時折、明らかに目上の人に向かって「私もご一緒します」と言っている人を見かけることがありますが、目上の人に「ご一緒します」は失礼にあたります。そこで今回は、目上の人と「ご一緒する」時の正しい表現について解説します。

  • 目上の人に「ご一緒します」はNG! - 正しい表現は?【ビジネス用語】(写真:マイナビニュース)

    「部長、ご一緒します!」はNG

■目上の人に「ご一緒します」はなぜNG?

「ご一緒する」のは自分ですから、目上の人に対しては、自分がへりくだることで相手を立てる謙譲語を使う必要がありますが、「ご一緒します」という表現は、「ご(お)~します」という単なる丁寧表現であって謙譲語ではありません。ゆえに、目上の人やお客さまなどに使用するのは失礼とされています。

■「ご一緒します」の謙譲語

「する」の謙譲語は、自分が一方的に行う場合には「いたす」、相手からの許可や行為により恩恵を受ける行為の場合は「させていただく」になるため、「ご一緒します」の謙譲表現は、「ご一緒いたします」「ご一緒させていただきます」になります。

■「~させていただく」の使い方に注意

「~させていただく」という表現は、敬語として「誤り」とする見解があります。確かに、二重敬語という誤った使い方をする人が多いのも事実ですが、すべてが「誤り」と否定されるものではありません。

文化庁は、「~させていただく」の使い方について、「相手側または第三者の許可を受けて行う場合」「そのことで恩恵を受けるという事実や気持ちのある場合」であれば誤りではないとしています。

たとえば、契約書の内容を確認する際に、「書類を確認させていただきます」と使用しても問題ありません。しかし、「書類を拝見させていただきます」は誤りです。「拝見する」という言葉自体が謙譲語であるため、「させていただく」と組み合わせると二重敬語になってしまうからです。ちなみに、「書類を拝見いたします」も二重敬語です。正しくは、「書類を拝見します」ですね。

■「ご一緒いたします」と「ご一緒させていただきます」の使い方

たとえば、部長から「来週の研究発表会、あと1人参加できるんだが、きみも一緒に行かないか?」と誘われたら、「はい、ご一緒させていただきます」と返答するのが正解です。

これまでお話ししたとおり、「ご一緒いたします」と「ご一緒させていただきます」の使い分けのポイントは、「許可と恩恵」です。この場合、「私も参加してよろしいのですか」という許可と、「参加することで勉強になる」という恩恵を受けることができます。

また、「ご一緒いたします」でも間違いではありませんが、部長としては好意で誘っているのであって、「どうしても来てほしい」とお願いしているわけではありません。このような状況では、より謙遜の意味を込めて、「ご一緒させていただきます」とする方が適切と言えるでしょう。

ただし、「きみも一緒に来なさい」と言われたのであれば、許可もなにも上司からの命令ですから、「はい、ご一緒いたします」が適切ですね。

■「喜んで」をプラス

「ご一緒いたします」「ご一緒させていただきます」という表現だけでは、「本当は嫌なんじゃないか」と疑念を抱いてしまう上司もいるかもしれません。そのような状況で行動を共にするのは、よくありませんね。そんな時、「喜んで」というフレーズを文頭に付け加えることで、「誘ってもらって嬉しい」「ぜひ一緒に行きたい」という気持ちを表現することができ、相手に良い印象を与えることができます。


ビジネスシーンにおける会話は、多くの敬語で成り立っていると言っても過言ではありません。はじめから完璧に使いこなすことは難しいかもしれませんが、誤った敬語でビジネスチャンスを逃してしまうことのないよう、一つひとつ知識を積み重ねていきましょう。