新型コロナウイルス感染症予防のために、屋内ではこまめな換気が必要とされています。その一方で、この夏は熱中症予防も同時に行わなければなりません。

熱中症予防のために、適切なエアコンの稼働が大切とされていますが、頻繁な換気は室内の温度上昇を招き、両立させるにはちょっとしたコツを押さえておく必要があります。

そんな中、空調機専業メーカーのダイキン工業が同社の会員制サイト「CLUB DAIKIN」において、「コロナ禍における"熱中症対策"と"上手な換気の方法"」と題したオンラインセミナーを開催したので紹介します。

  • 登壇した、帝京大学医学部附属病院で高度救命救急センター長を務める医師の三宅康史氏(中央)と、ダイキン工業の広報の重政周之氏(右)と同野呂朋未氏(左)

熱中症には2つのタイプがある

セミナーでは、帝京大学医学部附属病院 高度救命救急センター長の三宅康史氏による、「コロナ禍における熱中症対策について」という講演が開催。

三宅氏は、『現場で使う!! 熱中症ポケットマニュアル』(中外医学社)の著者としても知られ、「今年の夏は、いつもとは違ってコロナにも熱中症にもかからないようにすること、どちらもしっかりと予防することが大切」と語ります。

熱中症には2つのタイプがあり、このうち"非労作性熱中症"と呼ばれるタイプが特に注意が必要な症状。「家の中で特に何もしていないのに熱中症になる」のが特徴で、60代以上の高齢者が多いと言います。

全年齢層での男女差はないものの、高齢になるにつれて女性が増える傾向と、基礎疾患のある人が多く、複合的な要因で重症化しやすいので注意が必要です。

「昨今は熱波で昼夜問わず暑さが続き、徐々に徐々に室内に熱がこもり、いつまで経っても室温が下がらないという状況。年齢が高くなるにつれ、熱に対する耐性が弱くなっていくため、段々と悪化して重症化しやすい」とのこと。

三宅氏が示した、環境省の統計によると、6~7月の熱中症による国内の死亡者は2010年に1,700人を超えました。2018年にも1,500人程度が熱中症で命を落としており、「短期間で千何百人もが亡くなっている。これはもう災害とも言えます」と三宅氏。

熱中症による死亡者では、65歳以上が80.4%を占めています。他方、若年層の死亡者は減少傾向にあります。

  • 環境省がまとめた、2007年から2018年の熱中症死亡者数の年次推移 画像:オンラインセミナーより

  • 熱中症死亡数の年齢階層別割合の年次推移 画像:オンラインセミナーより

熱中症になった時の応急処置

その理由は、若年層の場合には"労作性熱中症"と呼ばれるもう1つのタイプが多いため。この場合には、主に炎天下での激しい運動や労働が主な原因で、10代はスポーツ、40代以降は肉体労働に起因するケースが多いことから、「もともと元気な人が、頑張り過ぎて熱中症になるので、すぐに回復します」と述べました。

  • 2018年に日本救急医療学会がまとめた「熱中症入院例の発生状況と発生場所」 画像:オンラインセミナーより

  • 労作性熱中症と非労作性熱中症の比較  画像:オンラインセミナーより

熱中症の重症度の判定には、まずは意識の確認をした後、自力で水分補給ができるか否かが基準とのこと。そのまま20~30分様子を見た後、回復すれば軽症ですが、よくならない場合には重症と判断されるので医療機関を受診したほうがよいとのことです。

  • 熱中症の重症度を判定のためのチェックポイントのチャート図 画像:オンラインセミナーより

そして、応急処置を行う際のキーワードは"FIRE"。F=Fluid(適切な水分補給)、I=Icing(身体を冷やす)、R=Rest(安静)、E=Emergency(救急搬送/119番)という4つの措置を行います。

コロナ禍の中では、新しい生活様式として"マスクの着用"が定着しました。三宅先生も「飛沫の拡散をかなり抑えられるため、マスクは非常に大事」と推奨します。

  • 三宅氏による新型コロナ予防のポイント 画像:オンラインセミナーより

しかし、夏場のマスクの着用は熱中症予防との両立が欠かせません。「呼吸というのは、通常は冷たい空気を吸うことで身体を冷やす効果がありますが、マスクをすることで、マスクで暖まった外気を吸って、それを吐くときにさらにマスクを温めてしまうことになるので、体内に熱がどんどん溜まってしまいます」と、マスクが熱中症のリスクを高めるメカニズムを説明しました。

さらに、マスクという"ついたて"を通して呼吸を行うことも熱中症のリスクを高めるもう1つの要因。「呼吸筋を余計に働かせてしまうことになりので、スポーツをしているのと同じ状況になり、身体を温めてしまう」と、危険性を指摘しました。

とはいえ、通気性を優先してしまうと、"飛沫の拡散を抑制する"という本来の目的を果たすことができなくなるので、新型コロナウイルス予防で推奨されるマスクとして、FDA(アメリカ食品医薬品局)の自主基準を満たしていることを示す「マスク工業協会」のマークが付いたもので、帯電している不織布のマスクを挙げました。

新型コロナウイルスと熱中症の対策が必要

マスクをした上で熱中症を防ぐためには、冷房の効いたところで過ごすことや、三密を避けた場所ではマスクを外すなど臨機応変に対応することも大事だと言います。

「マスクを外すチャンスは必ずあります。周りに人がいなければ、飛沫を吸い込むことも、広げることもないので、マスクをする必要はありません。自分で広い場所に移動するなど、意識して、新型コロナウイルスと熱中症の対策を行ってください」と三宅氏。

毎日、現場で救急医療にあたる医師の1人として、「救急搬送された患者さんが新型コロナウイルスによる肺炎か、熱中症かはすぐに判別できません。医療従事者は毎日体調をチェックして、自身が熱中症にかからないように努力し、クラスターの危険にもならないように注意しながら活動していますが、それぞれがコロナにも熱中症にもかからないように、今年の夏は両方をよりていねいに少し大がかりで行うことで、どちらも防ぐことができます。その結果、医療現場の負担を避けられ、医療崩壊を防ぐことにもつながります」と、注意喚起しました。

エアコンを効率よく使う換気の方法

続いてのセッションでは、「エアコンは換気を行えない」というメッセージを発信し続けてきたダイキンによる、コロナ禍におけるエアコン冷房と両立した効率的な換気の方法が紹介されました。

基本的な換気対策としては、2003年以降に建築された建物内では、法律により設置が義務付けられている「24時間換気システム」で行えるとのこと。しかし、「スイッチがオンになっているかをしっかりと確認してほしい」と注意を促しました。

さらに、より十分な換気を行うためには、窓開けによる定期的な換気も推奨します。その際のポイントとなるのは、まずは「対角線上の離れた2ヶ所の窓を開けること」。その上で、「空気の入り口を小さく、出口を大きくすることで風が勢いよく通り抜け、効果的な換気が行える」と言い、ポイントとして「風の入り口と出口が近すぎないこと」も付け加えました。

  • 窓開け換気は対角線上にある2ケ所の窓を開けると効果が高い 画像:オンラインセミナーより

  • 入り口を小さく、出口を大きくすることで、風が通り抜ける勢いが増し、換気の効果が高まる 画像:オンラインセミナーより

  • 風の入り口と出口が近すぎると、部屋の奥が換気されずに効率が悪くなるので要注意 画像:オンラインセミナーより

窓が1つしかない場合には、扇風機やサーキュレーターが有用。その際、空気が窓の外に流れるように、窓の外に向けて設置するというのがポイントだと言います。

  • 窓が1ケ所しかない場合には、図のように扇風機やサーキュレーターを窓の外に向けて、空気を外に流れるようにすることで補うことができる 画像:オンラインセミナーより

窓を開けても風が通らない間取りの場合には、キッチンのレンジフードを強運転で併用するのが有効。「レジフードは家庭内で排気を行う機器の中でいちばん排気量が多く、換気のサポートになります」と説明しました。

窓を開けての換気の頻度については、「回数がなるべく多いほうが効果的」で、例えば、10分間の換気を1時間に1回行うよりも、30分ごとに5分間の換気で、1時間に2回行うほうがよく、「ウイルス対策に限らず、室内の空気中に漂うCO2をはじめ、ホルムアルデヒド、VOCといった有害物質の濃度を薄められるので健康のためにも必ず行ってほしい」と注意します。

また、「窓を開けっぱなしにすると、外から暑い熱風が入ってきます。窓を開けている間も室温を押さえるため、エアコンはつけたままのほうがいい。設定温度をふだんより少し低めに設定しておくことで急激な室温上昇も抑えられ、電力消費の増加を抑えられます。エアコンはスイッチをオンにした時に電力消費が大きくなるため、節電のためにもつけっぱなしをお勧めします」とのことでした。

さらに、エアコン運転時の換気の際には、室内機から離れたほうの窓を開けることもポイント。

「熱い空気を吸い込むと、エアコンへの負荷が高まり、より電力を多く消費します。同じように室外機の周りに物があると、空気の流れが滞って、熱がうまく逃がせずにエアコンに負担がかかります」と解説し、室外機の周りの整理整頓や2週間に1度を目安にフィルターを手入れすることを勧めました。