クルマで移動する際、多くの人を悩ませる“渋滞”という存在。回避できればそれに越したことはないが、大型連休中や帰省シーズンなどは半ば諦めの境地でクルマ移動しているという人も多いのではないだろうか。しかし、どうせなら少しでもストレスをなくしたいし、なんなら渋滞に巻き込まれている時間も有意義に使いたい。そこで今回は、渋滞中の車内で役立つ便利アイテム14点を紹介する。

  • 渋滞中の憂鬱な気分を解消しよう!

お湯があるだけで食事の選択肢はグッと広がる!

  • 「ボトル電気ケトル/SEIWA」(オープンプライス)

長距離ドライブだけでなく、車中泊やアウトドアなどのシーンでも役立つ「ボトル電気ケトル」。カップホルダーにぴったりなサイズ感で、容量は480mL。コーヒーカップ2.5杯分ほどのお湯が約40分で沸かせるという(DC12Vの場合)。中身がこぼれにくいロック機構や空焚き防止機能なども備えており、車内でも安心して使うことができる。

  • 「直流湯沸器 ワクヨさん/JPN」(オープンプライス)

シガーソケットから電源を取れる電気ポット、その名も「ワクヨさん」。最大で400mLの水をおよそ30分で沸騰させることができ、さらに保温機能も付いている。車内でいつでもカップラーメンが食べられるのはありがたい。デジタル表示の温度計が設置されており温度指定も可能なため、赤ちゃんのミルクをつくる際にも活躍してくれる。DC12V専用とDC24V専用の2種類を展開。

  • ポットの内側は特殊ガラス製なので、お湯が樹脂臭くなる心配もない

ドライブ中でも炊き立てのご飯が食べたい!

  • 「直流炊飯器 タケルくん/JPN」(オープンプライス)

カップラーメンには炊きたての白米もセットじゃないと気が済まないという炭水化物ラヴァーには、同じくシガーソケットから電源が取れる炊飯器「タケルくん」をオススメしたい。無洗米と水を入れてスイッチを押すだけで、30分後にはばっちり炊きあがるというから驚きだ。最大1.5合まで炊くことができ、炊飯後は電源がなくても自然保温で1時間以上は温かい炊きたてのご飯が食べられる。こちらもDC12V専用とDC24V専用の2種類を展開。

  • 炊き上がった後は、10分ほど蒸らすとより美味しくいただける

季節を問わずに使える冷温庫

  • 「冷温庫 BTCR08/BESTEK」(7,980円)

保冷・保温機能を併せ持つ冷温庫は、車内だけでなく自宅でも使えるように、コンセントとシガーソケットの2種類の電源供給方法を備えているものを選ぼう。容量もさまざま展開されているため、中に何を入れるかをあらかじめ考えて購入するものをセレクトするべし。冷温庫はアウトドアシーンでも活躍してくれるポテンシャルを持っているため、取っ手やストラップが付いているなど、持ち運びのしやすさも注目すべきポイントとなる。

渋滞中に忍び寄る恐怖・トイレ問題への備え

  • 「片手で秒速トイレ/トパック」(162円/個)

特に高速道路上での渋滞中、大人も子どもも尽きることがないのがトイレの心配。「これから数時間、トイレに行けないかもしれない」と考えると余計に行きたくなってしまうという人もいるかもしれない。そんな時の備えとして、携帯トイレはぜひとも常備しておきたい。エチケット袋と同様に凝固剤が入っており、ワンタッチで簡単かつ清潔に使用できるものをチョイスしよう。また、「片手で秒速トイレ」は10年保存がきくため、ドライブ中やアウトドアシーンでの使用はもちろん、災害時の備蓄用としても持っておいて損はないだろう。

  • 「ポータブルコーナートイレ/サンコー」(1万800円)

上記の袋タイプだけでは不安だという人には、もうひとつの選択肢・折り畳み式の「ポータブルコーナートイレ」を紹介しよう。本体を開いて底板で固定し、便座とフタを乗せるだけで簡単に組み立て可能。同商品は介護用としても提案されているが、目隠しとして黒いゴミ袋などをポンチョ代わりに使えば、車内でもストレスなく使用できる。

ミントの爽快感で気分転換

  • 「ノーズミント/素数」(410円)

ミントの香りで快適な時間を提案する、新感覚のリフレッシュスティック「NOSEMINT(ノーズミント)」。キャップを外して鼻に近付けミントの香りを楽しむのはもちろん、フィルター部分を取り外し、マスクに液体ミントを数滴垂らすというような使い方もできる。運転手だけでなく、同乗者の気分転換にも持ってこいの1本。

アロマでリラックス

  • 「ドライブタイム/アットアロマ」(1,080円~)

アクセサリーソケットを使用し、車内でアロマを楽しめる小型ディフューザー「ドライブタイム」。DC12Vのアクセサリーソケットに対応しており、インテリアの邪魔をしないシンプルなデザインがクールな逸品。取り換え用のオイルパッドもセットされているため、目的やシーンに合わせて好みの香りをセレクトしよう。

車内を消臭&お肌へうるおい

  • 「プラズマクラスター25000/SHARP」(オープン価格)

渋滞中は、車内で食事をとることもあるだろう。そんなときに気になる“ニオイ”を消臭してくれるアイテムの代表格が「プラズマクラスター」だ。同商品は、クリップタイプのアタッチメントを採用。カーエアコンの吹き出し口に挟むだけで、簡単に取り付けができる。さらに、車内を消臭するだけでなく、肌への保湿効果も発揮するという(季節・周囲環境や、設置場所・使用時間・個人によって効果は異なる)。

うたたね時の“首カックン”を防ぐ

  • 「NapUp RIDE うたたねサポート/ナップアップ」(5,184円)

クルマでの移動中に眠ってしまい、目が覚めたらなんだか首が痛い……そんな悩みを解決するのが、睡眠中に頭をソフトに固定してくれる「NapUp RIDE うたたねサポート」。ヘッドレストに被せるだけで簡単に装着でき、バンドは上げ下げできるのでいちいち取り外す必要もなし。走行中にシートをリクライニングしすぎると衝突時の被害が拡大する恐れもあるため、より安全な姿勢のまま快適にうたたねをするには持ってこいだ。チャイルドシートに取り付けられるタイプもラインナップしている。

シートベルトに装着可能なクッション

  • 「シートベルトクッション/コジット」(1,598円)

チャイルドシートやジュニアシートを卒業したものの、大人と同じようにシートベルトを着けると座高が足りずに、シートベルトが顔に当たってしまうという子どもも少なくないはず。そんな場合に役立つのが、名前の通りシートベルトに装着できるタイプの「シートベルトクッション」。パイル生地で肌触りもよく、面ファスナーで着脱もラクラクだ。使わないときは取り付けたままでもOKなので、置く場所にも困らない。

タブレットの使用もノンストレスで

  • 「車載タブレットアーム 100-LATAB007/サンワダイレクト」(7,980円) ※サンワサプライ直販サイト「サンワダイレクト」のみの限定販売

暇つぶしの強い味方といえば、iPadやタブレットが最有力候補に挙がるだろう。そこで活用したいのが、車内でそれらを固定するホルダー。同商品のようにドリンクホルダーにはめ込むタイプもあれば、ヘッドレストの柱に挟むタイプなど、さまざまなバリエーションが各メーカーから展開されている。取り付けが楽であること、高さや向きを調節しやすいこと、エアコンの送風口やオーディオと干渉しないことなど、使用する際の状況をイメージし、お気に入りのタイプを探してみよう。タブレットの充電環境を整えておくことも忘れずに。

クルマを動くカラオケボックスに

  • 「カラオケマイク FMトランスミッター搭載モデル/エレコム」(1万1,502円)

スマートフォンやタブレットに接続するだけでカラオケが楽しめる「カラオケマイク」は、カーステレオにワイヤレスで接続できるFMトランスミッター機能搭載タイプが使いやすい。マイク本体で音量やエコーも調節でき、臨場感あふれるカラオケタイムが楽しめる。アプリと組み合わせれば、採点やSNSへの投稿も可能に。ボリュームの上げすぎには要注意。

渋滞中こそワークアウトのチャンス!

  • 「La-VIE(ラ・ヴィ) ハンドグリップ ヒーローズ 40kg/ジョイナス」(880円)

クルマがなかなか進まないイライラは、筋トレにぶつけるべし。マッチョイズム溢れるアームレスリング映画『オーバー・ザ・トップ』では、主演のシルヴェスター・スタローンが独自にカスタムしたトラックの運転席でジムさながらにトレーニングを行うシーンが映し出される。走行中は危険なので真似をしないでいただきたいが、「ハンドグリップ」は車内でもかさばらず、運転手以外も気が向いたときにすぐワークアウトできるのでオススメだ。器具を使わず、なおかつ安全にできるトレーニング方法を自分なりに編み出してみるのもいいかもしれない。

渋滞は巻き込まれないことが1番の対策だが、巻き込まれてしまった場合の備えを用意しておくことも非常に重要だ。特に子ども連れとなると、クルマ移動を選択するケースも増えてくるだろう。渋滞が発生し密室空間で長時間を過ごすことになったとき、大人も子どもも気持ちよく過ごせるよう、そしてせっかくのドライブが嫌な時間にならないよう、自分なりの対策をあらかじめ準備しておこう。

※価格は全て税込