今年4月、2024年を目途に行われる紙幣の刷新を前に、お札の新しい顔が発表されました。一万円札は「渋沢栄一」、五千円札は「津田梅子」、そして千円札は「北里柴三郎」に。しかし、みなさんは3人のことをどれくらい知っていますか。今回は五千円札の新しい顔となる「津田梅子」について、津田塾大学(東京都小平市)を訪ね、その功績と信念について高橋学長に話を聞きました。

  • 新五千円札、女子教育の先駆者「津田梅子」の功績※女子英学塾開校当時(津田塾大学提供)|

    新五千円札、女子教育の先駆者「津田梅子」の功績※女子英学塾開校当時(津田塾大学提供)

津田梅子って何をした人?

まずは、津田梅子の生涯についてご紹介したいと思います。

■6歳から11年間アメリカへ留学

  • 「アメリカ留学 - 津田梅子」守屋多々志作屏風絵(津田塾大学提供)

    「アメリカ留学 - 津田梅子」守屋多々志作屏風絵(津田塾大学提供)

津田梅子は1864年、現在の東京都新宿区に幕府外国奉行通弁などの仕事をしていた父親・仙と母親・初の次女として生まれました。父の仙は幕府の使節団に加わり、アメリカに渡った経験などから、女子教育の必要性を感じ、梅子を留学させることを決意。1871年、梅子は日本初の5人の女子留学生のひとりとして、最年少のわずか満6歳にして岩倉使節団(いわくらしせつだん)に加わり、アメリカへ渡りました。

ワシントンに着いた梅子は、日本弁務使館書記官だったチャールズ・ランマン夫妻の元で現地の初等・中等教育を受け、熱心に勉学に取り組みます。また、滞在中から同じ留学生だった永井繁子(後に瓜生繁子)と山川捨松(後に大山捨松)との間には固い絆が結ばれ、その縁は生涯続いていきます。キリスト教の洗礼も受け、11年という歳月をアメリカで過ごした梅子は、帰国する頃にはアメリカ女性のようになっていました。

■帰国後のとまどいと、女子教育への芽生え

  • 18歳頃の津田梅子(津田塾大学提供)

    18歳頃の津田梅子(津田塾大学提供)

17歳で帰国した梅子は、日本語や日本のマナーをほとんど忘れており、日々の生活に苦労します。それとともに、女子高等教育の必要性がまだ重視されておらず、女性のための働き口がほとんどなかった日本社会に大きなカルチャーショックを受けます。梅子は日本の女性の地位を高めなければという思いを募らせ、自分はそのために働きたいと考えるようになりました。

そして1885年、明治政府の最高実力者だった伊藤博文の勧めで華族女学校の教師となり、その後学校に在籍したまま再度アメリカへ留学。梅子はブリンマー大学で少人数制の質の高い教育を受け、水を得た魚のように勉学に励み、すばらしい成績をおさめました。アメリカに残って、生物学の研究を進める道もありましたが、梅子は女子高等教育のための学校を作りたいという思いを胸に、約3年間の留学を終えて日本に帰国します。

■津田塾大学の創立とそれを支えた同志たち

帰国後、女子高等師範学校の教授も兼ねていた梅子でしたが、1900年に学校の設立に向けて、華族女学校を辞職します。その際、いっしょに留学した捨松や、留学先のブリンマー大学の恩師や友人たちが寄付金集めに協力し、梅子の支えとなりました。

1900年、梅子はついに現在の東京都千代田区に私立女子高等教育における先駆的機関のひとつ、「女子英学塾」を創設。後述しますが、そこでは友人のアリス・ベーコンやアナ・ハーツホンなどが、教師としても力を貸してくれたのです。少人数制で厳しい教育を受けた教え子たちは、社会で広く活躍します。

その活躍を見届けた梅子は、1929年に64歳で逝去。女子英学塾はその後1948年に津田塾大学と名前を変え、梅子の思いを引き継いで現在も女子教育に力を注ぎ続けています。

「信念の人」、津田梅子が女子教育にかけた思い

このように津田梅子という人物は、社会で活躍できる女性を育てる場を作ることに生涯をかけました。そんな梅子の思いは一体どこから芽生えたものなのでしょうか。

  • 津田梅子の研究者でもある津田塾大学の高橋学長(津田塾大学提供)

    津田梅子の研究者でもある津田塾大学の高橋学長(津田塾大学提供)

津田梅子の研究者でもある津田塾大学の高橋裕子学長は、「梅子は留学での経験を通して、アメリカと日本では女性の地位が違うことを実感し、日本でも女性が経済的に自立して生きていけるようにしたいと願っていました。社会でリーダーシップを発揮して働ける女性を育てなければならないと考えていたのです」と話します。梅子は広い視野を持ち、リーダーシップを持った、オールラウンドに活躍できる女性を育てることによって社会を変革したいと考えていました。

  • ブリンマー大学在学中、24~25歳ごろの梅子(津田塾大学提供)

    ブリンマー大学在学中、24~25歳ごろの梅子(津田塾大学提供)

そうした梅子のマインドが特に表れているのが、2度目のアメリカ留学時に設立した「奨学金制度」です。梅子は自分の後に続いて留学を希望する日本女性のために、自ら講演や募金活動を行って8000ドルの寄付金を集め、多くのアメリカ人支援者の力を借りて奨学金制度を構築しました。この制度によって、1890年代から1970年代まで、総勢25人もの日本女性がアメリカ留学を遂げたのです。

「梅子の大きな功績は、留学できる仕組みづくりをしたこと。実際にこの制度を使って留学した女性たちは帰国後、教育界を中心に幅広く活躍しています。梅子は自分に続く後進を育てることで、女性の地位向上を“点”ではなく“線”として達成していこうと見据えていました。これは日本女性の社会参画がいまだ課題となっている現代にも通じる思想だと言えると思います」と高橋学長は語ります。

  • 「女子英学塾」の校舎前庭にて、前列中央に津田梅子(津田塾大学提供)

    「女子英学塾」の校舎前庭にて、前列中央に津田梅子(津田塾大学提供)

また、梅子の人柄については「信念の人。梅子は留学から帰国した17歳で語っていた夢を、30代半ばで叶えました。周りの助けを借りながら、強い信念を持って女子教育の実現に向けて着実に努力したから、自らの夢を実現できたのです」と話していました。そんな強い気持ちを持った梅子だからこそ、女子教育の先駆者と呼ばれているのだと納得できます。

梅子を支えた人たちとそれに続いた後進たち

梅子の周囲にも目を向けてみましょう。

  • 開校時の協力者たち。左より、津田梅子、アリス・ベーコン、瓜生繁子、大山捨松(津田塾大学提供)

    開校時の協力者たち。左より、津田梅子、アリス・ベーコン、瓜生繁子、大山捨松(津田塾大学提供)

梅子は身近な人たちのさまざまな支援を受け、夢を実現できました。周囲の力なしでは語れない梅子の功績。周りの人たちは梅子のどこに魅力を感じ、支えとなったのでしょうか。

高橋学長は、「梅子が自己中心的ではなく、むしろ利他的であり、社会貢献を目指すビジョンを持っていたため、周りの人びとは力を貸したいと思ったのでしょう。他者を尊重する精神、そして広い視野を持っているところに心を打たれ、人が集まってきたのだと思います」と分析します。

特に初めての留学をともに経験した大山捨松と瓜生繁子とは、立場や環境が変わっても互いに助け合い、生涯を通してそのつながりは続きました。捨松は帰国後しばらくして結婚し家庭に入ってしまったため、ともに女子教育を実現させようと思っていた梅子は落ち込んだそうですが、2人は立場が変わっても、人として、女性として何かできることがないか追求し続け、捨松は梅子のことをずっと支援し続けました。

また、アメリカで梅子が交流していたアリス・ベーコンやアナ・ハーツホンは、女子英学塾の教師として来日して、梅子を支えました。アナについては、梅子が亡くなってからも塾に残り、ほぼ40年間無償で働き続け、さらに毎年寄付まで重ねたのだそうです。

高橋学長は、津田梅子の功績についてこう語っています。「梅子の功績は、120年前から女性教育を進めてきたパイオニアであることはもちろんそうです。ただ、それだけでなく学校が輩出した人たちがその評価をさらに押し上げている。卒業生たちは教育改革などにも尽力して、梅子の意志を継承し、さらに前進させていきました。梅子はその種をまき育てたというところで、最も評価されているのだと思います」。梅子の思いに賛同した支援者の力や、梅子が育てた人たちの活躍によって、その功績は確かなものになっているのです。

現在も梅子の建学の精神を受け継ぐ「津田塾大学」を訪れよう

  • 東京都小平市の津田塾大学本館校舎外観

    東京都小平市の津田塾大学本館校舎外観

1931年に女子英学塾が移った東京都小平市には、現在も「津田塾大学」の小平キャンパスがあります。その中の「星野あい記念図書館」の2階に「津田梅子資料室」があり、希望者は見学することができます。

  • 津田塾大学内にある津田梅子資料室

    津田塾大学内にある津田梅子資料室

ここでは、梅子が1871年、初めてアメリカへ留学したときに着ていた着物や、津田塾大学本館の屋根裏から発見された梅子の書簡をはじめ、梅子と津田塾大学に関する貴重な資料を保存しており、毎年テーマを設定し、企画展示を行っています。今回は梅子の書簡が保管されていたアナ・ハーツホンのトランクなども見学することができました。当時の梅子やアナの息づかいが感じられるようなそんな空気が漂う場所でした。

  • 1871年アメリカに留学した津田梅子が着用していた着物 Copyright(c)2010/Tsuda College All Rights reserved

    1871年アメリカに留学した津田梅子が着用していた着物 Copyright(c)2010/Tsuda College All Rights reserved

  • アナ・ハーツホンの遺品、旅行用トランク

    アナ・ハーツホンの遺品、旅行用トランク

最後に、高橋学長が現代を生きる女性たちへメッセージを送ってくれました。

「日本において女性のリーダーはまだまだ少ない現状で、“女性自身が責任のある役職に就きたがらない”などとも言われています。女性たちには、梅子のように新しいことに果敢にチャレンジして、世の中を変革していってもらいたい。そして、そのチャレンジ精神を次世代にもつなげていってほしいですね」。

  • 高橋学長写真(津田塾大学提供)

    高橋学長写真(津田塾大学提供)


ここまで、津田梅子の生涯とその功績について、ご紹介してきました。現代にも通じるような新しい考えを120年以上も前から持ち、着実に女子教育の礎を築いた梅子。きっと誰もが参考にできる部分があったかと思います。梅子の思いを通じて、ぜひ自分自身の生き方についてもあらためて考えるきっかけにしてみてはいかがでしょうか。

■取材協力:高橋 裕子(たかはし・ゆうこ)さん

津田塾大学学長、同大学芸学部英語英文学科教授。津田塾大学英文学科卒、筑波大学大学院修士課程修了。米・カンザス大学大学院にてM.A.とPh.D.を取得。97年から津田塾大学助教授、04年同教授、16年より現職。専門はアメリカ社会史(家族・女性・教育)、ジェンダー論。著書に『津田梅子の社会史』(玉川大学出版部、2002年、アメリカ学会清水博賞)、『女性と高等教育―機会拡張と社会的相克』(昭和堂、2008年、分担執筆)、『家族と教育』(明石書店、2011年、共編著)、三成美保編著『教育とLGBTIをつなぐ―学校・大学の現場から考える』(青弓社、2017年、分担執筆)等。アメリカ学会会長、ジェンダー史学会常任理事、日本学術会議連携会員、日本私立大学連盟常務理事。

●津田梅子資料室
住所:東京都小平市津田町2丁目1-1津田塾大学図書館内
電話番号:042-342-5219
開室時間:月曜日~金曜日9:00~16:00(開室日は図書館開館日に準じる)
入館料:無料