永久歯の中で最後に生えてくる親知らず。「智歯」の別名でも知られるこの歯は奥歯の最も後ろにあるうえ、斜めに生えてくるケースもあり、歯が磨きにくい。そのため、虫歯や歯肉炎などのトラブルにつながりやすく、場合によっては抜歯も必要となってくる。

万一抜歯をしてしまったとなると、「抜歯後いつ食事をしたらいいのか」「どんな食べ物を摂取したらいいのか」などが気になるところ。そこで今回、中村歯科医院の院長で小倉歯科医師会の理事でもある中村貢治医師に「親知らず抜歯後の食事」についてうかがった。

  • 親知らずの抜歯後におすすめの食事とは

親知らず抜歯後はいつから食事をしていいの?

親知らずを抜歯する際は通常、局所麻酔を用いて施術する。抜歯後は、その麻酔が切れるまでは食事をしない方がよいと中村医師は解説する。

「麻酔が効いている間は口腔内の熱や痛みを感じる感覚がなくなるので、思わぬ火傷やケガにつながる恐れがあります。麻酔が切れるのがだいたい2時間後ぐらいですので、抜歯後3時間を目安としてそれまでは飲食を控えた方がいいでしょう」

抜歯後の治癒スピードを高める血餅とは

抜歯をすれば当然、その箇所から出血する。この血をそのまま放置すると血の塊である「血餅(けっぺい)」ができる。いわゆるかさぶたのようなもので、血餅は傷口が治るスピードを速めてくれる。

この血餅が取れると傷口の治りが遅くなってしまい、抜歯した後の穴が塞がらずに骨が露出してしまう「ドライソケット」の原因にもなってしまう。指や舌先による接触、あるいはうがいなどで血餅が取れてしまうため、「抜歯後しばらくはうがいをせず、たまった唾液を吐く程度にすれば血餅を保護することができます」と中村医師はアドバイスを送る。

抜歯後に避けた方がよい食べ物

抜歯をした当日は、傷口の治りを早める血餅が取れやすくなっているので食事にも配慮する必要がある。では、抜歯後に避けるべき食品にはどんなものがあるのだろうか。

「『刺激の強いもの』や『熱いもの』、『硬いもの』は避けた方がいいでしょう。刺激の強いものは傷口によくなく、患部にしみるからです。熱いものを食べると、その熱により、血管が開いてしまい傷口から再出血する可能性があるのでご法度。硬いものは傷口を傷つけてしまうため、避けた方がいいですね」

具体的にNGなものの一例として、以下のようなものがある。

■カレー
■担々麺
■キムチ
■アルコール
■せんべい
■スナック菓子

抜歯後におすすめの食べ物

一方で、抜歯後に食べるものとしておすすめなのは、以下のようなやわらかくて食べやすいものだという。

■雑炊
■おかゆ
■スープ
■温うどん
■温そば

極端に熱いものや冷たいものは患部を刺激してしまう恐れがあるので、これらのメニューを食べる際はなるべく熱を冷ました状態で食べるとよい。抜歯後、数日は痛みが残っているケースがあるため、数日~数週間をかけてこれらのやわらかい食べ物から通常の食事へと徐々に移行していくといいだろう。

中村貢治(なかむらこうじ)

大学卒業後、大学院時代にNASAでの宇宙実験で博士号を取得、放射線学教室医局長・大学講師を経て開業、現在は小倉歯科医師会理事、福岡県歯科医師会部会部員等、診療とともに社会貢献を行っている。