ローイングマシンのおすすめ10選|効果的な筋トレ・ダイエットに

【この記事のエキスパート】

フィットネストレーナー講師:曽谷 英之

フィットネストレーナー講師:曽谷 英之

神戸大学大学院で運動障害論を学び、ロサンゼルスでの筋肉留学を経てパーソナルトレーナー活動を始めました。

ロジカルで分かりやすい指導がトレーニング初心者の方にご好評をいただき、パーソナルトレーニングマッチングサイト 「MY TRAINERS(マイトレーナーズ)」の2018年度人気No.1トレーナーになりました。

現在は、フィットネストレーナーを「一家に一台」提供するために、トレーナースクール「MY TRAINERSアカデミー」の講師を担当しています。


カヌーやボートを漕ぐ動きで全身が鍛えられるローイングマシン。この記事では、フィットネストレーナー講師である曽谷英之さんにお話をうかがい、選び方のポイントとダイエット用の手軽なマシンから本格トレーニングができるものまでおすすめの商品をご紹介いたします。後半にランキングもありますので、ぜひ参考にしてみてください。

ローイングマシンとは?

ローイングマシンとは、カヌーやボートを漕ぐ動きを再現することで、全身の筋肉を鍛え有酸素運動ができるマシンのことです。

ダイエットはもちろん背中や体幹も鍛えられ、腰痛改善の効果も期待できますよ。ただし、使い方によっては腰痛を悪化させることもあるため、正しい姿勢や負荷でおこなうことが大切です。

ローイングマシンを選ぶ4つのポイント

ここからは、ローイングマシンを選ぶポイントをご紹介します。

ローイングのタイプ、折りたたみ式かどうか、モニター表示の有無、安全性の4つの観点から解説。どれも大切なポイントですので、しっかりチェックしてくださいね。

目的に合わせてタイプを選ぶ

King kang『ローイングマシン』:

出典:Amazon

ローイングはおもに「油圧式」「マグネット式」「水圧式」にわかれます。油圧式とマグネット式は負荷をこまかく調整でき、音が静かなのがメリット。ただしマシンをある程度動かすと熱を持ってしまうため、動かした時間の倍は休ませる必要があります。

一方で水圧式はレバーを引く速さで負荷が変化するので、実際にボートを漕いでいるような運動が可能。長時間の運動にも適していますが、やや高価なのがデメリットです。

折りたたみ式なら収納も便利

ノルディックトラック『RW900 Rower』:

出典:Amazon

スペースを取られがちなローイングマシンですが、折りたたみ式なら運動後にたたんでしまえば生活の邪魔になりません。

また折りたたみ式でなくても、マシンを縦に収納できるものも。キャスターつきであれば力がなくても移動できるので、女性でもラクに収納することができますよ。

モニター表示で運動の状況を確認

アルインコ『ローイングマシン2000』:

出典:Amazon

モニターがついているローイングマシンは、時間や消費カロリーなど、自分の運動状況をチェックできます。

この運動状況のチェック項目は、マシンによってさまざま。運動状況を見ながら鍛えたいという方は、モニターに表示される項目もチェックしましょう。

マットや滑り止めで安全性を確保

リーディングエッジ『ウォーター ローイングマシン』:

出典:Amazon

激しい運動をするローイングマシンは、安全性が考慮されているかどうかも大切なポイントです。床との接地面に滑り止めがついているか、必ず確認しましょう。

もし滑り止めがない場合は、床のキズ防止や騒音対策も兼ねて、専用のマットを購入してから使用してくださいね。またペダルに固定ストラップがあれば、足をふみ外してケガをすることを防げるので安全です。

フィットネストレーナー講師よりアドバイス
作りがしっかりしていて、長く使えるものを選びましょう

【エキスパートのコメント】

ローイングは日常生活で使いにくい背中の筋肉を鍛えることができます。環境や予算にもよりますが、ある程度しっかりした作りのもので長いつき合いができるマシンがおすすめです。

選び方のポイントはここまで! では実際にエキスパートが選んだ商品は……(続きはこちら)