わたって使えるのが「晩夏の候」です。夏の終わりを意味する言葉で、本来であれば「立秋」(8月6日頃))までの挨拶になりますが、暑さの続く現在では8月全般で使われるようになっています。

【例文】
拝啓 晩夏の候、貴社益々ご隆昌のこととお慶び申し上げます

8月上旬(1日~10日)

大暑の候(たいしょのこう)を用いた例文

8月上旬(7月23日頃~8月7日頃)の時候の挨拶は、二十四節気のうち「大暑(たいしょ)の候」を用います。

【例文】
拝啓 大暑の候、貴社におかれましては益々ご清栄のことと心よりお喜び申し上げます

暮夏の候(ぼかのこう)を用いた例文

夏の終わり、小暑から大暑の間までに使われる挨拶です。

【例文】
拝啓 暮夏の候、貴社におかれましては、益々ご発展の段、大慶に存じ上げます

8月中旬(11日~20日)

立秋の候(りっしゅうのこう)を用いた例文

暦の上では8月8日頃から秋となります。この立秋の時期に用いられる挨拶が「立秋の候」です。現代ではまだ暑い時期ではありますが、だんだんと吹く風などに秋を感じる頃です。

【例文】
拝啓 立秋の候、貴社益々ご隆昌のこととお慶び申し上げます

残暑の候(ざんしょのこう)を用いた例文

残暑とは、立秋を過ぎても続く暑さを指す言葉です。残暑見舞いを出すのは、二十四節気の立秋と処暑の間、白露(9月8日頃)までとなります。

【例文】
拝啓 残暑の候、貴社におかれましては益々ご清栄のことと心よりお喜び申し上げます

8月下旬(21日~月末)

処暑の候(しょしょのこう)を用いた例文

8月下旬(8月23日頃~9月7日頃)の時候の挨拶は、二十四節気のうち「処暑(しょしょ)の候」を用います。

【例文】
拝啓 拝啓 処暑の候 平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます

向秋の候(こうしゅうのこう)を用いた例文

「向秋」とは文字通り、秋へ向かう頃を表す言葉です。8月下旬から9月上旬の、実際の気候が秋に近づく間に使います。

【例文】
向秋の候、貴社におかれましては、益々健勝にお過ごしのことと存じます

8月にふさわしい結び

漢語調の場合、結びの文に季節的な要素を入れなくても問題はありませんが、8月にあった結び文を入れることで、より季節感のある文書となります。

8月にふさわしい結びの例をご紹介しましょう。

暑さに関する結び

・残暑厳しき折、お体にお気をつけてお過ごしください
・厳しい暑さでではございますが、貴社の更なるご発展を心よりお祈り申し上げます

健康に関する結び

・熱中症などになられぬようご自愛ください
・時節柄、お体にお気をつけくださいませ
  • ビジネスでも使える! 7月の季節の挨拶

    自分なりの発想で8月を表現することも大切です