ファーストキャリアを構築しながらも、自分らしいセカンドキャリアとして就農を選択した元・幼稚園教諭の榎本義樹さん(前編)。幼稚園教諭としてのキャリアを歩んでいた榎本さんですが、30歳を前にして「このままで良いのか?」と自分自身に問いかけるようになります。揺らぎの中で、榎本さんはどのような選択をしていったのでしょうか。

30歳を目前にして訪れた転機

自らのキャリアに対して割り切れない思いを感じていた頃、プライベートでよく会っていたのが、一つ年下の芦野勇希さんでした。

学生時代に出会った地元のアルバイト仲間で、もともとは共通の趣味を持つ友人としての付き合いでしたが、お互い社会人となり、いつしか悩みを打ち明け合う仲になっていました。

  • 芦野さんとは学生時代からの付き合いと話す榎本さん

芦野さんは、障害福祉サービスを行う「NPO法人ゆう」が運営する、「放課後等デイサービス・てんとうむし」の施設長です。

榎本さんは、あるとき芦野さんから、こんな話を聞きました。

「障害を持つ子どもたちに、さまざまな体験の機会を提供するために、施設の横の土地を使って野菜を育てたい。しかし、そこは土壌が悪く、失敗してしまった。どうしても実現させたいのだけれど、うまくいかず悩んでいる」

このとき、農業と子どもというキーワードが榎本さんの中にひらめきました。

「自分が求めていたのはそれなのかもしれない」

実は、榎本さんの実家は農家を営んでいます。父親は現役の農業従事者で、榎本さんも幼少期から、農作業の手伝いをしたり、父の働く姿を見たりしてきました。それまで家業を継ぐことを特に考えていなかったそうですが、芦野さんの話をきっかけに、「自分にしかできないこと」についての答えが見えたような気がしました。

「農家に生まれたという自分のルーツと、幼少期の子どもたちと関わった経験、そして幼稚園教諭として働いている現在。全てが一筋の線でつながりました。その先に自分の未来が見えたような気がしたのです。これらは、他の人には絶対にない、自分らしさなのかもしれない。子どもを相手にした農業をしたい。そういう自分らしい仕事をしたいと感じたのです」と榎本さんは話します。

「障害を持つ子どもたちと一緒に野菜を作り、収穫する。地域の人々にも、野菜狩りの体験を提供する。そんな農園をやってみたい。挑戦するなら今だ」と思い、そのときから、頭の中に次々と具体的なプランが出てきたそうです。それらのアイデアを芦野さんに提案し、協力を快諾してもらえたのが、2016年の秋。そこから、榎本さんの人生は急展開します。

今の自分をつくってくれた大切な場を去る準備を進めました。園にも、子どもたちにも、その親御さん方にも迷惑をかけないように十分な配慮と段取りをし、2017年3月末、幼稚園を退職しました。8年間のファーストキャリアがここで幕を閉じました。

  • 園児たちが作ってくれた作品

追い求めるのは、自分にしかできない、自分らしいスタイル

4月、ついに榎本さんの農園、「やさいのおうち東久留米」が本格スタート。まず、6月までの2カ月間で、荒れた土地を畑として整備し、人が出入りできる環境に整えていきました。

パワーショベルの免許を取得し、日々、ひたすら地面を掘り返す。トラクターの運転の練習や、野菜作りに関する勉強も、ほぼゼロから必死で取り組みました。

「新しいことを始めることへの不安は、動くことで解消されていきました。不安がるより、進む方が大事だと思っていましたね。また、幼稚園教諭としての知識や経験は、大いに役立ちました。数々の失敗経験から、失敗を恐れない性格になっていましたし、失敗しても次に成功するためには今何をすべきか、ということを逆算して考えられるようにもなっていました。障害を持つ子どもたち目線での施設づくりという点においても幼稚園で学んだ専門性が活きたと思います」と榎本さんは楽しそうに話します。

「自分にしかできない仕事である」という自負と、経験と専門性によって裏付けられた自信が、榎本さんの背中を強く押していました。障害を持つ子どもたちとの野菜作りが始まってからは、日々、気づきと模索の連続だったそうです。

  • 野菜作りは試行錯誤の連続

「障害のある方との関わりは、学生時代、保育士の資格を取る際にほんの少し経験がありましたが、ここまで深く交流するのは初めてのこと。対応は一人ひとり変わりますし、感覚的なことを伝えるのが何より難しい。わからないこと、気になったことは、その都度、プロである施設のスタッフに聞くようにし、自分もその一員として関わろうと努力しました」

すると次第に、子どもたちの見方が変わってきたといいます。

「今では、障害を個々の特徴として見ています。子どもたちは、できないこともたくさんあるのですが、自分の好き嫌いをはっきり見せてくれるので、そこに個性を感じますね」

こうしたものの見方、考え方ができるのも、幼稚園教諭としての経験や、保育士資格を持つ自分だからこそだと榎本さんはいいます。

一方で、野菜作りにおいては、2年目となる今年の方が、さまざまな葛藤があるようです。

「野菜のおうち東久留米は、農薬や化学肥料を一切使用しない野菜作りが売りです。しかし、このこだわりと、(農薬を使うことで)農作物の収量を増やし、安定した収入を保っていくビジネス面の間にあるギャップが、今、大きな悩みの種になっています」

それでも、表情は明るく、楽しそうに語る榎本さん。

「まだ始めて2年目。まずは、3年、4年と、トライアンドエラーを繰り返しながら続けていくことが、最も大事なことだと思っています」

幼稚園教諭からの就農。一見すると、とてつもなく思い切った行動で苦労も多いように思えます。しかし、榎本さんにとっては、自分らしさを求めた結果、違和感なく進むことができたセカンドキャリアだったのでしょう。

「幼稚園の先生という仕事は、本当に楽しく、やりがいもありました。でも、やさいのおうち東久留米こそが、自分にしかできないことで、何よりこれは、8年間の幼稚園教諭という経験の上に成り立っています。今の自分を育ててくれた所沢文化幼稚園の環境には、大変感謝しており、いずれ何らかの形で恩返しがしたいと考えています」

キャリア遷移のポイント

自分らしい仕事を求めた結果、農業というセカンドキャリアを歩み出した榎本さん。前編と同じく、本記事の監修を務めるエスノグラファーの神谷俊氏に、榎本氏のキャリアの流れについて整理してもらいました。

5:友人からの相談による気づき 友人の相談に次のキャリアイメージが見える キャリアに悩むなか、友人からの相談を契機に、自分らしい仕事のイメージがわく。実家で営んでいた農業と、幼稚園教諭としての専門性がつながり、自分らしい仕事であると気づく
6:気づきに基づいた具体的なアクション アクションプランを作成し、友人へ提案する 5の気づきを踏まえ、自分のなかで浮かんだアイデアをもとに、具体的な農場運営のプランを作成し、友人に提案する
7:移行の準備 次のキャリアに備え、予備学習を進める 6の提案承諾後、現職(幼稚園教諭)を去る準備を行うと共に、次に進むための農業機械や野菜に関する学習を開始する
8:困難との遭遇、そして経験からの学習 新たなフィールドで予想外の事態に遭遇しながらも学習によって乗り越えていく 障害のある子どもたちとの関わり方、野菜作り、農場運営など、悩みや葛藤が続く。地道に個々の問題と向き合い、経験から学びを深めながら、前向きな姿勢で仕事を進める

※(1)~(4)は前編で紹介

こうしたキャリア変遷のなか、榎本さんの決断・行動に影響を与えた要因について、神谷氏に解説してもらいました。

――今の仕事と全く違う分野の仕事へ移行することは、非常に不安なものです。しかし、榎本さんは、自分らしいキャリアを求めて進んでいきました。その要因はどこにあったのでしょうか。

神谷氏:榎本さんが自らの望む働き方を獲得した背景には、多くのターニング・ポイントや成功要因があったかと思います。私は、榎本さんにとって重要だったのではないかと思われる3つのポイントに注目しました。

(1)キャリアモデルの存在
前編で紹介したように、榎本さんは幼稚園に就職した後、多くの困難に直面します。子どもと関わることの責任の大きさ、思い描いた仕事イメージと現実のギャップに悩みます。しかし、そこで前を向くことができたのは、他の先輩や同僚の存在が大きかったのでしょう。当時、周囲にいる人の仕事姿勢や、仕事で自分を表現している様子は、榎本さん自身のキャリア観に大きな影響を与えています。

キャリアに関わる理論では、自らが目指したいと思えるロールモデルのことをキャリアモデルと言いますが、榎本さんにとってのキャリアモデルは周囲の先輩であったといえるでしょう。この影響を受け、「自分らしい仕事」を追求するようになったように推察できます。

(2)友人からの相談とcalling
「自分らしい仕事」を求め、思い悩んでいたころに、現在の仕事に繋がるきっかけと出会います。それは友人からの相談でした。この時、榎本さんは「それをやりたい」という強い想いを手にします。

キャリア研究では、キャリアを成功に導くものとしてcalling(自分が進むべき道であるかのように、特定の職業や役割に強く惹かれる感覚)という概念が語られています。友人からの偶発的な相談によってcallingを感じ、そこから自らのキャリアを構築するエネルギッシュな活動が始まっています。

(3)積極的な挑戦と経験学習
幼稚園教諭から農業へ、大きなキャリアチェンジを行ったあと、未経験業務でありながら、積極的に情報を集め、失敗を恐れず多くの経験を重ねます。注目すべきは、経験量もさることながら、その経験から着実に学びを得ている点です。良くない状況であっても、行動量を落とさず、学習を継続した結果、状況が好転していったと考えられます。

元々ある自分が次の自分につながる

「榎本さんのケースにおいて、特に重要であったのは上記の(2)なのかもしれません」と神谷氏は指摘します。

神谷氏:偶然の相談から、自分の出自や幼少期の経験、そして現在の仕事まで一筋の線で繋がるようなイマジネーションが起こり、それが今後の指針を照らし始める。この偶然発生した事象は、榎本さんには非常に大きいものだったでしょう。

自らの中で呼び起こされたエネルギーがあったからこそ、その後のスピーディな活動や入念な準備、積極的な失敗経験と学習があったとも言えます。注目したいのは、そのようなcallingが新たな出会いや新たな知識によって呼び起こされたものではないということです。

友人とのネットワークも含めて、その時の榎本さんが持っている「モノ」が組み合わされることによって、自分の成すべきものが構成されている。神谷氏は、このポイントが興味深い点と言います。

神谷氏:自分の育ってきた環境、今までやってきた仕事、昔からの友人など、全て今の自分を構成している要素の組み合わせによってcallingが生まれています。だからこそ、フィット感があり、自信や力強いモチベーションを生んでいるのでしょう。キャリアは一本の道に例えられることがあります。異分野に転職しても、そこには完全なる断絶はなく、なんらかの繋がりがあるわけです。逆の視点で見れば、「今」の繋がりを手掛かりに「次」の自分を探索していくことが、自分らしいキャリアを構築することです。

ここにはない「何か」を手に入れたいとき、逆説的に今ここにある「何か」と向き合う。そういう本質的なスタンスが自らを前に進めるのだということを榎本さんは教えてくれます。

監修者

神谷俊(かみやしゅん)

株式会社エスノグラファー 代表取締役
企業・地域をフィールドに活動するエスノグラファー。文化や人々の振る舞いを観察し、現地の人間社会を紐解くことを生業としている。参与観察によって得た視点を経営コンサルティングや商品開発、地域医療など様々なプロジェクトに反映させ本質的な取り組みを支援する。