2020年もスタートしました。これから立春までの期間は、どんどん新しいエネルギーに切り替わっていきます。2020年にビジネスで成功をおさめる開運アクションをご紹介します。

2020年はどんな年?

2020年は「豊潤」を表す金のエネルギーの影響を強く受ける年です。まるで蝶が軽やかに舞うような華やかな雰囲気を漂わせる2020年は、「楽しむ」「口」がキーワード。コミュニケーションスキルの高さが大きく運気を左右する年です。

人間関係の問題は、誰にとっても悩ましいものです。ビジネスをしていくうえでもプライベートでも、コミュニケーション能力が物事の結果に大きく影響していることを痛感している人も多いのではないでしょうか。2020年は、特にコミュニケーションを円滑にすると幸運が舞い込む年となります。詳しくみていきましょう。

興味があること&楽しいことを積極的に発信する

「コミュニケーションを円滑に」と思うと自分が話すことに注意を向けがちですが、まず人に興味を持ち関心を寄せましょう。相手のことを知りたいと思い、相手の話を聴くことがポイントです。人は自分のことをわかってくれる人に好感を持ちやすく、さらに出身地や趣味などの共通点があるとさらに信頼を深めやすくなります。そのうえで、相手にとっても自分にとっても興味があること、楽しいことと感じられる情報を積極的に発信しましょう。

ポジティブな言葉に脳内変換して伝える

ビジネスのシーンでは、シビアな意見が飛び交う機会も少なくないでしょう。ネガティブな情報をストレートに伝えることが適切と判断される場合を除き、ネガティブな言葉はポジティブな言葉に脳内変換して伝えましょう。「口は災いのもと」とも言われますように、ネガティブな言葉は周囲に与える影響だけでなく、その人の運気そのものもダウンさせます。

肯定的な内容や楽しい話題は、たとえ相手のこととは全く別の話題をしていたとしても、無意識のうちに話している相手に自分自身も肯定されているような大きな包容力を印象づける効果が期待できます。楽しい雰囲気をつくることを心がけましょう。

感謝の気持はすぐに言葉に表す

ありがとうはの語源は「有り難し」。めったにないことの意とされています。改めて感謝のことばを伝えるのは少々恥ずかしく照れくさい、目上の人ともなると気を遣いすぎてついタイミング逃すこともありますね。

ですが、感謝の気持ちはいくら心の中で思っていても、口で伝えなければ相手には伝わりません。何かをしていただいたときは、すぐに感謝の気持ちを伝えましょう。単にありがとうと伝えるより、具体的な内容を添え、メールやメッセージカードなどの文章で伝えるものGOOD。あなたが発信した感謝の気持ちのパワーが、巡り巡って自分の下へとまた還り幸運が運ばれます。

いかがでしょうか。思い悩んでいることがあってもおもいきって口に出し相手に思いを伝えてみると、意外とスムーズに運ぶケースもあります。この機会にコミュニケーションの力を大切にして楽しい2020年といたしましょう。

筆者プロフィール: 月香(つきか)

ハート占い1to1ハートスクール1to1主宰。スピリチュアルカウンセラーとして、風水や四柱推命、霊視にてたくさんの方々を鑑定する一方、デジタルコンテンツ「霊通師 月香」の監修をてがけ、Yahoo!占いをはじめ、Ameba占い、楽天占い、LINE占いなど多数で活躍の場を広げる。スクールでは、占い師、セラピスト、スピリチュアルカウンセラー、ヒーラーを養成。モータースポーツにも従事。レーシングチーム、Team Sky Lightに所属。