Fitbitのおすすめ5選|IT&家電ライターが選ぶ【歩数計測や睡眠管理に】

【この記事のエキスパート】

IT&家電ライター:秋葉 けんた

IT&家電ライター:秋葉 けんた

編集プロダクション「マイカ」所属のIT&家電専門ライター。
スマホやパソコン、ストレージ、ネットワークなどIT全般のみならず、家電についての執筆実績が多い。書籍、雑誌、新聞、業界誌やWebコンテンツなど、様々な媒体に記事を提供している。
また、広告やカタログ、導入事例といったB2Bの営業支援ツール制作にも携わる。IT系、家電を中心にコンセントにささるいいモノをおすすめしていきます。

略歴
1973年生まれ。
高等学校の教職員勤務経験を経て、マイカに勤務。雑誌や専門誌のライターとして活躍する。
その後、IT流通の専門誌の記事制作を担当し、B2BからB2Cまで幅広い専門知識を獲得。
最近では、Webメディアやオウンドメディアのの編集企画制作も担当。

著書歴
・iCloud&iTunes超使いこなしガイド 2019最新版 (三才ムック)
・今すぐ使えるかんたん はじめる&使える MacBook入門(技術評論社)
・スマホの困ったを解決する本 (三才ムック)
・iPhone超活用ガイド (三才ムックvol.988)
・今すぐ使えるかんたんEx iPhone プロ技BESTセレクション(技術評論社)


睡眠やアクティビティのデータを取得できる活動量計。ダイエットや運動不足の解消のために、活動量計を探している人もいるでしょう。しかし、活動量計は種類が豊富。数ある製品のなかから最適な1台を選ぶのは大変です。本記事では、活動量計の中でも人気のある「Fitbit」の選び方を、IT&家電ライターの秋葉けんたさんが解説します! 合わせてFitbitのおすすめ製品5選も紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

Fitbitの選びのポイントは? IT&家電ライターに聞いた

IT&家電ライターの秋葉 けんたさんに、Fitbitを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。

歩数? 睡眠? 何のデータを取得するかで機種を選ぶ

【エキスパートのコメント】

Fitbitは歩数やアクティビティのデータを取得できる活動量計。歩数はどの機種でも取得できますが、階段を上った階数や睡眠のデータ、水泳のデータなどについては、取得できる機種が限られます。

どういったデータを取得したいのかによって、おすすめの機種がかわります。Fitbitを購入する際は、まず何のデータを取得したいのかから決めましょう。

Fitbit『Fitbit Charge 3』:

出典:Amazon

歩数はもちろん、睡眠や水泳のデータを取得できます。連続使用可能時間は最大7日間。バッテリーの持ちがいいのもポイント。

音楽再生にも対応。スマホ連携機能もチェック

【エキスパートのコメント】

Fitbitはスマホと連携できます。電話の着信はもちろん、メッセージの返信やLINEアプリの通知などを確認できる機種もあります。

また、音楽データを保存しておけば、Bluetoothイヤホンと接続して音楽を楽しめる機種も……。音楽を聴きながらフィットネスを楽しむ方にはこういったモデルがおすすめです。

Fitbit『Fitbit Ionic』:

出典:Amazon

デバイスに300曲以上のデータを保存し、いつでもお気に入りの音楽を楽しむことができます。Bluetoothヘッドホンにも対応。

トレーニングに最適なスマホアプリを使いこなす

【エキスパートのコメント】

活動量計を使うことで、運動やダイエットの結果がデータで「見える化」できるようになります。そのため、どういった運動や行動が結果に繋がったのか自分自身にフィードバックできるので、効果が上がり、定着しやすいのです。

Fitbitは、その日のアクティビティを振り返るのにとても便利なスマホアプリが提供されています。このスマホアプリは友だちや家族とデータを共有したり競い合ったりできるので、モチベーションの維持にも利用できます。

スマートウォッチタイプ or トラッカータイプ

【エキスパートのコメント】

Fitbitは、画面が大きく、さまざまな機能を利用できる「スマートウォッチタイプ」と、ブレスレッドのような形状の「トラッカータイプ」があります。

時計表示を変更したり、アプリを追加したりして自分好みにカスタマイズしたいのであれば「スマートウォッチタイプ」がおすすめ。付加機能は求めず、コストパフォーマンスやバッテリーの持ちがいいFitbitがほしい方は「トラッカー」タイプがおすすめです。

選び方のポイントはここまで! では実際にエキスパートが選んだ商品は……(続きはこちら)