ウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」のオリジナルグッズとして2001年に生まれた「ほぼ日手帳」。このほど、誕生から18年目を迎える2019年版のラインナップが公開された。

  • 年を追うごとにユーザーの数が増えていき、2018年版では78万部を販売している「ほぼ日手帳」。2019年版は9月1日より販売を開始する

ほぼ日手帳本体のタイプは4種類あり、文庫本サイズの[オリジナル]、オリジナルの倍、A5サイズの[カズン]、英語版の[planner]、週間タイプの[weeks]から選択可能。[オリジナル]と[カズン]には、分冊版(1~6月、7~12月)の[avec(アヴェク)]も用意している。手帳本体に毎年改良が重ねられるのはもちろん、バラエティ豊かな手帳カバーもユーザーから注目を集めている。

  • 「ほぼ日手帳2019」では、中身が全て中国語(簡体字)になったオリジナルの「簡体字版」も発売。中国限定販売のアイテムとなり、「WeChat」「Tmall」のほぼ日公式アカウント(Hobonichi1101)にて購入可能

「ほぼ日5年手帳」は2サイズ展開に

5年分の記録を1冊にまとめることができる「ほぼ日5年手帳」。昨年の登場とともに大きな話題を呼んだ同商品に、今年は大きなサイズが仲間入りする。その名も「おおきいほぼ日5年手帳」。メインの見開きは、2019~2023年まで「5年分の1日ページ」となっており、巻頭・巻末にはおまけのページとして、5年分の「年間カレンダー」と「1年1ページメモ」、「人類史年表」などが収録される。

  • (左)「おおきいほぼ日5年手帳」(5,940円)は、たっぷり書けるA5サイズ。(右)「ほぼ日5年手帳」(4,104円)はコンパクトなA6サイズとなっている

  • 「おおきいほぼ日5年手帳のカバー」(8,100円)。辞書のような手になじむ素材の表紙はそのままでも使い勝手が良さそうだが、5年かけてエイジングを味わえる専用カバーをつけてみるのもひとつの楽しみ方だ

  • 「ほぼ日5年手帳 贈りものセット Bloom」(1万2,960円)。今年は、鹿児島睦さんデザインの贈りものセットも用意した。鹿児島さんの図案が刺繍された5年手帳用カバーと下敷き、特製カード、そして手帳本体が美しい紙の箱に入った逸品

[weeks]に新シリーズ登場

2018年版で初めて登場し、高い人気を博した[weeks]のメモ増量バージョン「weeks MEGA(ウィークス メガ)」。巻末の方眼ページを通常の約3倍(213ページ)収録した、思い切りメモを取りたい人のための1冊だ。この「weeks MEGA」限定の新デザインとして、今年は「スニーカー」という名前のシリーズがデビューする。

  • 「スニーカー」(1,944円)。表紙のカラーは「マットブルー」と「マットブラック」の2種を展開

厚手のノートのようなルックスで、表紙はぎゅっと握るようにも持てるソフトカバー。やわらかい手帳なので、服のポケットなどに入れておいても気にならない。また、ラフに使えることを1番に考えた同シリーズには紐のしおりがついておらず、その代わりに貼ってはがして何度も使える透明な「ふせん」がついてくる。

  • [weeks]の「カラーズ」シリーズも通常版(1,944円)とMEGA(2,376円)の2種類を用意。カラーは「デニム」「ストロベリーラテ」「バナナ」「スカーレット」「ジェントルネイビー」を取り揃えている

  • [weeks]では、さまざまな企業やブランド、アーティストとコラボレーションした「カスタムエディション」というラインも展開している。これらは「ほぼ日手帳公式サイト」での販売はせず、コラボレーション先の店頭での販売や各種特典としての提供が行われる。2019年版では、『MOOMIN』や『かえるのピクルス』、『未来のミライ』、『宇宙兄弟』などとのコラボが登場

『ドラえもん』と毎日を一緒に過ごそう

日本が誇る名作『ドラえもん』がほぼ日手帳に。ほぼ日手帳のカバーのために制作した油絵を大きくプリントした「ぼくドラえもん」や、漫画のひとコマをプリントした「のび太としずちゃん」など、同作の世界を身近に感じながら毎日を過ごせるスペシャル感たっぷりのシリーズとなっている。

  • 大人から子供までみんなに愛される『ドラえもん』のほぼ日手帳がリリース(C)Fujiko-Pro

  • 「ぼくドラえもん」(カバーのみ 3,024円/セット 4,752円)。別売りのボールペンも一緒に揃えたい (C)Fujiko-Pro

  • 「のび太としずちゃん」(カバーのみ 3,024円/セット 4,752円)。てんとう虫コミックス15巻第2話「ネコが会社を作ったよ」のひとコマをサンプリング。いつもより元気のないしずかちゃんが気になって仕方がないのび太くんの様子が描かれている (C)Fujiko-Pro

「シュタイフ」コラボもパワーアップ

ドイツのぬいぐるみメーカー「シュタイフ」とのコラボレーションは2年目となり、より一層賑やかに。シュタイフ社のベアと同じモヘア100%の生地を使用した、美しい光沢とリッチな質感が特長の「カフェオレのテディ」、財布としても使える設計の三つ折りタイプ[weeks]カバー「おさいふテディ」、ネクタイ生地の織りでテディベアの顔を表現した[weeks]本体の「よそいきテディ」など、シュタイフワールド全開のコラボレーションが実現した。

  • (左上から反時計回りに)「よそいきテディ」(2,592円)、「おさいふテディ」(1万9,440円)、「手帳本体 Planner」(2,700円)、「カフェオレのテディ」(カバーのみ 1万5,120円/セット 1万7,280円)、「よそいきネクタイ」(4,860円)

  • 「テディベアのキーリング」(9,180円)は、通常のカラーバリエーションにはない特別なカフェオレ色となっている

  • カバーには、シュタイフ製品のトレードマーク「ボタン・イン・イヤー」が

手触りも楽しめる「ミナ ペルホネン」の生地

生地からオリジナルで服作りをするブランド「ミナ ペルホネン」とのコラボは2011年版からスタート。今回は初の[weeks]用カバーとして、「ringo」と「piece,」の2種類をリリースする。

  • 「ringo」は[weeks]用(カバーのみ1万5,120円)以外に、[オリジナル]用(カバーのみ 8,640円/セット 1万800円)と[カズン]用(カバーのみ 1万260円/セット 1万4,040円)も展開している。リネンジョーゼット素材を丁寧に編み上げ、柔らかな肌触りに

  • 抽選販売のパッチワークカバー「piece,」は、服を仕立てる際に生まれた小さな余り布を繋ぎ合わせて製作した一点もの。こちらも[weeks]用(カバーのみ2万3,760円)以外に、[オリジナル]用(カバーのみ 1万6,200円/セット 1万8,360円)と[カズン]用(カバーのみ 2万1,600円/セット 2万5,380円)をラインナップ

  • ジッパーの引き手にはヌメ革を使用し、蝶のカシメをオン

人気の『MOTHER2』シリーズは今年も3種

おなじみ『MOTHER2』のほぼ日手帳には、[オリジナル]用の「3ばんめのばしょ(ミルキーウェル)」と「Pixel Patterns」、[weeks]用の「こーひーをのんでってください」の3種類が登場。今年はさらに、「ほぼ日の下敷き(MOTHER2)」も別売りで用意している。また、これら『MOTHER2』シリーズの手帳を買うとおまけとして、今回のために製作した「SMAAAASH!!」柄のちいさなペーパーバッグもついてくるとのこと。

  • (左)「3ばんめのばしょ(ミルキーウェル)」(カバーのみ 3,024円/セット 4,752円)、(右)「こーひーをのんでってください」(2,592円)には、ともにスペシャルな開発秘話が。このデザインに使用しているネス、ポーラ、ジェフ、どせいさんのフィギュアは、なんと1994年発売の『MOTHER2』のゲームカセット取扱説明書に実際に使用されていたものだという

  • ゲームのタイトル文字や、さまざまな角度からのどせいさんなどをピクセルパターンで表現した「Pixel Patterns」(カバーのみ 3,024円/セット 4,752円)のデザインも味わい深い。「ほぼ日の下敷き(MOTHER2)」は、[オリジナル]用(388円)と[weeks]用(432円)を用意している

ほかにもさまざまな形のカバーが続々登場

ほぼ日手帳2019の手帳カバーは形もさまざま。今回はその中から3種をピックアップして紹介しよう。

  • [オリジナル]用の「タイト」(カバーのみ 9,720円/セット 1万1,880円)。上品なネイビーのレザーがクール

シンプルさを重視した革カバー「タイト」は、スマートに持ち歩けるように作ったシンプルなフォルムが特徴。表側のカバーのふちに縫い目が出ないように工夫して製作しているため、装着すると文字通りタイトなビジュアルに。手帳に表紙張りの製本をしたかのようなかっこよさが味わえる。

  • 内側には、名刺やカードなどを入れておけるスリットタイプのポケットをつけ、カバーと同じ革で作った小さなしおりもセットとなっている

ラフに持ち歩ける3つ折りタイプの「daycamp」は、テントや屋外の広告幕などに使われるターポリンという素材を使用。手帳をくるむように2つのボタンで留める構造で、丈夫なターポリンが大切な手帳を守ってくれる。ふちのパイピングがカバー自体の強度をアップするとともにデザインのアクセントとなっており、ビビッドなカラーリングも◎。

  • (左)[オリジナル]サイズの「daycamp SUN」(カバーのみ 4,860円/セット 7,020円)、(右)[カズン]サイズの「daycamp MOUNTAIN」(カバーのみ 6,480円/セット 1万260円)

  • 内側には、いろいろなものをざっくりと入れられるジッパーポケットもついている

ポーチ状のジッパー付カバー「ジッパーズ」には、スウェット素材の「Ollie(オーリー)」が仲間入り。日本産のローゲージ編み機でセーターのように編み上げたスウェット生地は、ふっくらとやわらかな手触り。表には、「HOBO」のロゴとともにスケートボードに乗ったペンギンがシルクスクリーンで印刷されている。

  • (左)[カズン]サイズの「Ollie グレー」(カバーのみ 7,020円/セット 1万800円)、(右)[オリジナル]サイズの「Ollie ブラック」(カバーのみ 5,400円/セット 7,560円)

  • 内側には、さまざまな形の文房具を入れられるジッパーズならではのメッシュポケットや、書類をスッと差し込める大きポケットなどを備えており、手帳になんでも入れてしまいたい人にオススメのデザインとなっている

ほぼ日手帳と相性抜群のオリジナル文房具も多数

ほぼ日手帳のある生活をさらに豊かにする、オリジナルの文房具「TOOLS&TOYS」も要チェック。今年も魅力的なアイテムがたくさん登場する。

  • ほぼ日手帳のカバーに装着し、傷や汚れを防ぐ「カバー・オン・カバー」(410円~)。今年は、小幡彩貴さんと坂本奈緒さんがイラストを描いた。無地のカバーにつけることで印象をガラリと変えることができる

  • バタフライストッパーと2本のしおりが目印の「ほぼ日手帳のスタンプ」(各540円)。閉じた形の手帳をモチーフにした「おもて」と、開いた形の「なか」の2パターンを用意。大事な予定の日にこのスタンプを押して、その中に文字を書き込んでおくだけで、日付をぱっと目立たせることができる

  • ほぼ日手帳のページに貼って、ポケットのように使えるのり付きのフィルム封筒「なんでもポケット(とうめい)」(324円)。名刺やショップカードなども入るサイズ感が絶妙だ

9月に発売を控えた2019年版のほぼ日手帳(一部10月発売開始のアイテムあり)。公式サイトでは混雑緩和のために、9月1・2・3日と発売日を分けて販売するとのこと。また、8月17~29日の期間、東京・京都それぞれの「TOBICHI」では、発売前のほぼ日手帳2019全ラインナップを手に取ってチェックできるプレビューも開催されるという。

手帳に何を書きたいか、手帳とどんなものを一緒に持ちたいかなど、来年のことを考える時間も楽しみつつ、毎日をともにしたいと思える手帳を探してみよう。

※価格は全て税込

(C)Fujiko-Pro