8月は夏の暑さが本格的になってくる月です。今回は、ビジネスシーンにおける8月の挨拶を、与える印象と時期ごとに分けて解説していきます。

どのシーンにどのようなフレーズが合うのか、場面や相手との関係によってふさわしい言い回しも異なります。シーンにあわせた使い分けや実際の例文もご紹介しますので、ご自身の使いやすい言葉を使ってみてください。

まず、どのような印象を与えたいか考えよう

まずは、メール全体をどのような印象にするかを考えていきましょう。

  • まず、どんな雰囲気で伝えたいか考えよう

    まず、どのような印象を与えたいか考えよう

挨拶は一般的に2種類あり、ひとつが「~の候」という漢語調、もうひとつが「~の季節になりました」などと話し言葉のような形の口語調です。

「の候」を使う漢語調で書く

「~の候」という言葉で始まる漢語調を使うと、文章全体がかたく、引き締まった印象になります。真面目な印象を残したいとき、丁寧な雰囲気で書きたい手紙のときなどに使用します。目上の方やお客様に宛てた手紙やメールにおすすめの挨拶です。

最初と最後に頭語、結語という、拝啓や敬具をつけます。普段の言葉遣いとは違うため、なかなか使い慣れない方も多いようですが、よく調べたうえで適切な言葉を使うと失礼がありません。

話し言葉に近い口語調で書く

話し言葉に近いため、口語調は漢語調に比べるとやわらかくカジュアルな印象になります。決まった形式がないため、自分の感性や思ったことを表現しやすく、手紙やメールに温かみを添えることができます。頭語や結語(拝啓、敬具)は省略できるためあまり使うことはありませんが、覚えておくといいでしょう。

漢語調を使った季節の挨拶

漢語調で使用する挨拶をご紹介します。古くから使用されている言葉が多いため、よく調べて正しく使いましょう。

  • 漢語調を使った季節の挨拶

    漢語調を使った季節の挨拶

暦が今と昔では違うため、使う言葉を選ぶ際にはその点も注意が必要です。

「盛夏の候」「盛暑の候」「大暑の候」

「盛夏(せいか)」「盛暑(せいしょ)」「大暑(たいしょ)」とは、「夏の一番暑い時期」のことを言います。季節の挨拶で使用するのは7月上旬から8月上旬までです。実際には一番暑い時期に使用するのではなく、暦の上で秋が始まる8月8日頃の「立秋」の前日まで使用します。

「立秋の候」「晩夏の候」

「立秋(りっしゅう)」は、まだ秋めいてきていない時期ですが、暦の上では8月8日頃から8月22日頃までとなるため、8月中旬頃に用います。

「晩夏(ばんか)」は夏の終わりを指す言葉です。暦の上では夏の終わりは立秋の前日になるため、8月上旬が晩夏になるのですが、実際の季節感とは外れてしまうため、季節の挨拶では8月中旬頃まで使用します。

「残暑の候」「処暑の候」

「残暑(ざんしょ)」は、立秋後に残る暑さのことを指します。立秋は8月8日頃から8月22日頃までなので、季節の挨拶ではその後から9月の上旬にかけて使うことができます。残暑という言葉は「残暑見舞い」でも使われるため聞いたことがあるかもしれません。

「処暑(しょしょ)」は二十四節気の一つで、8月23日頃から9月8日頃となる「白露」の前日までのことをいいます。この期間が「残暑」に当たります。

漢語調の例文を見てみよう

ここで具体的に漢語調を使用した例文を見てみましょう。実際に企業に宛てるメールを想定した季節の挨拶文です。

拝啓

晩夏の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

平素は格別のご高配を賜り、心から感謝いたしております。

さて、(本文)

今後におきましても変わらぬご高配を賜りたく、心からお願い申し上げます。

まずは書中にてお知らせいたします。

敬具

このように、全体的に硬く引き締まった印象を持たせることができるのが漢語調です。

口語調を使った季節の挨拶

続いて、口語調を使った季節の挨拶を見ていきましょう。

  • 口語調を使った季節の挨拶

    口語調を使った季節の挨拶

漢語調では堅苦しいなと感じた方は、こちらを使うのがおすすめです。

8月上旬の挨拶

8月上旬は本格的な暑さが続き、暦の上でも夏を指すため「毎日暑い日が続いておりますが、皆様にはお健やかにお過ごしのことと存じます」などと挨拶するのはいかがでしょうか。身体を気遣う言葉を添えるのもおすすめです。

8月中旬の挨拶

8月中旬になると、暦の上では秋になってくる時期です。「立秋とは名ばかりで猛暑が続いておりますが、〇〇様にはお変わりなくお過ごしのことと存じ上げます」などと、立秋をからめて挨拶するのもおすすめです。

8月下旬の挨拶

8月下旬になると、少しずつ夏の風景から秋に変化し始めるため「今年の夏もようやく盛りを過ぎようとしていますが、いかがお過ごしでしょうか」などと挨拶をしてみることがおすすめです。

口語調の例文を見てみよう

では、口語調の例文を結びの言葉とともに見てみましょう。

残暑が続きますが、暦の上ではもう秋です。お変わりなくお元気でお過ごしのことと存じます。

いつもご支援を賜りましてまことにありがとうございます。

(本文)

時節柄、ご自愛のほどお祈り申し上げます。

まずは書中にてお知らせいたします。

文の初めと終わりに、頭語と結語の拝啓、敬具を入れることで丁寧さが出ます。ビジネスメールの際に入れるのもおすすめです。

季節感を出して印象よく

毎日のやりとりのメールにも季節の挨拶を添えることで、やりとりに彩りが出て雰囲気がよくなります。

今回ご紹介した漢語調や口語調を使い分けるだけでも、相手に丁寧な印象を与えます。また、挨拶のバリエーションも増えます。

8月は夏の暑さが続き体調も気になる時期ですが、暦の上では秋も始まります。やりとりに季節の挨拶を添えて、印象を明るくしてみましょう。